出産内祝いに名入れギフトを贈っても良い?
メリット・デメリットは?

出産内祝いは、赤ちゃんの家族が出産祝いをいただいた人への感謝の気持ちを込めて贈るもので、もともとは赤ちゃんの誕生を報告する意味合いもありました。赤ちゃんの初めての挨拶にもなる出産内祝いでは、赤ちゃんに関連する贈り物をしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

そのように考える人にぴったりな赤ちゃんの名前を品物に入れることのできるギフトがあります。しかし、数ある内祝いギフトからあえて子どもの名前を入れた品物を贈ってもよいものか、迷ってしまう人もいるかもしれません。この記事では内祝いに名入れギフトを贈ることに関するメリットやデメリットをご紹介します。

出産内祝いに名入れギフトを入れるメリット・デメリット

名入れギフトは、赤ちゃんの名前を知ってもらえるよい機会になります。贈る側として、新しい家族を紹介できるギフトをぜひ利用したいと考える人も多いでしょう。しかし、一番の目的はお祝いしてくれたことへの返礼ですので、実際に渡した相手がどう思うのかまで考えて贈りたいものです。ここでは名入れギフトのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

名入れギフトを贈る一番のメリットは、赤ちゃんの名前を覚えてもらいやすいという点です。親族や友人の間で出産ラッシュが続いていると、なかなか全員の名前を覚えられないということもあるかもしれません。赤ちゃんの誕生を報告する、お披露目する、という機会に名入れギフトはぴったりだといえるでしょう。

また、近しい親族からすると赤ちゃんの誕生はとても喜ばしいと受け取られることが多いものです。気持ちを込めて贈った出産祝いへの返礼品が赤ちゃんの名入れのものだとより喜んでもらえるでしょう。

おじいちゃん、おばあちゃんには長く手元に置いておけるような品物に名前を入れて贈るといったように、相手によってギフトを選び分けるというのもよい方法かもしれません。

デメリット

名入れギフトを贈るデメリットとしては、品物によっては使いにくい場合があることが挙げられます。タオルや食器は内祝いギフトとしてもよく選ばれますが、赤ちゃんの名前が入っていることで使える場面が限られるかもしれません。「名前が入っていなければ使いやすいのに……」などと思われてはその人へのギフトとしてはふさわしくないでしょう。

内祝いは赤ちゃんの誕生報告でもあるので、名入れの品物を選ぶことが悪いわけではありません。しかし、相手が扱いに困ることのないよう、相手の立場に立って品物を選び分けることも大切です。また、相手によっては名入れの品自体に苦手意識を持っている場合もあります。名入れギフトを候補に挙げる場合、事前に相手の好みを確認するのもひとつの手です。

名入れギフトが届くまでの日数は?

名入れのギフトは品物を選んでから名前を入れるため、名入れではないギフトに比べると注文してから届くまでに少し多めに日数がかかります。実際にどのくらいの日数で届くのでしょうか。

たとえば、あらゆる贈り物を取り扱うハーモニックでは、名入れでないギフトが届くまでの目安期間である12営業日程度より多めの日数を必要としています。入金確認後の受注生産対応となっているため、その分届くまでの日数がかかることに注意が必要です。名入れのギフトを贈る場合は、できるだけ早めに注文するようにしましょう。

名入れギフトを選ぶときのポイント

名入れのギフトを選ぶときには、ギフトアイテムに名前を入れるという特別感をより生かすことができるようにおさえておきたいポイントがあります。また、相手によって配慮を変えるのも名入れギフトを選ぶ際には必要です。ここからは、どんな点に気を付けて名入れギフトを選べばよいかをチェックしていきましょう。

相手によっては残らないものにする

名入れギフトは、喜んでもらえる相手とそうではない相手に分かれてしまう傾向があります。普段から付き合いの深い親族や親友といった、ごく近しい関係であれば形の残る名入れギフトを贈る方が場合によっては喜ばれることもあるでしょう。

