結婚内祝い

結婚内祝いについてのマナー

結婚内祝いの「時期」と「金額の目安」について

披露宴にご招待できなかった、または事情があって欠席された方から結婚祝いを頂いた場合に贈る結婚内祝い。いつ頃贈るべきなのか、頂いた金額にどのくらいをお返しするべきなのか、品物は何が良いのか、悩まれる方も多いと思います。
この記事では、結婚内祝いの「時期」と「金額の目安」についてご紹介します。

※地域の慣習などにより異なる場合もあります。迷ったときは、ご両親・身近な方など、地域の慣習に詳しい方に相談しましょう。
 


 
 

 1. 結婚内祝いを贈る前に

 
お祝いを頂いたらまず、お礼の言葉をお伝えしましょう。
直接頂いた場合、その場でお礼を述べます。遠方の方から郵送などで頂いた場合は、なるべく早めにお礼状を出します。品物が届いたご報告と感謝の気持ちをお伝えしましょう。
 
また、お祝いの品を頂いたらお相手のお名前や住所、頂いた金額を記録し、誰にお返しをする必要があるのかリストを作って整理すると良いでしょう。
事前に行うことでスムーズに内祝いの手配をすることができます。
 
特に挙式後、新生活をスタートした時期は慌ただしくなりがちです。
お返しの贈り忘れなど、マナー違反をしないようしっかりと準備をしておきましょう。


 
 

 2. 結婚内祝いを贈る時期

 

一般的に、内祝いの時期は「1ヶ月以内」が目安とされています。
結婚内祝いの場合、遅くとも挙式後の1ヶ月以内にはお贈りするのがマナーです。
 
結婚式を挙げていないけれどお祝いを頂いた場合も内祝いをします。
こうした場合は、入籍してから1ヶ月以内を目安にお返しの品をお贈りしましょう。
 
結婚内祝いは、先方へ夫婦で持参し、直接お礼の言葉とともにお渡しするのが正式ですが、場合によっては都合がつかないこともあります。
遠方の親戚や友人など、直接手渡しすることが難しいお相手には当サイトのようなギフト専門店などを通して配送しても問題はありません。
 
ただし、そうした場合には事前にお返しの品をお贈りすることをお伝えし、お礼状と品物を贈りしましょう。

 

結婚内祝いのお礼状に適した便箋・封筒はこちら


 
 

 2-1. 結婚祝いを早く頂いた場合

 
一般的に結婚祝いは結婚式の1ヶ月前〜1週間前くらいに贈られますが、それよりも早い段階で頂くこともあります。そうした場合は挙式前にお返ししても問題はありません。
 
もしくは、電話やお礼状で感謝の気持ちと挙式後にお贈りすることを伝え、式の後にお返しをお贈りしましょう。


 
 

 2-2. お返しが遅れてしまった場合

 
遅れていることに気がついた時点でできるだけ早くお贈りします。
 
お詫びの言葉を書き添えたお礼状もお送りすると良いでしょう。
お礼状はより誠意が伝わる手書きがおすすめです。
 
また、お贈りする前に連絡を入れ、お詫びの言葉とお返しをお贈りしたことを伝えましょう。


 
 

 3. 結婚内祝いの金額の目安

 
結婚内祝いは、頂いたお祝いの半額を返す「半返し」が一般的です。
 
ただし、半返しを気にするあまり返しすぎてしまうとかえって失礼になる場合もあります。
贈る相手との関係や地域の慣習など状況に応じてそれぞれ対応しましょう。


 
 

 3-1. 目下の人からお祝いを頂いた場合

 
結婚祝いのお返しをするお相手が職場の後輩や部下など、目下の人である場合は、
お祝いと同額程度をお返しするのが目上の人のマナーです。

 
一万円のお祝いを頂いたら、八千円から一万円の品物をお返しすると良いでしょう。


 
 

 3-2. 高額のお祝いを頂いた場合

 
上司や親戚から頂いたお祝いが高額だった場合、半返しするとかなりの額をお返しする事になり、かえってお相手を恐縮させてしまうことがあります。
 
こうした場合、お返しを三分の一程度に留め、それ以上に感謝の気持ちをお伝えすることが大切です。
 
新婚旅行の後におみやげを持ってご挨拶に伺う、手紙や電話でお礼を述べるなど、行動で表すと良いでしょう。


 
 

