現代の還暦祝いは本人の趣味や嗜好に合った物を!


長寿のお祝いはたくさんありますが、最初のお祝いであり、最も有名なのが満60歳を祝う「還暦祝い」です。 昔は赤いちゃんちゃんこをプレゼントしてお祝いするのが定番でしたが、平均寿命が男女とも80歳を超え、また60歳以上でもまだまだ現役の人も増えている中で、長寿の祝い方はずいぶんと様変わりしました。昔ながらの祝い方では、「老人扱いされるようで嫌だ」と感じる人も増えてきています。
そこで、今の時代にふさわしい還暦祝いのマナーや定番の贈り物をご紹介します。





還暦祝いの意味


還暦祝いは、満60歳(数えで61歳)を迎えたことを祝うものです。この理由は、伝統的な暦である「干支」にあります。干支は「十干」(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と、おなじみの「十二支」(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)を組み合わせたもので、毎年変わります。十干十二支の組み合わせは60通り、つまり干支が60年で一巡し、61年目に生まれた年の干支に戻ることから「暦が還る」という意味で「還暦」という呼び名になりました。

長寿を祝う習慣は儒教の考えに根ざしたもので、中国から伝わり、奈良時代頃から徐々に日本にも定着したといわれています。当時は今よりずっと平均寿命が短かったため、40歳を最初として「四十の賀」「五十の賀」というように、10年ごとに祝う習慣でした。
時代が経ち、徐々に平均寿命が延びるにつれて開始年齢は遅くなり、60歳になったのは室町時代頃だとされています。当時は平均寿命が延びたとはいえ「人生50年」という時代でしたから、満60歳を迎えるのはたいへんにおめでたいことで、人生の節目として盛大にお祝いしたのです。

ちなみに、還暦以降の長寿のお祝いとしては、おもに次のようなものがあります。



・70歳:古希

中国唐代の詩人・杜甫の詩に「人生七十古来稀」とあることから。紫色の物を贈るとされる。


古希祝いを贈る時期やマナーについてはこちら



・77歳:喜寿

「喜」の異体字は「㐂」であり、七十七と読めることから。紫色の物を贈るとされる。



・80歳:傘寿

「傘」の俗字が「仐」であり、八十と読めることから。黄色(金茶色)の物を贈るとされる。



・88歳:米寿

「米」の字を離して書くと八十八と読めることから。黄色(金茶色)の物を贈るとされる。

・90歳:卒寿 「卒」の略字は「卆」であり、九十と読めることから。白い物を贈るとされる。



・99歳:白寿

「白」は「百」から「一」を引いた形であることから。白い物を贈るとされる。



・100歳:百寿、紀寿

「百賀(ももが)」とも呼ばれ、以降は毎年祝う。

※本来、還暦以外の長寿のお祝いは、すべて数え年(生まれた年の年末までを1歳として、正月を迎える度に1歳を加える)で祝われていましたが、近年ではなじみのある満年齢でお祝いをする場合が多くなっています。



還暦祝いの「赤いちゃんちゃんこ」はどこから来た風習?


ひと昔前までは、還暦のお祝いに贈るのは「赤いちゃんちゃんこ」と決まっていました。これは、還暦は「干支が一周して赤ちゃんに還る、つまり、生まれ直しを意味するもの」とされているためです。また、赤は魔除けにつながるとも考えられていました。

現代では「老人扱いされるようで嫌だ」と本人が喜ばないことが多いため、赤いちゃんちゃんこを贈る人は多くはいません。しかし、赤いセーターやマフラー、スカーフ、シャツなど、赤い物を贈ると良いとする風習は残っており、赤いアイテムは還暦祝いの定番になっています。



還暦の祝い方


還暦祝いは、特に決まったやり方はありません。比較的多いのは、満60歳を迎える年の初めかその年の誕生日に家族や親戚が集まって祝うというものですが、開催時期についても特に決まりがあるわけではありません。本人の誕生日でなくても、遠方で暮らす家族や親戚が集まりやすいお正月やゴールデンウィーク、お盆休みなどのタイミングでお祝いをする人が多くなっています。

