正しい袱紗(ふくさ)の使い方とは?

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。



袱紗(ふくさ)の使い方


香典は「ふくさ」に包んで持参するのが作法です。

ふくさは「お金を汚さないように」という思いやりから来ていると言われています。

弔事のふくさの色は緑・青・鼠色・紺色・紫など暗めの色を用います。慶事でも兼用で使える色は深めの色を選び、男性の場合は青色、女性の場合はえんじいろ、男女両方で使えるのは紫色になります。



香典返しに関する関連記事

香典返しを贈る際のマナー

香典返しの宗教別マナー

香典返しその他のマナー

香典返し・葬儀・その他の豆知識

香典返し関連記事

no image

生け花・弔電のお礼について

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。 …

→記事を読む

喪主の役割とは?

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。 …

→記事を読む

法要・葬儀関連のギフト、引き出物について

葬儀・法要の香典返しやお供え物などは、準備にあまり時間をかけられずに、詳しく調べることができないまま、どんどん段取りが進んでいってしまうということも少なくありません。 突然の弔…

→記事を読む

香典返しに人気のカタログギフト