1. カタログギフトのハーモニック
  2.  >  結婚祝い
  3.  >  結婚祝いのマナー
  4.  >  結婚祝いギフトを選ぶポイントとおすすめギフト5選

結婚祝いギフトを選ぶポイントとおすすめギフト5選

結婚祝いギフトを贈ることになったとき、相手の好みがわからなくて品選びに困っているという方もいるのではないでしょうか。お祝いギフトにおすすめの品やどんな人にも喜ばれやすいギフトを知っておけば、品選びをスムーズに進めることができます。

この記事では人気のお祝いギフトや、どのような人にも贈りやすいギフトをご紹介します。結婚祝いを贈るときのマナーやギフトに添えるお祝いメッセージの例文についても解説しますので、結婚祝いにお悩みの方は参考にしてみてください。

結婚祝いギフトを贈るときのマナーと選定のポイント

結婚祝いのギフトにはいくつかのマナーがあります。マナーを知らずに贈ってしまうと相手に失礼になるかもしれませんので、事前にマナーを確認してからお祝いをするようにしましょう。ここでは結婚祝いの一般的な贈る時期や相場のマナー、ギフト選びのポイントについて紹介します。

結婚祝いを贈る時期

結婚祝いは、挙式前の1ヶ月〜2週間前、または挙式後1ヶ月以内に贈りましょう。挙式・披露宴に招待されている場合は当日にご祝儀を渡しますので、結婚祝いを別で用意する必要はありません。ご祝儀とは別にお祝いの品を贈りたい場合は、挙式の1ヶ月〜2週間前に贈っておきましょう。

相手が親族だけのコンパクトな挙式を挙げる場合は友人や知人は招待されませんので、そのときは挙式後1ヶ月以内にギフトを贈りましょう。挙式当日にお祝いの言葉を伝えていないため、ギフトにはお祝いのメッセージを添えたカードを添えることがおすすめです。

結婚祝いの相場と人間関係

お祝いに贈る品の額は、結婚祝いの相場に応じたものがいいでしょう。相手との関係性別の結婚式に出席しない場合の相場が以下です。

同僚や友人30,000円〜50,000円
上司や目上の人30,000円〜50,000円
部下や目下の人10,000円〜30,000円
親兄弟50,000円〜100,000円
それ以外の親戚10,000円〜30,000円

挙式に招待されていたけれど、諸事情によって出席できなかった場合もこちらの額を参考にお祝いを渡すようにします。相場に挙式当日の食事代を上乗せした額のギフトを渡してもいいでしょう。

結婚祝いギフト選定のポイント

相手の好みを把握できていないのであれば、三つのポイントからギフトを選んでみましょう。ポイントは「二人で使える」「共通の趣味」「今後の生活」の3つです。二人で使えるものは夫婦どちらにも喜ばれやすいでしょう。

新郎新婦に共通の趣味があれば、趣味に関するギフトを贈ると喜ばれます。二人の趣味はわからない、二人で使えるものも思い浮かばないという場合は、今後の生活に活かせるギフトがよいでしょう。生活必需品であれば、贈って迷惑になることもあまりありません。

結婚祝いギフトとしてふさわしくないタブーの品

相手が喜ぶものであればどのようなギフトでもよいのですが、中にはお祝いに避けたほうがよい品もあります。何かを壊すもの、切るもの、消えもの、別れをイメージさせるようなものは避けましょう。櫛も読みが「苦」と「死」に通ずるとされていることから、結婚祝いとしてはふさわしくありません。

燃えるという意味合いを持つライターや灰皿、一人用の品ものを贈ることもタブーとされています。一方、現金や商品券は贈っても構いません。現金や商品券の場合はメッセージカードを添えるとお祝いの気持ちが伝わりにくい弱点をカバーできます。贈る額が4や9の忌み数字にならないように注意しておきましょう。

結婚祝いギフト「二人で使える」おすすめギフト5選

夫婦二人で使えるものは誰にでも喜ばれやすいギフトのひとつです。ギフトの種類にはさまざまありますが、ここでは人気の高いおすすめギフト5選を紹介します。夫婦の好みがある程度分かっている場合におすすめのもの、好みがわからない場合にもおすすめのものがありますので、贈る相手との関係性によって選ぶとよいでしょう。

夫婦茶碗や夫婦箸など対になっている食器やカトラリー

夫婦茶碗や夫婦箸など、二人で使える食器類やカトラリーは実用性の高いギフトとしておすすめです。ご飯茶碗や箸などは毎日使うものなので、たくさんあって困ることもないでしょう。

