香典返しの意味と贈るまでの流れについて

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。



香典返しの意味


香典返しは、お通夜やご葬儀で故人にお供えいただいた金品(香典)へのお返しです。


お悔やみいただいた方々へ、弔事が滞りなく終えたことと、御礼の気持ちを伝えるために贈るものですので、気持ちが伝わるお品選びが大切です。



香典返しを贈るまでの流れ


家族や身近な方が亡くなると、葬儀から始まりその後の法要まで多くのことを行うことになります。また社会的、法律的な手続きも様々なものがあります。

地域や宗派、故人や遺族の考えによって異なりますが、ここでは仏式の場合の一般的な流れについてご紹介します。


(1)家族や身近な方が亡くなった時は

亡くなったことを親族や近親者に連絡し、次のことを進めます。


①喪主の決定
故人に一番近い血縁者が喪主を務めるのが基本です。
夫婦の場合は配偶者、その次に長男の順で決めることが多いです。


②寺院への連絡
菩提寺(ぼだいじ:先祖代々のお墓があるお寺)へ連絡します。
菩提寺がない、わからないといった場合は葬儀社へ相談するとよいでしょう。


③葬儀社への連絡


④僧侶、葬儀社との打合せ
僧侶、火葬場の状況、参列者の都合なども考慮し、通夜、葬儀・告別式の日程を決めます。
また、葬儀社とは通夜、葬儀・告別式の具体的な内容を打合せします。


(2)法要のタイミング

通夜・告別式


通夜は亡くなった当日か翌日の夜に遺族や親族等、近親者で行われます。
その後、告別式(お葬式・葬儀)を行います。


忌明け法要までは命日を含め7日目毎の法要があります。

7日目:初七日(しょなのか)                      
※最近では葬儀の日に行う場合が多くなっています。


14日目:二七日(ふたなのか)


21日目:三七日(みなのか)


28日目:四七日(よなのか)


35日目:五七日(いつなのか・ごしちにち)


49日目:七七日(なななぬかき・しちしちにちき)
この日が忌明け兼ねて(きあけ)とされ、別名「満中陰(まんちゅういん)」「大練忌(だいれんき)」と呼ばれ、無事葬儀が終わったことの連絡といただいた香典のお礼を兼ねて香典返しを贈ります。

その後は100日目に百ヶ日(ひゃっかにち)法要、年忌法要として、満一年たった日に「一周忌」、 二年目に「三回忌」、以後は数え年で六年目に、「七回忌」、「十三回忌」・・・と続きます。

香典返しに関する関連記事

香典返しを贈る際のマナー

香典返しの宗教別マナー

香典返しその他のマナー

香典返し・葬儀・その他の豆知識

香典返しで人気のカタログギフト

Copyright© カタログギフトのハーモニック[公式] , 2018 All Rights Reserved. | WordPress-Theme STINGER3

PAGE TOP ↑