忌服(きぶく)と忌引き(きびき)休暇の意味とは

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。



忌服(きぶく)とは


忌服(きぶく)とは、親族などの死亡にあたり近親者が一定の期間喪に服することをいいます。

忌は死の穢れを忌んで慎み籠ること、服は喪服の意を表します。

「忌中(きちゅう)」や「喪中(もちゅう)」は忌服(きぶく)の期間を指しています。



忌引き(きびき)休暇について


忌引き休暇とは別名、特別休暇や慶弔休暇などともいわれることもあります。

職場や学校などの忌引き休暇は、本人の配偶者が亡くなった場合で10日、両親の場合で1週間程度とされていることが一般的です。

これについては労働基準法やその他の法律では定めはありません。会社が任意に就業規則で規定することができます。



香典返しに関する関連記事

香典返しを贈る際のマナー

香典返しの宗教別マナー

香典返しその他のマナー

香典返し・葬儀・その他の豆知識

香典返しで人気のカタログギフト

Copyright© カタログギフトのハーモニック[公式] , 2018 All Rights Reserved. | WordPress-Theme STINGER3

PAGE TOP ↑