テーブルウェアはデザインが豊富なため、夫婦の好みのデザインを選びましょう。好みがわからない場合は装飾が少ないシンプルなものを贈れば、ほかのテーブルウェアとの相性もよくなります。

デジタルフォトフレームなどの思い出を形に残せるもの

デジタルフォトフレームは結婚式の写真や夫婦二人の写真を飾ることができます。思い出の写真を入れて飾っておくことでいつでも見ることができますし、夫婦二人で写真を見ながら思い出話に花を咲かせられるでしょう。

デジタルフォトフレームにもさまざまなデザインがあります。二人が好みそうなものを選びましょう。好みのデザインであればお部屋のインテリアともマッチしますので、インテリアのアクセントになり重宝してもらえます。

ワイングラスやお皿など、ペアや複数枚セットになっているもの

お祝いに割れものはタブーとされていますが、最近は気にしない人も増えています。デリケートなものであってもブランドのお皿やグラスなどは人気となっており、中でも北欧デザインや人気食器ブランドのギフトが高い評価を集めているようです。

ただし、元々はタブーだとされているものなので、しきたりが気になる地域在住の場合や縁起を気にするカップルには避けたほうがよいかもしれません。縁起を気にしていない夫婦には、実用性が高いギフトであることから喜ばれるでしょう。

二人で一緒に選べるカタログギフト

相手の好みがまったくわからないのであれば、カタログギフトがおすすめです。カタログギフトにはさまざまなジャンルの商品が掲載されており、好きな商品を選ぶことができます。相手に選んでもらうため、好みがわからなくても喜ばれるでしょう。

カタログギフトは女性向け、男性向けの商品もあれば、夫婦二人で使える商品もあります。二人でじっくり選んで決めることができますので、本当に欲しいものをプレゼントできるギフトとして人気です。

おすすめのカタログギフトを詳しく見る
業界トップクラスのカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。全16コース 2,800円〜50,800円(税抜)

二人で一緒に飲めるお酒

新郎新婦どちらもお酒が好きなのであれば、二人で飲めるお酒のギフトがおすすめです。お酒には日本酒や焼酎などさまざまな種類がありますので、二人が一緒に飲める種類はどれかを確認しておくとよいでしょう。お酒によっては飲めないという場合もありますので注意が必要です。

また、もう1点注意しておきたいのが二人ともお酒が好きかどうかです。夫婦のどちらかが飲めないとなると二人で楽しむことができません。新郎新婦の好みとお酒をたしなむかどうかを事前にチェックしておきましょう。

結婚祝いギフト「共通の趣味」おすすめギフト5選

新郎新婦二人に共通する趣味があり、それを把握しているなら趣味に関するギフトを贈ると喜ばれます。趣味にあったギフトを贈れば、夫婦二人で楽しむことができますのでおすすめです。ここでは趣味別のおすすめギフト5選を紹介します。

旅行型の体験型ギフト

旅行が好きな夫婦へのギフトには旅行の体験チケットがよいでしょう。有名な観光地がある場所への旅行チケットであれば結婚式などで慌ただしかった身を癒す時間が持てます。人気テーマパークなど特定の場所が好きな場合は、その場所のペアチケットを贈るのもよいでしょう。

旅行の体験型ギフトを探すのであれば、体験型ギフトが多く掲載されているハーモニックの「テイク・ユア・チョイス」シリーズのカタログがおすすめです。数多くの体験チケットから二人に好きなものを選んでもらえますので、好きな場所ばかりでなく相手が行ったことがない場所の体験ギフトを贈ることができます。

体験型ギフトは旅行券だけでなく、プレイスポットのチケットやエステ券などさまざまです。エステ券は女性だけでなく、メンズエステのものもあります。カタログギフトで選べる体験型ギフトは選べる種類が幅広いのが魅力です。

料理好きの二人にはちょっといいキッチン用品

女性だけでなく、男性も凝った料理を作ることが趣味という人が増えています。夫婦で料理好きなのであればキッチン用品を贈るとよいでしょう。新生活が始まれば二人でキッチンに立つ機会も増えるため、新婚家庭へのギフトとして最適です。キッチン用品にはさまざまなものがありますが、自費ではなかなか購入しないようなリッチな品がおすすめです。

ココット鍋やミルサーなど、あると便利でも新生活準備時は予算が足りなくて買えない……というキッチン用品もあるかもしれません。そのような品をギフトで贈ることで、料理の幅が広がるので喜ばれるでしょう。

