「就職祝い」を贈るときに気を付けるべきことは?


社会人の仲間入りをする「就職」は、人生の大きな節目のひとつです。
そんな門出を祝うために、親戚の子供や孫、または特に親しい知人の子供が就職するときには「就職祝い」を贈るのが一般的です。年の違う友人や彼氏・彼女、後輩などに、就職祝いを贈る場合もあります。 このように、就職祝いは贈る機会が多いのですが、結婚祝いなどと比べ、意外とマナーがあやふやなのではないでしょうか。 そこで、就職祝いの贈り方に関するマナーをまとめてご紹介します。





就職祝いを渡す時期は?


就職祝いは、就職が決まったあと、できるだけ早い時期に贈るのが原則です。
就職の知らせを受けるのが遅く、あいだが空いてしまう場合も、可能な限り入社式の1ヵ月以内には贈るようにしましょう。
誰に贈るべきかという細かいルールはありませんが、自身の子供や孫、甥・姪などの親族や親しい友人の子供、教え子、後輩、彼氏・彼女などに贈る場合が多いです。

就職祝いの相場は?


あまり高価なプレゼントは、かえって相手に気を使わせてしまいますから、相場を押さえておくのも大切です。就職祝いの相場は、相手との関係によって違います。

おおよその目安は次のようになっています。

<就職祝いの相場>
・自分の子供    30,000円前後
・孫        30,000~50,000円
・兄弟・姉妹    20,000~30,000円
・甥・姪      10,000~20,000円
・それ以外の親戚  5,000~10,000円
・友人・知人    5,000円~10,000円
・彼氏・彼女    5,000円~10,000円

明確な基準はありませんが、基本的に血縁が近いほど、予算が増える傾向があります。
また、甥や姪など、贈る相手が複数いる場合は、後々のいがみ合いの種とならないように、特定の一人をひいきするようなことはせず、全員を平等に扱うのがいいでしょう。



就職祝いの贈り方のマナーは?


就職祝いは厳密にいえば、繰り返される慶事ではありませんが、水引は、複数回起こっても構わないお祝い事に使われる「蝶結び」と、結婚式など1回限りのお祝い事に使われる「結び切り」のどちらでも大丈夫だとされています。紅白で、のし付きの物を選びましょう。
表書きは「御就職祝」とするか、シンプルに「御祝」でも大丈夫です。



就職祝いに何を贈るべきか?


就職祝いのプレゼントには、社会人として生活や仕事をしていく上で役立つ、身の回りの物を贈るのが一般的です。相手の業種や仕事の内容などを知った上で、ぴったりの物を選ぶのが理想ですが、好みを完璧に把握するのはなかなか難しいものです。参考になりそうな人気のアイテムを紹介します。



・子供や孫に就職祝いを贈る場合

ビジネスシーンで使えるシンプルなデザインやベーシックな色遣いで、自分自身で買うには少し高価で上質の物を贈るのがおすすめです。最近では、タブレットなども人気があります。ただし、仕事の内容によっては使われない物もありますので、相手に合ったプレゼントを選びましょう。

おすすめの品:高級ボールペン、万年筆、定期入れ、キーケース、財布、腕時計、ネクタイ、アクセサリー、タブレット端末



・甥や姪に就職祝いを贈る場合

基本的には子供や孫に贈る場合と同じですが、予算の都合上、大きな物は難しい場合があります。
品質が中途半端な物を選ぶよりは、小さくても高品質の物を選ぶのがおすすめです。

おすすめの品:高級ボールペン、万年筆、名刺入れ、定期入れ、ハンカチ、キッチン用品(タンブラーなど)、ネクタイ、アクセサリー



・友人・知人に就職祝いを贈る場合

直接の知り合いだと、相手の好みがわかる分、好きなキャラクターが入った物など、その好みを取り入れた品物を贈りたくなりますが、「ビジネスシーンでも使えるシンプルな物を選ぶ」という基本は守りましょう。

おすすめの品:ボールペン、名刺入れ、定期入れ、ハンカチ、タンブラー、ランチボックス、目覚まし時計、折り畳み傘



・彼氏・彼女に就職祝いを贈る場合

彼女に贈るなら、化粧品やバッグ、手帳、アクセサリーなどがおすすめです。
彼氏に贈る物では、キーケースや名刺入れなどに加えて、ベルトやネクタイ、ネクタイピンなど、普段身に着ける物も人気です。

なお、予算では希望の品物が購入できない場合などは「好きな物を買うときの足しにして」と言葉を添えて、現金を渡しても構いません。その場合は必ず新札を用意しましょう。



就職祝いをもらったら?


就職祝いは入学祝いなどと同じように、人生の節目を祝うものなのでお返しは不要です。
できるだけ早くお礼状を出して、謝意を伝えるようにします。

親しき仲にも礼儀あり。子供や孫、甥・姪など、近しい親族への贈り物も、きちんとマナーを守って贈ることは、相手に「社会人になったという自覚」を持ってもらうことにもつながります。もちろん、彼氏や彼女、親しい友達に贈る場合はかしこまる必要はありませんが、一通りのマナーを押さえておくことは、今後さまざまなお祝いを贈る場面でも役立ちますので、ぜひ参考にしてみてください。


就職祝いのお返しに関するマナーや品物はこちら