引越し祝い・新築祝いの贈り方~マナーや定番品~


親しい友人や知人、会社の人などが引っ越したり、新しく家を新築したりした場合は、お祝いの気持ちを込めて「引越し祝い」や「新築祝い」を贈るといいでしょう。 ここでは、両者の使い分けや覚えておきたいマナーについてご紹介します。





引越し祝いと新築祝い、それぞれの意味と違いは?


引越し祝いは「引越し」に対するお祝いで、「中古住宅を購入した」といった場合にも使います。
賃貸住宅への引越しも「引越し」ではありますが、このようなケースで新居のお披露目会を行ったり、正式な形でお祝いを渡したりといったことはあまり行われません。

一方の新築祝いは、家を新しく建てた方に対して使う言葉です。注文住宅だけでなく、建売の戸建てを購入した場合も新築祝いとなります。
なお、新築マンションを購入した人に対しては新築祝いで良いとしているケースもありますが、やはり「新居祝い」とするのが無難です。また、自宅を大幅リフォームした方に贈るのは「改築祝い」や「改装祝い」「増築祝い」となります。



引越し祝いや新築祝いは、いつ渡せばいいの?


引越しや新築のお披露目会に招待されている場合は、そのときに引越し祝いや新築祝いを持参します。複数人を集めてホームパーティーを開くといった大々的なお披露目会でなくても、新居に招待された場合は、そのときが「お披露目」となります。
持って行きづらい家電などをお祝いとして渡す場合は、お披露目の前に届くように手配します。また、複数の人を集めて小規模なお披露目会を開催する場合も、品物は別に送るのがおすすめです。
現金を渡す場合は持参で構いませんが、ほかの人の目に触れないように渡す気遣いが必要です。

具体的な時期としては、新築後、半月から1、2ヵ月程度を目安に贈るのがいいでしょう。
あまり遅くなりすぎても良くありませんし、引越しや新築直後は家の中が落ち着かないため、物を増やすのが迷惑になる場合もあるからです。



引越し祝い・新築祝いの気になる相場は?


引越し祝いや新築祝いの相場は、相手との関係によって異なりますが、友人や知人の場合、3,000~5,000円程度が目安となります。新居のお披露目時のおもてなしが返礼代わりとなるため、相手に気を使わせないよう、あまり高額なお祝いは避けましょう。

一方、親戚や親子、兄弟姉妹などの場合は、10,000~30,000円程度のお祝いを渡すことが多くなります。また、特に近しい親族の場合は、「住宅の購入費用にあててください」という意味で、高額のお祝いを渡す場合もあります。



引越し祝いと新築祝いの贈答マナー


水引は紅白の花結びで、のしのついた物を利用します。
引越し祝いの場合の表書きは「御引越御祝」、新築祝いの場合は「御新築御祝」や「祝 御新築」とします。「御祝」であれば、どちらのケースでも使えます。
下部には、贈り主である自分の名前をしるしましょう。



おすすめの引越し祝い・新築祝い定番商品


引越し祝いや新築祝いの定番商品には、次のような物があります。



・現金

現金は、特に親族や親子間に多いお祝いです。金額がはっきりわかっても構わない、気を使わないような間柄であれば贈っても大丈夫です。何かと物入りな時期の現金はうれしいものです。
ただし、目上の人へは避けたほうがいいでしょう。



・商品券

商品券は、現金よりは人を選ばずに贈れますが、やはり額面が見えてしまうのが不躾に感じられる場合もあります。目上の人へは、現金同様に避けたほうがいいでしょう。



・カタログギフト

金額のわからないカタログギフトは、「好きな物を選んでいただきたい」という場合に便利です。インテリアに特化したカタログなどは、新築やお引越しのお祝いらしさも感じられるのでおすすめです。



・観葉植物

観葉植物は定番の品物ではありますが、邪魔になる上に、処分もしづらいということで、困ると感じる人も多いギフトです。相手が植物を好きかどうかといったことにも配慮して渡しましょう。



・インテリアや食器

時計やダストボックスのほか、実際に使えるインテリアや食器類も定番商品です。相手のインテリアの好みがわかっている場合や、相手といっしょに品物を選べる場合などはこうした贈り物もおすすめです。



・家電

少し値の張った家電品をプレゼントするケースもあります。こちらも、相手に何が必要かを聞いてから選ぶようにしましょう。 なお、火を連想させるアロマキャンドルや灰皿、ランプなどは、引越し祝いや新築祝いのときは避けるようにしましょう。また、壁に穴を開けなければ設置できないような時計や鏡、絵画などもあまりおすすめできません。

一戸建てやマンションの購入は、人生の大きなイベントのひとつです。新しい家に呼ばれた際は、心を込めたお祝いを持っていきましょう。引越し祝いや新築祝いは、特に親しい友人や親戚間で行われることが多いので、相手に予算を伝えた上で、新居で役立ててもらえる物をいっしょに考えるのもおすすめです。



新築祝い・引越し祝いのお返しに関するマナーはこちら