コーヒーが好きな二人にはちょっと高めのコーヒーメーカー

夫婦どちらもコーヒーが好きであれば、いつものコーヒータイムをより楽しめるようコーヒーメーカーを贈ってみてはいかがでしょうか。コーヒーメーカーにもさまざまな種類があり、メーカーによって機能が異なるため淹れたコーヒーの風味も変わります。

コーヒーにはこだわりがあるという人も多いので、実際に購入した人の口コミを参考に選ぶとよいでしょう。コーヒーメーカーの使いやすさ、コーヒーの味と香りをチェックし、総合的に高評価のものがギフトにおすすめです。

レストランなどの食事券や利用券

食べることが好きな二人にはレストランなどの食事券や利用券を贈ってみてはいかがでしょうか。結婚のお祝いなので、自分たちではなかなか足を運ばないような高級レストランや老舗の会席料理店のお食事券がおすすめです。

有名シェフが手掛ける人気スイーツ店の利用券であれば、甘いものが好きな二人にぴったりです。高級な食べものを囲むといつもとは違う贅沢な時間を過ごすことができますので、グルメ好きにうれしいギフトになるでしょう。

運動好き・運動マニアの二人には健康器具

夫婦どちらも体を動かすことが好きなのであれば、健康器具を贈ると喜ばれるかもしれません。筋トレマシーンやウォーキングマシーンなど、自宅で体を動かせるものを贈ることでいつでも運動を楽しむことができます。

サイズの大きな健康器具は相手によっては迷惑になることもあります。サイズ感が心配な場合はコンパクトな健康器具を選んでおくといいでしょう。

結婚祝いギフト「今後の生活(ライフスタイル)」を考えたおすすめギフト5選

結婚して新しい生活を始めるには、いろいろな生活用品が必要となります。そのような生活に必要となるアイテムをギフトで贈っても喜ばれるでしょう。生活用品の中で特にギフトとして人気が高い商品5選を紹介します。

電気ケトルやトースター・グリルなどの調理家電

電気ケトルやトースター、ハンドミキサーはどの家庭にも必須ということはありませんが、あれば便利な調理家電です。炊飯器などの必需品はすでに購入している可能性があるため、後回しになりがちな調理家電を贈ることで喜ばれるでしょう。

調理家電は人によって優先順位が異なります。後回しにしそうな調理家電でも贈る相手にとっては必需品で、すでに購入してしまっているかもしれません。そのため調理家電を贈るのであれば、購入前に相手に確認しておきましょう。

家族が増える授かり婚の二人にはタオルセット

授かり婚の場合は結婚祝いと出産祝いの両方を贈ることになります。そのため結婚祝いの品選びに赤ちゃんのことを考慮する必要はありませんが、結婚祝いとしてタオルセットを選べば大人も赤ちゃんも使えるため喜ばれるでしょう。

結婚祝いにタオルセットを贈った場合は、出産祝いにはタオルセット以外を選びましょう。出産祝いは赤ちゃんの誕生をお祝いするためのものなので、赤ちゃんのおもちゃやベビー服を選ぶことがおすすめです。

ティーポットなど後回しになりがちな食器類

新生活の準備には多くのものを用意しなければならないため、必需品以外は購入が後回しになってしまいます。食器類は皿や茶碗、箸やスプーンなどのカトラリー類はすぐに購入するものの、そのほかの食器類に関しては新生活を始める時点でそろっていないということもあるでしょう。

来客にも使えるティーポッドやティーカップ&ソーサーなどを贈ってみてはいかがでしょうか。中にはティーセットとしてポットやカップなどがセットになっている品もありますので、お茶や紅茶が好きな人にピッタリのギフトです。

消臭・空気清浄機などの快適性向上家電

部屋の快適さを高めるための空気清浄機もギフトとしておすすめです。空気清浄機は室内の空気をきれいにするだけでなく、消臭機能や加湿機能がついているものもあります。

贈る相手別に相場が決まっているため、相場内に収まる額の清浄機を選びましょう。機能がたくさんあるほど利便性が高くなります。人によってはすぐに空気清浄機を購入する人もいますので、購入前に確認を取っておくとかぶることがありません。また、各部屋に設置してもよいものなので、贈る前に置く部屋のサイズなども打診しておくとよいでしょう。

お掃除ロボットや布団乾燥機などの便利家電

生活に便利な家電としてお掃除ロボットやふとん乾燥機があります。生活に必須というわけではないものの、あると生活がより便利になるため、新婚生活へのお祝いとしてぴったりです。また、便利家電は家事を楽にしてくれるので働く夫婦には特に喜ばれます。

