香典返しを渡す時期はいつ頃?

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。

香典返しを贈る時期

香典返しは、弔事が滞りなく終えた報告の意味合いも持ちますので、本来の意味合いからは、「忌が明けた」後に贈ることになります。

宗教・宗派により時期は異なりますが、おおよそ亡くなられた日から30日~50日後に「忌明け」となります。

<即日返しの場合>
地域によっては、忌明けを待たずに、お葬式の当日や、お斎(おとき)の席で香典返しをする場合もあります。そのような場合には、下記のいずれかで行われていることが多いようです。

1、当日は一律の香典返しをお返しし、高額の香典をいただいた方へは、後日改めて、それにふさわしい品物を贈る。


2、香典の金額に応じて複数段階の香典返しを用意しておき、その場でお渡しする。

お斎(おとき)…仏式の法要の後に、参列者が個人を偲んでともにする会食


葬儀当日に香典返しを行う場合に、高額の香典をいただいた場合は、香典の半額から葬儀当日にお渡しした品物の額を差し引いた程度の予算でお返しをお渡しするケースが多くみられます。

香典返しに関する関連記事

香典返しを贈る際のマナー

香典返しの宗教別マナー

香典返しその他のマナー

香典返し・葬儀・その他の豆知識

香典返し関連記事

香典返しのキリスト教式マナーについて
(時期・のし・挨拶状)

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。 キリスト教式の場合 キリスト…

→記事を読む

no image

葬儀を手伝ってくれた方へのお礼について

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。 …

→記事を読む

no image

香典返しの挨拶状・奉仕の書き方や送るタイミングとは

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。 …

→記事を読む

香典返しに人気のカタログギフト