お中元にはこれがいい!
お中元 人気の定番ギフトランキング


毎年、お中元の季節になる度に、「今年は何を贈ろうか」と頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 夏の挨拶であるお中元は、一度贈ったら、原則として毎年続けて贈る必要があります。とはいえ、義務感で無理をして贈っているようでは、贈る側にとっても贈られる側にとっても、負担になってしまいます。 本来、誰かに贈り物をするというのは楽しいことのはずです。お中元のトレンドや人気ランキングを知って、新たな気持ちでお中元選びをしてみてはいかがでしょうか。





ハーモニックのお中元人気ランキング


まずは、最新お中元ランキング(ハーモニック調べ)をご紹介します。 多くの人がどのようなお中元を選んでいるのか知ることで、贈られる側の希望を知ることができます。


<人気商品ランキング>


第1位 手延素麺「揖保乃糸」特級品 3,000円
第2位 AGFファミリー飲料ギフト 7本セット 3,000円
第3位 AGFファミリー飲料ギフト 6本セット 2,500円
第4位 キレイキレイセット 1,000円
第5位 島原手延べそうめん 2,500円



一番人気はそうめん!


夏のギフトの定番品として、多くの人が一番に思い浮かべるのが「そうめん」ではないでしょうか。
ハーモニックのお中元ランキングでも、1位と5位に「そうめん」がランクインしています。 夏休みの思い出として、冷たいそうめんを食べた記憶があるという人も多いでしょう。暑さから食欲が落ちがちな夏の食事に、さっぱりとして喉越しのいいそうめんはぴったりです。

また、そうめんは、ランキングからもわかるように、価格に幅があります。そういう意味でも、そうめんはお中元に向いている商品といえるでしょう。手頃な物から高級な物までさまざまな種類があるため、同じそうめんであっても、予算によって贈る種類を変えることができるのです。

一方で、そうめんは定番になりすぎているため、たくさんのお中元をもらう人の場合、そうめんばかりが届きすぎて持て余してしまうというケースもあります。確かにそうめんは人気のお中元ギフトですが、「これを贈っておけば間違いないだろう」と安易に選ぶのではなく、相手の感想や意見、ライフスタイルなども考慮した上で贈るようにしましょう。

最近では、見た目にも楽しい色とりどりのそうめんや、つゆ付きのそうめん、つくだ煮などのお惣菜とそうめんのセットなど、バリエーション豊かな商品が登場しています。「そうめんばかり贈っているかも」と思ったら、このような少し変わったそうめんギフトを選んでみてもいいかもしれません。



ドリンクギフトは定番


喉の渇く夏は、冷たい飲み物がおいしい季節です。アイスコーヒーやジュースなどがセットになったドリンクギフトも、お中元の定番商品といえるでしょう。

ハーモニックでも、2位と3位にAGFファミリー飲料ギフトが選ばれています。AGFファミリー飲料ギフトは、コーヒーや紅茶、ジュースなど、アルコールが苦手な方やお子様でもおいしく飲めるドリンクが詰め合わされています。そのほか、100%のフルーツジュースなどもお中元の定番となっています。

こういったソフトドリンクは、会社へのお中元として利用されることもよくあります。ビールや食品は社内で消費するのが難しい場合もありますが、ソフトドリンクであれば、社員で分け合って飲むことができるからです。

夏の強い日差しの中、買い物や仕事に出掛けて帰宅したときに、冷えたフルーツジュースやソフトドリンクがあるとうれしいものです。そういう意味でも、夏のご挨拶にソフトドリンクは、いい選択肢といえるでしょう。



誰もが使う洗剤は安価でも満足度が高い


ハーモニックのランキングでは、「キレイキレイセット」が4位に入っています。
1,000円と手頃な価格ながら、絶対に使う物ですから、「いただいたものの使い道がない」と相手を困らせる心配がありません。
洗濯洗剤や食器用洗剤、石鹸などは、ほとんどの家庭で使われています。かなり実用的なギフトになるため、「意外性がうれしい」「自分では買わないけれどあったらうれしい」といったタイプのお中元ではありませんが、確実に喜ばれるという点では、間違いのない選択肢だといえるのではないでしょうか。



友人にはこだわりの商品を贈るのもGood!!


最近のギフトのトレンドとして、格式ばった物よりも、カジュアルで本当に喜ばれる物や、個人の趣味嗜好に合った物を、本当に贈りたい人にだけ贈るといった傾向が強くなっています。
これはお中元でも同じで、会社関係でも、上司や取引先にははずれのない定番品を贈り、親しい仲の友人や同僚には、自分のこだわりや相手の好みに合ったユニークな物を贈るといった二極化が目立ち始めています。また、好みを気軽に聞ける相手には、最初から希望を聞いてしまってもいいでしょう。

ランキングに入っている定番品は、お中元ギフトとしてはずれが少ない物です。そこで、このような品物は、万が一にも間違いがあってはいけない会社関係の人に贈り、個人的な友人や知人には、毎年楽しめるさまざまなお中元を選んでみてもいいのではないでしょうか。



商品券やギフト券はアリ?


お中元に限らず、誰かに贈り物をする際にしばしば問題となるのは、「商品券やギフト券」についてです。確かに、商品券やギフト券は、もらって困るということがなく、誰もが本当に必要な物を買うために使うことができます。
しかし、心を込めた贈り物としては、少し味気ない感じがしてしまうのも事実でしょう。
また、額面を見ることで、「いくらなのか」ということがはっきりわかってしまうというところも、贈り物として抵抗がある方もいらっしゃいます。

このような問題がクリアになるのであれば、商品券やギフト券をお中元として贈ってもかまいません。何でも気軽に話せる間柄の両親などに対しては、商品券やギフト券を贈るのもいいでしょう。



「自分もほしい!」と思えるお中元を


お中元は、「いつもお世話になっている方に感謝を込めて贈る」物です。だからこそ、「自分がもらってもうれしい」「自分もほしい」と思えるような品物を選ぶようにしましょう。

実際に、最近は自分用にお中元を贈るという方もいます。贈った物の味を確かめてみたいという人や、お中元時期だけの限定ギフトを自分も楽しみたいという人のニーズから生まれた「自分へのお中元」は、年代を問わず少しずつ利用者が増えています。
このような自分へのお中元は、一般的な定番商品よりも、一風変わったユニークな品物や土地の物、その年に話題になった食べ物などを選びたいものです。

ネット通販が発達したことで、デパートなどにわざわざ出向かなくても、自宅から気軽に産地直送の新鮮なお野菜や魚類、肉類などが注文できるようになりました。また、輸送技術が発達したことで、今まではおいしい状態で届けられることが難しかったアイスなども、問題なく贈れるようになり、お中元ギフトの種類も豊富になっています。

お中元の時期や贈り先についてはこちら