このような便利な家電は相手によって必要か必要でないかが異なりますので、相手の了承を得てから購入するとよいでしょう。

どんな人にも渡しやすい結婚祝いギフト5選

相手の好みがまったくわからず、何を贈っていいか見当もつかない……という場合は、相手を問わず贈ることができるお祝いギフトを選びましょう。相手の世代や好みを問わないものであれば、相手に失礼になることもありません。ここではどのような人でも受け入れやすいおすすめのお祝いギフト5選を紹介します。

デザートなどの食品

一般的に消えものはお祝いにタブーとされています。しかし近年甘いものが好きな男性や肉類が好きなカップルが増えてきたこともあり、夫婦で楽しめるギフトとして人気です。縁起を気にしている夫婦でなければ消えものを贈っても不快感を与えずにお祝いできるでしょう。

食品は夫婦どちらも好きなものを贈ることがベストです。二人が共通して好きな食べものがわからない場合は、スイーツ類が人気のギフトとなっています。クッキーやチョコレートなどさまざまなギフト用スイーツがありますので、結婚祝いにぴったりの品を選びましょう。

インテリアを華やかにする置物や記念品

時計やフォトフレームといった置物は、お部屋のインテリアを華やかにしてくれるためギフトとしておすすめです。相手のインテリアの好みがわかるなら好みに沿ったデザインを、わからない場合はシンプルなデザインのものを選びましょう。

二人の名前の文字が入ったオリジナルのポエムも人気です。ほかの人とは一味違ったギフトを贈ることができるでしょう。また、長く飾れるプリザーブドフラワーもおすすめです。リビングはもちろん玄関やトイレにも置け、インテリアのアクセントになります。

パジャマやバスローブ

パジャマやバスローブもお祝いのギフトにおすすめです。派手なデザインは避け、どんな人でも着用しやすい柄、デザインのものを選ぶとよいでしょう。私服からどんなデザインが好きかを把握しておけば、相手が喜ぶものを贈ることができます。

お祝いギフトとしての特別感を出すために、よい素材を使ったものを選びましょう。今治タオルの素材が使われたパジャマなどは肌触りがとてもよく、着心地もよいため夜着として最適です。

どうしても迷う人は現金や商品券

いくつもの品を見てもどうしても決められないという場合は、現金や商品券を贈ってみてはいかがでしょうか。相手別の相場額を包めば、相手に失礼になることもありません。新生活に必要なものを購入する費用にできるため、現金でも商品券でも喜ばれるでしょう。

現金や商品券を贈るときはご祝儀袋に包みます。現金の場合は新札を用意し、中袋に同じ向きで入れます。お札の肖像画が中袋の表にくるようにしておきましょう。中袋をご祝儀袋に入れ、水引の上部に「ご結婚祝い」と書き、下部に贈る人の名前を書いておきます。

どんな価格帯、年齢層にも使えるカタログギフト

結婚祝いの品選びに迷ってしまい、贈るタイミングを逃してしまいそうなときはカタログギフトがよいでしょう。カタログギフトはさまざまなジャンルのアイテムが掲載されており、贈った相手が掲載アイテムの中から好きなものを選ぶことができます。

価格別にいくつものカタログが展開されていますし、贈る相手の世代や好みに合わせて選ぶことも可能です。また、カタログギフトは選べるジャンルやアイテムも格段に増えていることから利便性が高いギフトとなっているため、近年ギフト品としての人気が高まっています。

おすすめのカタログギフトを詳しく見る
業界トップクラスのカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。全16コース 2,800円〜50,800円(税抜)

結婚祝いの意味とマナー

結婚をする人へのお祝いとして結婚祝いを贈るものとは知っていても、結婚祝いの意味について詳しく理解していないという方もいるのではないでしょうか。ここでは結婚祝いとは何か、また結婚祝いを贈るときのマナーについて詳しく解説します。お祝いを贈る前に、結婚祝いの詳しい知識を身に着けておきましょう。

結婚祝いとは何か

「結婚をする」「結婚が決まった」というカップルを祝福するために贈るお祝いのことを結婚祝いといいます。結婚式に参列するときにはご祝儀を渡しますが、ご祝儀も結婚祝いの一部です。二人の幸せを願い、お祝いをしたいという気持ちをお金や品ものに変えて贈ります。

