結婚内祝いの「のし」4つのポイント

贈り物に掛けるのし紙には水引の色や本数、表書きの書き方など、いくつか決まり事があります。この記事では、いざ贈るとなると迷いがちな結婚内祝いの「のし」の一般的なマナーをご紹介します。

のし紙とは

熨斗(のし)はもともと、あわびを薄く延ばした熨斗鮑(のしあわび)のことを指します。
長寿を意味する縁起物であり、貴重なあわびを贈り物に添えることで、心のこもった特別な贈り物であることを表しています。

しかし、手軽に手に入るものではないため、代用として紙を折った熨斗飾りが使われるようになりました。現在はさらに簡略化され、水引とのしが印刷された紙を用いることが一般的です。この紙を「のし紙」といいます。

熨斗鮑はもともと吉事に使われる縁起物のため、結婚や出産のお祝いやお返し、お中元やお歳暮など慶事にのみ使います。
弔事には縁起物の熨斗がついたのし紙は使わず、水引だけが印刷された掛け紙を使います。

また、慶事でも贈る品物が魚介類や肉などの生ものの場合も、生ものの象徴である熨斗を付けると意味が重複してしまうため、水引だけの掛け紙を使います。

結婚内祝いの「のし紙」の選び方

結婚内祝いは慶事なので、「のし」と「水引」が印刷されたのし紙を使います。水引は、

・色 … 紅白もしくは金銀
・本数 … 10 本
・結び方 … 結び切り


を選びます。

結び方には大きくわけて「結び切り」と「蝶結び」の2種類があり、結び切りは一度結ぶと端を引っ張ってもほどけない様子から「一生涯結ばれる」という願いが込められており、婚礼に使われます。また、「二度と繰り返す事のないように」という意味もあり、お見舞いや退院祝いなどにも使われます。

蝶結びは、何度も結び直せることから出産や進学など、何度あっても嬉しい一般的な慶事に用います。婚礼関係ではマナー違反となるので選び間違えないように気をつけましょう。

表書き

昔は贈り物と一緒に目録を付けて贈るという習慣がありました。
のしと同じく、簡略化されたものが表書きです。

のし上(水引の上)には贈り物の目的を書き、のし下(水引の下)には贈る人の名前を書きます。水引やのしに文字が重ならないよう気をつけましょう。

結婚内祝いの場合、のし上には「寿」または「内祝」と書くのが一般的です。
すでにのし上がのし紙に印刷されているものもあります。

文字は毛筆や筆ペン、サインペンなどを使い、濃い墨で太く、ハッキリとした楷書を書きます。
たとえ黒いインクでもボールペンや万年筆、鉛筆では書かないように注意しましょう。

のし下には結婚後の新姓、もしくは夫婦の連名をのし上の文字より少し小さめに書きます。名前の書き方に迷った場合はお互いのご両親や目上の方に相談すると良いでしょう。

連名の書き方

連名の場合、新郎の姓名を中央に書き、新婦の名前のみをその左に書きます。

最近では、夫婦の名前を並べた書き方が一般的です。

バランスがよく見えるよう、新姓を水引の結び目の下に書き、その下に夫婦の名前を並べて書くこともあります。

旧姓について

結婚後も職場では旧姓で通すという方もいらっしゃいますが、結婚後、旧姓は「通称」の扱いになります。

のしには正式な本名である新姓を書くのが原則です。「誰からの贈り物なのか分からなくなるかもしれない」など、どうしても旧姓で贈りたい場合は、

・のしには新姓を書き、配送伝票の依頼人の欄には旧姓を書く
・メッセージカードに旧姓を書き添える

などの方法を取りましょう。

内のしと外のし

品物の上に直接のしをかけ、その上から包装紙で包むことを「内のし」、包装紙の上からのしをかけることを「外のし」といいます。

内のしは、包装紙を開けるまで誰から何の目的で贈られた物なのか分からないことが特徴です。そのため、控えめに贈り物をしたい場合に用います。

また、現在は当サイトのようなギフト専門店などを通じての配送が多く利用されています。その場合は、個人情報保護や配送中にのし紙が破れたり汚れたりするのを避けるため、内のしが選ばれることが多くなっています。

