新築祝い・引越し祝いのお返しマナー|相場・おすすめ定番品・時期


新築祝いや引越し祝いをもらったとき、いったいどのようにお礼の気持ちを伝えるのが正解なのでしょうか。また、親族とそれ以外の人で、とるべき対応に違いはあるのでしょうか。
新築祝いや引越し祝いのお礼や、お礼を兼ねたお披露目会を開催するときに覚えておきたいポイントなどについてまとめました。





新築祝いや引越し祝いにお返しは必要?


新築祝いや引越し祝いをもらったときは、お返しの代わりとして、新居に招いて「お披露目会」を開催するのがマナーとされています。 しかし、中には遠方に住んでいたり高齢だったりして、自宅にお誘いするとかえって相手の負担になってしまう場合もあるでしょう。そのようなときは、品物でお礼をしてもかまいません。

どちらの場合でも大切にしたいのが、お祝いをいただいたことに対する感謝の気持ちです。
お披露目会を開催する場合は、その場でお礼を伝え、品物を贈る場合には、お礼状を添えるようにしましょう。



お披露目会をするときのポイント


新居のお披露目会は、お店のレセプションパーティーではありませんから、友人・知人・親戚などを一度に呼ぶ必要はありません。友人は友人同士、親戚は親戚同士、自宅が手狭にならない程度の人数で開催しましょう。 お披露目会を開く時期は、引越しの荷物が片付いて身辺が落ち着いた、転居してから1~2ヵ月後がおすすめです。

来てもらうのは夜よりも、新居の様子がよく見える日中がおすすめです。
車で来るという場合は、近隣の駐車場などを伝えておき、電車の場合は、駅まで迎えに行くなどして、相手が道に迷うことがないようにしましょう。 また、当日は万が一のときのため、電話やメールでの連絡に、すぐに対応できるようにしておいてください。

お披露目会は親しい人を招いて行うのが一般的ですから、かしこまった挨拶やプログラムは必要ありません。しかし、相手をもてなす気持ちを込めて、飲み物や食事を用意しておきましょう。時間帯によっては、軽食やお菓子、お茶などでもかまいません。
また、お披露目会のまえにお祝いの品物をもらった場合は、それを飾っておくといった心遣いも大切です。 来てもらった人が気持ち良く過ごせるように気を配りましょう。

こうしたお披露目会は、もらったお祝いのお返し代わりになるものです。しかし、より丁寧に感謝を示したい場合、来てくれた人が帰るときに引き出物を渡すことがあります。 紅白の蝶結びの水引で、表書きは「新築内祝い」などとするのが正式ですが、親しい間柄であれば、特にのしをかけずに、お土産として地元のお菓子などを渡すのもいいでしょう。



新居祝い・引越し祝いに対するお返しの品物を贈る場合のマナー


お披露目会に来られない人から新居祝い・引越し祝いをもらった場合は、受け取ってから3週間を目途にお礼を贈ります。引越し直後は、荷解きやさまざまな手続きなどで忙しい日々が続きます。誰に何を贈ればいいか忘れてしまったり、贈り漏れがあったりしないように、一覧を作っておくと安心です。

お返しの品物には、紅白の蝶結びの水引に、のしがついたかけ紙を使います。
表書きは「新築内祝い」「内祝」などとします。名前の欄には、贈り主となる家族の苗字を書きます。その家に住む人の苗字が複数ある場合は、連名にしましょう。例えば、親子が同居している場合は、親の苗字を右側に書くというように、目上の人が右側にくるようにします。

また、品物だけを贈ると、もらった側はどういう理由で贈ってくれたのかわからない場合があります。ぶしつけで失礼にもあたりますから、必ずお祝いへのお礼状を添えましょう。
このとき、文中には「お返しを贈ります」とは書かずに、「心ばかりのお品をお贈りします」「ささやかながら内祝いをお贈りします」などとします。内祝いには、そもそもお返しという意味はありませんし、「お返し」と書いてしまうと、「頂き物をしましたので、こちらからも贈ります」というように受け取られてしまうためです。



新居祝い・引越し祝いに対するお返しの品物の定番品と相場


新居祝い・引越し祝いに対するお返しの金額は、もらったお祝いの半額程度が目安です。
とはいえ、親族などから高額なお祝いを受け取ったときは、無理に半返しにこだわる必要はありません。品物は、タオルやお菓子、飲み物などが好まれます。食べ物であれば日持ちする物や、小分けにしやすい物など、相手にうれしいと感じてもらえる物を選びましょう。

以前は、「家を焼かない」という意味に通ずる「やかん」や、広い意味で見れば容れ物ともいえる「家」の完成を祝って、「器」を贈る場合もありました。しかし、やかんは一家にいくつもあっても邪魔になるだけですし、食器も相手の好みやライフスタイルがわからないと迷惑になります。
相手の迷惑にならずに、こうした品物を贈りたいのであれば、食器が含まれるカタログギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。カタログギフトであれば、好みの物を選んでもらえますから、負担になることはありません。

また、特に親しい人や親戚であれば、家の写真を送ったり改めて食事に誘ったりするなど、品物以外の形で感謝の気持ちを表すというのもおすすめです。

新築祝いや引越し祝いは、親しい人や親族からもらうことが多いものです。そのため、お返しもかしこまりすぎずに、自宅でのお披露目会や、気軽な食事会を開催するのがいいでしょう。
別れ際に、「またいつでも遊びに来てね」と伝えることで、相手へのお礼と今後も変わらぬ付き合いを望む気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。