結婚祝いギフトに「のし」は必要か

結婚のお祝いはおめでたいことなので、渡す品にはのしをつけましょう。結婚祝いののしは水引の形に注意が必要です。「二人が硬く結ばれるように」という意味を持つ結び切りか、結び切りと同じ意味合いを持つあわび結びのどちらかを選びましょう。

水引の色は結婚のお祝いのときは紅白か金銀です。地域によって使われる色が異なる場合がありますので確認しましょう。ラッピングをする場合は先に箱を包み、その上からのしをかけます。ラッピングなしでも失礼にはなりませんが、のしがないと失礼になりますので注意しましょう。

結婚祝いののしの表書きの書き方

結婚祝いの品にはのしをかけることが一般的なので、のしの表書きの書き方についても知っておきましょう。水引の上部と下部にスペースがあり、上部には「お祝い」「ご結婚祝い」などと書きます。下部には贈る人の名前をフルネームで書きましょう。

単独で贈る場合は自身の名前のみ、夫婦で贈る場合は夫の名前を右側に書き、左側に妻の名前を書きます。友人三人以上の連名で贈る場合は、右側から五十音順で三人の名前を書いておきましょう。職場の人が連名で贈る場合は、右側から役職や年齢が高い順に名前を書きます。

四人以上の人数で贈るときは、代表者の名前を書き、その横に「他一同」と書いておきます。別にメッセージカードを用意し、メッセージカードに贈った人全員分の名前を記入しておきましょう。

お祝いメッセージも忘れずにつけると喜ばれる

お祝いの品を渡すときは、一緒にメッセージカードを添えると丁寧です。結婚のお祝いの品をもらっても喜ばれますが、それに加えてお祝いのメッセージも入っていればお祝いの気持ちがより伝わり、いっそう喜んでもらえるでしょう。

お祝いメッセージにもいくつかのマナーに注意が必要です。マナーに沿った文章を書くことで相手に不快感を与えることなくお祝いができます。どのような文章、どのようなスタイルがいいかを知っておきましょう。次の項目で相手別のお祝いメッセージ例文を紹介します。

お祝いメッセージの例文

お祝いのメッセージは相手によって文章を変える必要があります。目上の人であれば礼儀正しい文章を書かなければいけませんが、友人であればフランクな文章で構いません。ここから相手別のお祝いメッセージの例文を紹介します。贈る相手別に例文をチェックしてみましょう。

目上の人向け

「ご結婚おめでとうございます 心よりご祝福申し上げます これからはお二人で 仕事に家庭生活に さらなる飛躍をされますようお祈りいたします」
「ご結婚 心よりご祝福申しあげます いつも笑顔の溢れる温かいご家庭を築かれますようお祈りいたします」

目上の人や先輩へは礼儀をわきまえた文章にしましょう。敬語はもちろんですが、目上の人にはタブーとなる言葉も増えるため相手に失礼にならない言葉を選ぶことも大切です。

目下の人向け

「お兄ちゃん 結婚おめでとう 私も家族もみんな○○ちゃん(新婦の名前)のことが大好きだから二人の結婚が本当にうれしいです 二人で仲よく幸せな家庭を築いてください」
「ご結婚おめでとうございます おふたりで掴んだ幸せの種をこれから大きく育てていってください 末永くお幸せに」

親族に向けたメッセージも堅苦しい文章でなくても構いません。お祝いの気持ちをしっかり伝えるとともに、新たな家族が増えることを喜ぶ文章を入れておきましょう。

親兄弟、親族向け

結婚祝いの品にはのしをかけることが一般的なので、のしの表書きの書き方についても知っておきましょう。水引の上部と下部にスペースがあり、上部には「お祝い」「ご結婚祝い」などと書きます。下部には贈る人の名前をフルネームで書きましょう。

単独で贈る場合は自身の名前のみ、夫婦で贈る場合は夫の名前を右側に書き、左側に妻の名前を書きます。友人三人以上の連名で贈る場合は、右側から五十音順で三人の名前を書いておきましょう。職場の人が連名で贈る場合は、右側から役職や年齢が高い順に名前を書きます。

四人以上の人数で贈るときは、代表者の名前を書き、その横に「他一同」と書いておきます。別にメッセージカードを用意し、メッセージカードに贈った人全員分の名前を記入しておきましょう。

仲のいい友人向け

「結婚おめでとう 新生活のスタート二人の希望に満ちた未来を祝して○○(お祝いの品)を贈ります」
「ご結婚おめでとうございます 大好きな友達が結婚して 私も最高にうれしいです幸せな家族になることを願っています」

