結婚式の引出物を郵送して大丈夫?
失礼にあたらないマナーとは

<質問>
結婚式の引出物を郵送で贈ろうと思います。
郵送する際に気を付けておくべきポイントは何でしょうか?





<回答>

結婚式の引き出物といえば、披露宴会場の椅子に大きな紙袋が置いてあり、それをゲスト一人ひとりが持ち帰るという形が習わしでした。また地域によっては引出物はより大きく、より重いものが喜ばれるといったしきたりも未だ残っているようです。
その一方、引物や引菓子が入った引出物袋はずっしりと重いため、遠方のゲストや年配のゲスト、おしゃれにドレスアップしたゲストや高いヒールを履いてる女性ゲストからすると、自宅まで持ち帰るのは大変…という声が多くなりつつあるのも事実。

こうした昨今のブライダル事情から、若い世代を中心に引出物の郵送(または宅配)を選ぶ傾向が増してきています。引出物郵送なら、結婚式当日は身軽に帰ることができ、ゲストの負担になりませんし、二次会会場で引出物袋を取り違えるといったトラブルも防ぐことができます。引き出物郵送を選ぶ最大の理由は、ゲストへの配慮・心配りにあるといっていいでしょう。

引出物の郵送を決めたら、注意するべきポイントがいくつかあります。
まず、式の当日、引出物郵送の「ご案内カード」をゲストテーブルに置いておくこと。「本来、本日お渡しすべき引出物については、ご列席いただいたあなた様のお荷物にならないよう、○月○日○時頃ご自宅まで郵送(または宅配)させていただくことにいたしました」という趣旨のメッセージを必ず盛り込みます。さらに司会者から一言その旨をゲストに伝えてもらえば、「引き出物がない」といった誤解をされることはないでしょう。次に、引出物が届く日時に気配りすること。結婚式の当日か翌日に必ず届くようにするのが一般的です。

いわば「手ぶら」で帰れることを喜ぶゲストが増えつつある一方、やはり立派な引出物を会場でいただいて持ち帰るのが結婚式の慣例と感じられる方々もいます。特に年配の方は、引出物の持ち帰りは当たり前という認識が定着しているため、郵送を選ぶかどうかは慎重に決めていきましょう。新郎新婦同士よく話し合い、両家の親とも相談するのが良いでしょう。