また、残らないものの名入れギフトでも、ケースやカードなどに名入れが施されているものもあります。近しい間柄の相手にはそのようなものを選ぶものよいかもしれません。

特に近しい関係ではない相手に贈る場合でも「赤ちゃんの名前を知ってもらいたい」と名入れギフトを選ぶ場合もあるでしょう。そのようなときこそ、食べ物や飲み物などの後に残らないものに名入れできるギフトがおすすめです。赤ちゃんの名前を知ってもらいつつ消費してもらえるので、気兼ねなく贈ることができます。

文字の大きさも考慮しておく

名入れギフトを贈る際は、文字の大きさにも注意が必要です。かたちに残るものであまりに大きく名前が入っている品物を選ぶと使いにくくなってしまう可能性もありますが、せっかく名入れのものを選ぶなら名前をしっかり伝えられるデザイン性も重視して選びましょう。

特に、年配の方に贈る場合は文字が小さいと見えにくいということも考えられます。内祝いのメッセージカードやお礼状には赤ちゃんの名前のふりがなまで入れるのがマナーです。名入れの品物にも同様にふりがなを付けることもありますが、ふりがなは文字が小さくて読みにくい場合もあるため、選ぶ前に確認するようにしましょう。

早めに決めて注文する

出産祝いは生後1週間から1カ月の間に贈られることが多いため、その返礼となる出産内祝いは1~2カ月の間に贈ることがほとんどです。産後は赤ちゃんのお世話で忙しいため、出産前に品物を選ぶこともあるかもしれません。名入れギフトを贈る場合は、受注生産であるため一般的な内祝いの品よりも早めに選んでおく必要があります。

お祝いをいただいてから内祝いを贈るまでに間が空いてしまうのは避けた方がよいため、名入れギフトを贈りたい場合は早めに注文します。名前は出産してから決めるという人もいることでしょう。その場合は品物だけでも出産前に決めておくと後がスムーズです。

出産内祝いにおすすめの名入れギフト5選

「内祝いギフトには赤ちゃんの名前は入れたいけど、何を贈るか悩んでしまう……」といった人もいることでしょう。ここでは、内祝いにおすすめの名入れギフトを5点紹介します。特徴的な点も紹介しますので、相手に合った名入れギフトを探してみましょう。

長崎堂のカステーラ詰合せ

長崎出島で大正8年に創業した老舗である長崎堂のカステーラ詰合せです。カステーラとプリン、ワッフルのセットになっており、カステーラの表面に赤ちゃんの名前とかわいらしいイラストが入れられます。

バリエーションのあるお菓子の詰合せは幅広い年齢層で楽しめるので、年配の方がいる家庭や子どもの多い家庭にもぴったりです。

揖保乃糸

最近は四季を問わず食べる機会が増えているそうめんの中でも、高級そうめんの代名詞といえば揖保乃糸です。お菓子をあまり食べないという相手にも気兼ねなく贈ることができるでしょう。

箱の表面に赤ちゃんの名前と誕生日が入っており、そうめんを束ねる帯紙にも「慶」と書かれています。そうめんは紅白2種類で、おめでたいときのギフトに選ばれることが多い縁起がよい品物です。

俵型体重米 新米家族

俵型体重米 新米家族は、赤ちゃんが生まれたときの体重と同じ重さのお米を俵に入れて届けてくれる品物です。重さは3.8キロまで対応しています。名前や誕生日を知ってもらえるだけではなく、生まれたときの重さを実感してもらえるところが最大のポイントです。お米は人気ブランドの新潟県産コシヒカリという点も喜ばれることでしょう。

お米は毎日消費する家庭も多い上、重量もあるのでもらって嬉しいギフトです。俵に入っているという点も縁起がよく、慶事に最適な贈り物になることでしょう。赤ちゃんの生まれた家庭は新しく家族が増えた「新米家族」です。これから家族で成長していこうというメッセージも伝わります。

越後鶴亀 純米大吟醸 木箱入り

米処である新潟県の純米大吟醸『越後鶴亀』にも名前を入れて贈ることができます。お米をあまり溶かさず、お米本来の味を楽しめるピュアな仕上がりの純米大吟醸です。お酒が好きな人にはこの上なくぴったりの贈り物となることでしょう。