 3-3. 連名で頂いた場合

 
職場の方や友人など、複数の人から連名でお祝いを頂くこともあると思います。
こうした場合は、お祝いの金額を人数で割り、その金額の半分程度の品物を、それぞれの方に個別にお贈りするのがマナーです。


 
 

 4. 結婚内祝いの品物

 
結婚内祝いには、オーガニック素材の上質なタオルや海外ブランドの食器、有名店のお菓子など、「自分では買わないがあるとうれしいもの」「やや高価で手を出しにくいもの」が喜ばれています。
 
頂いた金額のお返しとして見合う場合、引き出物と同じ品物をお贈りしても問題ありません。
お祝い金に応じて結婚内祝いが贈れるように、数種類の品物を選んで用意しておきましょう。
 
品物選びに迷った場合は、カタログギフトで欲しいものをお相手に選んでいただく方法がおすすめです。人気のカタログギフトはこちらでご紹介しておりますので、参考にご覧ください。
 

結婚内祝いに人気のカタログギフトBEST3

業界で初めてウエディング専門カタログギフトを発売したハーモニックがお届けする、 ご結婚の内祝いやお祝いのお返しに人気のカタログギフトです。
ラ・マリエ

ブリオレット
10,800

(税抜・システム料込)
商品点数:約1,320点
ページ数:410ページ

詳しくはこちら

ラ・マリエ

マーキーズ
5,800

(税抜・システム料込)
商品点数:約2,580点
ページ数:538ページ

詳しくはこちら

ラ・マリエ

ラディアント
4,800

(税抜・システム料込)
商品点数:約2,220点
ページ数:490ページ

詳しくはこちら


 

結婚内祝いに人気のカタログギフトBEST3

業界で初めてウエディング専門カタログギフトを発売したハーモニックがお届けする、 ご結婚の内祝いやお祝いのお返しに人気のカタログギフトです。
ラ・マリエ

ブリオレット

10,800円
(税抜・システム料込)
商品点数:約1,320点
ページ数:410ページ



ラ・マリエ

マーキーズ

5,800円
(税抜・システム料込)
商品点数:約2,580点
ページ数:538ページ



ラ・マリエ

ラディアント

4,800円
(税抜・システム料込)
商品点数:約2,220点
ページ数:490ページ



 
また、刃物など、品物によっては縁起が良くないとされ、お祝いごとには不向きな品物もあります。そうした品物は相手が欲しがっていることを確実に知っている時以外、避けたほうが良いでしょう。


 
 

 5. まとめ

 
■お返しの時期
挙式後1ヶ月以内が目安。

 
■お返しの金額の目安
お祝いにいただいた金額の半分(半返し)が目安。返し過ぎに注意。

 
■お返しの品物
定番はタオルや食器などの実用品。相手の好みが分からない場合、欲しいものを選べるカタログギフトがおすすめ。

 
お返しの時期や金額、選ぶ品物によっては相手に失礼になってしまうこともあります。
マナーを守るべきところはきちんと守り、感謝の気持ちをお伝えしましょう。

 

結婚内祝いについてのマナー 関連記事

結婚内祝いの「お礼状の書き方と文例集」

結婚祝いのお礼状は、基本的に結婚式や披露宴の出欠席にかかわらず、お祝いを頂いたすべての方に書きましょう。 しかし、目上の方や親戚、友人など、出す相手によってお礼状の文面は変わるた…

→記事を読む

結婚内祝いの「のし」4つのポイント

贈り物に掛けるのし紙には水引の色や本数、表書きの書き方など、いくつか決まり事があります。この記事では、いざ贈るとなると迷いがちな結婚内祝いの「のし」の一般的なマナーをご紹介します。…

→記事を読む

結婚内祝いの「通知状」について

挙式後1ヵ月以内に届くように「結婚通知状」を出します 結婚式の披露宴に出席していただいた方には「新居通知状」を、披露宴に招待できなかった方で結…

→記事を読む

PAGE TOP ↑