仲のいい友人にはフランクな文章のメッセージがよいでしょう。お祝いの言葉と一緒に、新居に遊びに行きたいという気持ちも伝えておくことがおすすめです。

結婚祝いにお勧めのカタログギフト

仲のよい友人や親族であっても、きちんとした贈り物である結婚祝いを贈るとなると、何を選ぼうか悩んでしまいますよ。そこまで親しくない相手であれば、なおさらのことです。ハーモニックのカタログギフトには、おすすめギフト10選をすべて満たせるようなたくさんの品物が掲載されています。

品揃えが豊富な「テイク・ユア・チョイス」

ハーモニックには、品ぞろえが豊富なテイク・ユア・チョイスというカタログギフトがあります。グルメやブランド、体験型、お食事券、温泉券などさまざまな種類の中から選ぶことができます。性別や趣味を問わず喜んでもらえるようなアイテムが揃っています。

グルメのジャンルの中でも、チョコレートや焼き菓子、牛肉、中華料理などの中から選ぶことができます。体験型ではエステやクルージング、乗馬など幅広く揃っているので、趣味に合わせて選べるのが嬉しいポイントです。

結婚祝いにおすすめのカタログ
業界トップクラスのカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。全16コース 2,800円〜50,800円(税抜)

全16コースの価格帯が素晴らしい

結婚祝いは相手との関係性によって相場が異なりますが、カタログギフトでは設定した価格帯に合わせた商品が掲載されています。贈りたい相手によって価格帯を選べるというメリットもあります。中でもテイク・ユア・チョイスは、価格帯のラインナップが広く素晴らしいと定評があります。

コース価格(税抜)掲載アイテム数
フリージア2,800円約1,045アイテム
アマリリス3,300円約1,890アイテム
ガーベラ3,800円約2,490アイテム
チューリップ4,300円約2,030アイテム
ローズ4,800円約2,290アイテム
カーネーション5,800円約2,580アイテム
ネリネ6,800円約840アイテム
カランコエ7,800円約830アイテム
ポピー8,800円約1,040アイテム
カルミア10,800円約1,350アイテム
ミモザ12,800円約1,050アイテム
リリー15,800円約1,780アイテム
ブッドレア20,800円約1,660アイテム
セントポーリア25,800円約1,660アイテム
オンシジウム30,800円約1,480アイテム
ジャコビニア50,800円約1,330アイテム

ハーモニックはラッピング・メッセージでもフルサポート

結婚祝いや引出物などの贈り物に特化したハーモニックのカタログギフトは、サポート体制が整っています。例えば包装紙やリボンを無料で選ぶことができ、内のしや外のしの希望にも対応してもらえます。挨拶状や手提げ袋も選べるというのも嬉しいポイントです。

まとめ

結婚祝いは新生活を迎えた夫婦を応援する意味合いも込めてギフトを選びましょう。結婚祝いにおすすめのギフトは数多くありますが、品が多すぎて選べないということもあります。どうしても決めることができなければ、贈る相手を問わない品やカタログギフトを贈るとよいでしょう。

カタログギフトを取り扱う「ハーモニック」は、価格別・シーン別に最適なカタログを数多く展開しています。結婚祝いに最適なカタログもありますので、贈る相手別の相場にあわせて選びましょう。好きなアイテムを手に入れることができますので、贈った夫婦から「欲しかったものが手に入れられた」と嬉しい報告を受けられるかもしれません。

結婚祝いのギフトを検討中の方は、ぜひハーモニックのカタログギフトをご利用ください。

結婚祝いにおすすめのカタログ
業界トップクラスのカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。全16コース 2,800円〜50,800円(税抜)

結婚祝い関連記事

結婚祝いのプレゼントに添えるメッセージは何を書く?マナーや送り方とは

カタログギフトのハーモニック > お祝いを贈る > 結婚祝い > 御礼状・挨拶状 …

→記事を読む

結婚祝いを職場の人に贈るときの選び方・相場は?

職場の人の結婚が決まったら何かお祝いをしたいものです。普段お世話になっている分、よいものをプレゼントして盛大に結婚を祝いたいと考える人も多いのではないでしょうか。結…

→記事を読む

友人への結婚祝いの相場はどのくらい?

友人からの結婚報告を受けたら、結婚祝いをどうするか考え始める方も多いでしょう。現金や贈り物などどういった形でお祝いするか、どの程度の予算で考えればよいか悩んでいると…

→記事を読む

結婚祝いに人気のカタログギフト