名前と誕生日、生まれたときの体重を瓶のラベルに漢字で入れることができます。手書きで書かれていることや木箱に入っていることから特別感があるのも特徴です。

今治タオル&和菓子詰合せ

タオルはギフトの定番ですが、中でも今治タオルは知名度も品質も高く人気の品です。この詰合せは、長く使ってもらいたい今治タオルと食べてしまえる和菓子がセットになっています。フェイスタオルと豆腐クッキー、黒豆パウンドケーキ、ワッフルの詰合せです。

名前の入ったタオルは使いにくいという場合にも対応できるよう、タオルに名前は入りません。お菓子のパッケージに見やすく大きな字で名前が入れられます。名前は覚えてもらいたいので名入れギフトを贈りたいけれど、形に残るものも贈りたいという場合に最適です。

名入れギフト以外を贈りたい場合のおすすめ

名入れギフトを贈る際には相手に名入れならではの配慮も必要です。好みがわからない、名入れギフトを喜ばないかもしれないといった場合は名入れを選びにくいため、やはり名入りでない贈り物を選びたい人もいるかもしれません。相手の好みを探りかねる場合は、相手が好きな品物を選べるハーモニックのカタログギフトにしてみてはいかがでしょうか。

どれだけ相手のことを考えて品物を選んだとしても、選んだものが相手にとって最適な品物だったかは多少不安になるものです。せっかく贈るのであれば相手が気に入ったものを使ってもらいたいという場合は、ハーモニックのカタログギフトをご利用ください。

「Colon(コロン)」のご購入はこちらから
出産内祝い用カタログギフト「Colon(コロン)」
「コロン」シリーズは出産内祝いにおすすめの商品を豊富に掲載しています。全11種類という充実のラインナップで、いただいた出産祝いの金額に合わせて最適なカタログを選ぶことができます。

まとめ

出産祝いをいただいた人には返礼品として出産内祝いを贈ります。どういったものを贈ろうか悩んでいるとき、名入れギフトがあることを知ったという人もいることでしょう。名入れギフトは赤ちゃんの名前を覚えてもらえるというメリットがある一方で、品物によっては使いにくい場合があるといったデメリットもあります。

名入れギフトを選ぶ際には、より相手のことを考えて品物を選ぶことや受注生産なので早めに注文することに注意が必要です。後に残るものに名前を入れると使いにくいと思われてしまう可能性があるため、相手によっては食べ物や消耗品を選ぶとよいでしょう。名入れギフトを贈りたい場合は種類豊富なハーモニックのHappy Babyの利用をご検討ください。

また、名入れギフトを避けようと思った場合は、カタログギフトを選ぶのもひとつの手です。ハーモニックのカタログギフトは定番のものからグルメに特化したものなどバリエーションも豊富なので、名入れは選べないけれど特別感を出したいという場合にも贈りやすくなっています。カタログギフト選びにはハーモニックのホームページをご利用ください。

「Colon(コロン)」のご購入はこちらから
出産内祝い用カタログギフト「Colon(コロン)」
「コロン」シリーズは出産内祝いにおすすめの商品を豊富に掲載しています。全11種類という充実のラインナップで、いただいた出産祝いの金額に合わせて最適なカタログを選ぶことができます。

出産内祝い関連記事

出産内祝いのお礼状の書き方、文例をご紹介します

赤ちゃんが生まれると、家族や友人から出産祝いをいただくことがあります。いただいたお祝いには「出産内祝い」というお返しをするのが通例ですが、内祝いをど…

→記事を読む

出産内祝いのギフトは何がよい?
選び方や贈る際のマナー

出産内祝いは出産のお祝いをくださった方に感謝の気持ちを込めて贈るお返しのギフトです。出産内祝いは様々なアイテムがあり何を選べばよいか悩むという方もい…

→記事を読む

出産祝いのお返しはこれで決まり!
失敗実例から見るマナーと外さないお返しランキング

出産祝いは想像していたよりも多くの人から受け取ることもあります。ありがたいことではあるものの、いただく人の幅が広いため「なにをお返しすれば良いのかわからない」「お返しの…

→記事を読む

出産内祝いに人気のカタログギフト