入学内祝い(お返し)の相場いくら

入学内祝い(お返し)の相場いくら

子供の入園・入学時に、親戚からもらうことが多い「入学祝い」。

子供にもらったお祝いであり、基本的にはお返しの必要はないとされていますが、「入学内祝い」という形でお返しをしたほうがいい場合もあります。この記事では入学内祝いの相場についてご紹介します。


▼ カタログギフトのハーモニック ▼
カタログギフトのハーモニック

入学内祝いの相場はどのぐらい?

入学内祝いの相場は、もらった入学祝いの3分の1から半分相当が目安となります。品物の価格がわからない場合は、およその予想で構いません。

お返しがあまり高価になりすぎると、かえって相手に気を使わせてしまいますのでご注意ください。

そもそも入学内祝いとは?

入学内祝いとは、入学祝いに対して贈るお返しのことです。

本来、「内祝い」というのは「入学や結婚などの慶事があった家が、その幸せを親戚やご近所の人々と分かち合うために贈る物」のことです。ですから、何かをもらうより先に自分から行うものであって、お返しという意味はありませんでした。

また、贈り物のもらい手である子供には収入がなく、自分でお返しをすることはできませんから、「子供の成長に関するお祝いにはお返しをする必要はない」のが原則です。

しかし、時代の流れとともに、「慶事のお裾分け」という意味で、親戚やご近所の人たちに内祝いを贈る慣習はだんだんなくなっています。それと同時に現代では、「内祝い」も「お返し」とほぼ同義語として使われるようになっており、入学祝いもほかのお祝いと同じように、もらったらお返しをするべきだと考える人も増えてきました。

お返しとしての入学内祝いは、このような流れの中で生まれてきた、比較的新しい慣習なのです。

ただし、冠婚葬祭のルールは地方差が大きいので、「入学内祝い」が必要な地域もあれば、原則どおり内祝いを贈らなくて構わない地域もあり、一概にどうするべきとはいえません。住んでいる場所の風習や伝統に合わせて対応する必要がありますので、年上の親戚などに確認するのがいいでしょう。

また、たとえ内祝いを贈る習慣がある地域でも、相手に同じ年頃の子供がいる場合は、煩雑さを避けるため、入学祝いのみのやり取りにして、お祝いを受け取ったときに、書状や電話でお礼を言うにとどめるのが普通です。 相手に子供がいない場合や子供の祖父母から入学祝いをもらった場合などは、「入学内祝い」を贈るべきかどうか検討してみるといいでしょう。


▼ カタログギフトのハーモニック ▼
カタログギフトのハーモニック

入学内祝い関連記事

入学内祝いのお礼状で喜びを伝えよう。お礼状の書き方、文例も紹介。

入学内祝いのお礼状で喜びを伝えよう。お礼状の書き方、文例も紹介。

この記事では、入学祝いのお礼状の書き方を文例と合わせて紹介します。

→記事を読む

入学内祝いで人気のお返しの品とは?

入学内祝いで人気のお返しの品とは?

子供の入園・入学時に、親戚からもらうことが多い「入学祝い」。 子供にもらったお祝いであり、基本的にはお返しの必要はないとされていますが、「入学内祝い」という形でお返しをしたほう...

→記事を読む

入学内祝いの「のし」のマナー

入学内祝いの「のし」のマナー

子供の入園・入学時に、親戚からもらうことが多い「入学祝い」。 子供にもらったお祝いであり、基本的にはお返しの必要はないとされていますが、「入学内祝い」という形でお返しをしたほ...

→記事を読む

入学内祝いはいつ贈るべき?

入学内祝いはいつ贈るべき?

子供の入園・入学時に、親戚からもらうことが多い「入学祝い」。 子供にもらったお祝いであり、基本的にはお返しの必要はないとされていますが、「入学内祝い」という形でお返しをしたほ...

→記事を読む

入学内祝いでよくあるご質問(FAQ)

入学内祝いでよくあるご質問(FAQ)

「入学内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本の...

→記事を読む

入学内祝いに人気 3,000円前後のカタログギフト

入学内祝いに人気 3,000円前後のカタログギフト

入学内祝いで人気のハーモニックのカタログギフト。 ご予算3,000円前後でお求めいただける、入学内祝いにオススメのカタログギフトをご紹介します。

→記事を読む

入学内祝いに人気のカタログギフト

入学内祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