外のしは、一目で贈り物の目的が分かることが特徴です。贈り物であることを強調する場合や贈り物の目的がすぐにわかる状態にしたい場合に用いましょう。
また、相手に直接会って手でお渡しをする場合は、外のしを用いるのが主流です。

結婚内祝いに適した「包装」

結婚内祝いの場合は、「内のし」がおすすめです。
内祝いは本来、「お返し」ではなく「自分のお祝い事をおすそ分けする」という意味があるため、控えめに感じる「内のし」の方がより適しています。

しかし、内のしと外のしのどちらの掛け方が正しいということはありません。
そのため、

・直接相手に手渡すなら外のし
・配送するなら内のし

というようにお渡しする方法によって使い分ける方法もおすすめします。

まとめ

■結婚内祝いの掛け紙
色は紅白または金銀、本数は10本の結び切りの水引を掛けたのし紙。

■結婚内祝いの表書き
のし上は、「寿」または「内祝」、のし下は、「結婚後の新姓」や「夫婦の連名」。

■結婚内祝いの包装
「内のし」がおすすめ。

のしは様々なマナーがあり、地域の慣習などによって異なる場合もあります。
迷ったときは、ギフト店やデパートの店員、ご両親・身近な方など、贈り物のマナーや地域の慣習に詳しい方に相談しましょう。

結婚内祝いにおすすめのカタログ
ウエディング限定版カタログギフト「ラ・マリエ」
業界で初めてウエディング専用のカタログギフトを発売したハーモニックのカタログギフト「ラ・マリエ」は、結婚内祝いや引き出物に大人気!おふたりの感謝の気持ちが伝わるように、心を込めてご用意した特別なギフトです。

結婚内祝い関連記事

結婚内祝い(お返し)の「時期」と「金額の目安」

結婚内祝い(お返し)の「時期」と「金額の目安」

結婚内祝い(お返し)の時期や金額の目安、目上の人からのお祝いのお返し、高額のお祝いのお返しなど、状況ごとのマナーをご紹介。結婚内祝いや引き出物のお返し、出産内祝い、香典返し、法人ギフトならハーモニック。

→記事を読む

結婚内祝いの「お礼状の書き方と文例集」

結婚内祝いの「お礼状の書き方と文例集」

結婚祝いのお礼状は、基本的に結婚式や披露宴の出欠席にかかわらず、お祝いを頂いたすべての方に書きましょう。 しかし、目上の方や親戚、友人など、出す相手によってお礼状の文面は変わるため、どう書けばいいのか悩みがちですよね。 この記事では、結婚内祝いの「お礼状の書き方」と「相手別の文例集」を紹介していきます。

→記事を読む

結婚内祝いの「避けた方がいい品物」について

結婚内祝いの「避けた方がいい品物」について

結婚内祝いを、結婚祝いの金額に応じて一律に贈るなら、趣味嗜好に関係のない、実用的なものが最適です。逆に、趣味嗜好に合わせてと考える場合は、カタログギフトなどで贈り先様に選んでいただいた方がいいでしょう。

→記事を読む

結婚祝いのお返しを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

結婚祝いのお返しを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

披露宴にご招待できなかった、または事情があって欠席された方から結婚祝いを頂いた場合に贈る結婚内祝い。快く受け取っていただくには、まずは自分自身がマナーを身に付けましょう。

→記事を読む

結婚内祝いの記事一覧

結婚内祝いの記事一覧

「結婚内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「結婚内祝い」も紹介します。

→記事を読む

結婚内祝いでよくあるご質問(FAQ)

結婚内祝いでよくあるご質問(FAQ)

「結婚内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングなど、「結婚内祝い」でよくあるご質問(FAQ)をご紹介します。

→記事を読む

結婚内祝いに人気のカタログギフト

結婚内祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