入学祝いにお返しは必要?
失礼にならない「入学内祝い」の贈り方


子供の入園・入学時に、親戚からもらうことが多い「入学祝い」。 子供にもらったお祝いであり、基本的にはお返しの必要はないとされていますが、「入学内祝い」という形でお返しをしたほうがいい場合もあります。 どんなときに入学内祝いが必要なのか、どのように贈ればいいのかをまとめてご紹介します。





そもそも入学内祝いとは?


入学内祝いとは、入学祝いに対して贈るお返しのことです。
本来、「内祝い」というのは「入学や結婚などの慶事があった家が、その幸せを親戚やご近所の人々と分かち合うために贈る物」のことです。ですから、何かをもらうより先に自分から行うものであって、お返しという意味はありませんでした。また、贈り物のもらい手である子供には収入がなく、自分でお返しをすることはできませんから、「子供の成長に関するお祝いにはお返しをする必要はない」のが原則です。

しかし、時代の流れとともに、「慶事のお裾分け」という意味で、親戚やご近所の人たちに内祝いを贈る慣習はだんだんなくなっています。それと同時に現代では、「内祝い」も「お返し」とほぼ同義語として使われるようになっており、入学祝いもほかのお祝いと同じように、もらったらお返しをするべきだと考える人も増えてきました。お返しとしての入学内祝いは、このような流れの中で生まれてきた、比較的新しい慣習なのです。

ただし、冠婚葬祭のルールは地方差が大きいので、「入学内祝い」が必要な地域もあれば、原則どおり内祝いを贈らなくて構わない地域もあり、一概にどうするべきとはいえません。住んでいる場所の風習や伝統に合わせて対応する必要がありますので、年上の親戚などに確認するのがいいでしょう。
また、たとえ内祝いを贈る習慣がある地域でも、相手に同じ年頃の子供がいる場合は、煩雑さを避けるため、入学祝いのみのやり取りにして、お祝いを受け取ったときに、書状や電話でお礼を言うにとどめるのが普通です。 相手に子供がいない場合や子供の祖父母から入学祝いをもらった場合などは、「入学内祝い」を贈るべきかどうか検討してみるといいでしょう。

入学内祝いはいつ贈るべき?


入学祝いは、およそ入学式の2~3週間前には届いていることが多いですが、内祝いを贈るのは入学式が終わってから贈るのが一般的です。あまり遅くなり過ぎないように、入学式から1ヵ月以内を目安にするといいでしょう。

注意点としては、内祝いを贈ろうとしている場合でも、入学祝いを受け取ったら、すぐに書状か電話で感謝の気持ちを伝えることを忘れないことです。その際には親だけでなく、必ず子供本人からも直接「ありがとうございました」と伝えるようにしましょう。お礼状を書かせて親のお礼状といっしょに贈ってもいいですし、電話でも構いません。



入学内祝いの相場はどのぐらい?


もらった入学祝いの3分の1から半分相当が目安となります。品物の価格がわからない場合は、およその予想で構いません。お返しがあまり高価になりすぎると、かえって相手に気を使わせてしまいますのでご注意ください。



入学内祝いの贈り方のマナーは?


入学は何度あってもおめでたい慶事なので、水引は「何度でも結び直せる」を意味する紅白の蝶結びを選びます。 表書きは「内祝」または「入学内祝」として、下側には子供の名前を書いて送りましょう。のし紙のかけ方は地域によって違いもありますが、包装紙の内側にかける「内のし」にする地域が多いです。



入学内祝いの定番品


入学内祝いに何を贈るかについて明確なルールはありませんが、一般的に相手に気を使わせずに、あとに残らない物が良いとされています。人気がある定番の品物は次のようなものです。

・商品券、ギフトカード
・カタログギフト
・現金
・ご当地グルメ
・スイーツ
・紅茶やコーヒー

一律に同じ物を贈るのではなく、相手の年代や関係性などによって贈り分けをすることがポイントです。例えば、子供の祖父母や年配のおじ・おばには、ご当地グルメやスイーツ、友人には紅茶やコーヒーなどがいいでしょう。

現金は若い世代には歓迎されることが多いですが、年配の方の中には抵抗を感じる人もいます。特に子供の祖父母にお返しをする場合には、避けたほうが無難です。年配の方には、カタログギフトや商品券にするなどの工夫をするといいでしょう。カタログギフトや商品券、ギフトカードは、どの年代にも歓迎される万能アイテムです。

ただし、商品券やギフトカードには、贈る相手に金額がわかってしまうというデメリットもあり、価格がわからない品物にお返しする場合、少なく見積もりすぎると失礼になる可能性があります。そのような場合は、贈る相手の趣味や好みに合わせて選べるカタログギフトがおすすめです。

入学内祝いは、必ずしも贈らなければいけないわけではありませんが、感謝の気持ちを伝えるためにも贈ったほうがいい場合もあります。基本的に入学内祝いを贈ることは失礼にはなりません。迷ったときには、ひとまず贈ってみてもいいでしょう。