知っておきたいギフトマナー「のし袋の基本的な書き方」

表書きを書く際の注意


まずのし袋に表書きを書く際には、祝儀、不祝儀ともにできれば毛筆や筆ペンを使って書きましょう。 万年筆やボールペンでは不作法となるために使わないように気を付けてください。 また筆記具の色には黒色を使うことが一般的です。 お祝い事には濃い黒色を使い、葬式や法事などの仏事には薄墨を使用することがあります。 ちなみに薄墨を使用する理由としては、あまりの悲しみで墨を摺る力が入らないからという説があります。



表書きはバランスが重要です


次に表書きと言われる個所をご紹介します。 「御祝」や「出産祝」などの表書きは祝儀袋と水引の位置とのバランスを整えて書きましょう。 文字が水引にかかることがないように字配りやスペースの配分などを考慮してください。 同様に表書きの氏名を書く際には、結び目の中央下に上書きより小さく書きます。 通常の御祝ではフルネームを書きますが、お返しや内祝いでは名字だけを書くのが一般的です。 なお複数の名前を記載する場合には、格上の順に右から左へ並べて書いてください。 同格の方が並んだ場合には、五十音順で書くと良いでしょう。



心を落ち着けて


ところで毛筆や筆ペンを使う機会が少ないと、文字を書く際に緊張しませんか? たまにしか使わない筆文字だとつい緊張してしまうものですね。 上手・下手よりも、まずは丁寧に心をこめて書くことが求められることと思います。 受け取る人の事を思いながら、人の手ならではの文字で一文字ずつゆっくり書いていきたいものです。