また、夫(または妻)や子供たちが企画し、身内のみで祝うことがほとんどです。平均寿命が延び、60歳を迎える人が珍しくない現在では、長寿のお祝いというよりは、「人生の節目」を家族みんなで祝う日という位置付けとなっています。プレゼントを渡すだけでなく、家族みんなで少し高級なレストランや料亭に出掛けたり、旅行に行ったりという人も多いです。



還暦祝いのプレゼントの相場


相手との関係や家庭の経済状況によっても変わりますので、明確な基準はありません。
一般的には、両親に贈る場合は10,000~50,000円前後、兄弟姉妹や親戚なら5,000~20,000円前後、親しい友人や知人の場合は5,000~10,000円前後であることが多くなっています。

実の両親と義理の両親、何人かいるおじ・おばなど、関係性が同じ場合は、あとで争いの種にならないように金額をそろえるのが一般的です。
例えば「夫の兄夫婦といっしょに義母の還暦を祝う」というように、複数名でいっしょに祝う場合は、ほかの親族と差が出ないように事前に打ち合わせをしておくといいでしょう。
また、兄弟姉妹でお金を出し合って、夫婦旅行など豪華なプレゼントを贈る方法もあります。



還暦祝いの贈り方のマナー


長寿のお祝いは何度巡ってきてもいい慶事なので、水引は紅白の蝶結びの物を選びます。のしをつけ、表書きは「祝 還暦」「寿 還暦」「還暦御祝」などとするのが一般的です。下には贈る人の名前を書きますが、子供や孫一同からのプレゼントの場合は「子供一同」や「孫一同」として構いません。

渡し方は、還暦を祝う席で直接手渡しするのが基本です。商品が大きいなどの理由で、持って行くのが難しい場合は、お祝いの日の前日までに届くように贈ります。
恩師の還暦祝いなど、宴席に出席できなかった場合は、誕生日の1週間前頃を目安に贈ります。


還暦祝いのお返しを贈る時期や相場はこちら



還暦祝いの定番プレゼント


60歳はまだまだ若々しく、昔のような「老人」の印象からはほど遠い人がほとんどです。
ですので、還暦祝いのプレゼントは「老人扱いしない」ことが大事なポイントになります。

赤い物を贈る風習があると紹介しましたが、必ずというわけではなく、色よりも本人の趣味や好みに合った、喜んでもらえる物であることが大切です。定番のプレゼントには次のような物があります。



・名前入りボトルなどのオリジナルグッズ

名前を入れたボトルやカップ&ソーサーのセット、ゴルフグローブなど、オーダー品は還暦のお祝いにぴったりの品物。一生の記念になります。



・花束

花束は、贈り物の定番中の定番。プリザーブドフラワーやメッセージを入れられる物など、さまざまな種類があります。ほかのプレゼントと組み合わせて贈るのもおすすめです。



・バッグや服などのファッションアイテム

おもに女性へのプレゼントとして、バッグや服なども人気があります。親しい親戚や親など、贈られる人のファッションの好みをしっかり把握していることが前提となります。



・アクセサリー

アクセサリーは、夫から妻へのプレゼントや子供たちから両親へのプレゼントに最適です。誕生石をあしらった物も人気です。



・ペアグラスや湯のみなどの夫婦で使える物

夫婦茶碗やマグカップ、箸なども定番品のひとつです。「これからも夫婦二人で元気で暮らしてね」というメッセージを伝えることもできます。



・旅行券、クルージングチケットなど

物ではなく体験型のプレゼントは、近年人気上昇中のギフトです。事前に両親の希望を聞いて、子供一同から旅行をプレゼントするのもいいですし、旅専門のカタログギフトをプレゼントして両親に選んでもらうのもおすすめです。

一方でNGな物は、香典返しによく使われるお茶、「首が落ちる」ことを連想させることから縁起が悪いとされる椿の花、「老い」を連想させる老眼鏡、「苦」と「死」に通じる櫛、「相手を足で踏みつける」という意味につながってしまう靴や靴下などがありますので、これらは避けたほうが無難です。

還暦のお祝いは、日頃はなかなか伝えにくい感謝の気持ちを伝えるチャンスでもあります。
両親やお世話になった人が還暦を迎えるときは、心を込めてお祝いしてください。