親戚の結婚祝いの相場と品物選びの方法

親戚の結婚祝いの相場と品物選びの方法

親戚が結婚することになりお祝いを贈りたいけれど、何を贈ればよいかわからないという人もいるのではないでしょうか。親戚の結婚祝いにはある程度の価格相場があるため、事前に知っておくことで失礼がなくスムーズに贈ることができます。

この記事では、親戚に結婚祝いを贈る際の相場や渡し方、結婚祝いギフトの人気カテゴリー、結婚祝いにカタログギフトを贈るメリットなどをご紹介します。

▼ カタログギフトのハーモニック ▼カタログギフトのハーモニック

親戚の結婚祝いで現金(お金)を渡す場合の相場

親戚の結婚祝いで現金(お金)を渡す場合の相場

親戚から結婚の知らせを受けたら結婚祝いを用意します。結婚祝いの渡し方は現金で渡す、現金+ギフトを渡す、ギフトのみを渡す、の3通りです。おおよその相場はあるものの、相手との関係性や結婚式への参加の有無などによって、相場は変化するので注意しましょう。ここでは、親戚の結婚祝いで現金を渡す際の相場価格について解説します。

結婚式に参加する場合

結婚式や披露宴に招かれた場合、出席者はご祝儀を渡すのがマナーです。夫婦のみで結婚式に出席する際の結婚祝いの相場の目安は、以下の通りです。

・兄弟姉妹……10万円以上
・いとこ……7~10万円
・遠い親戚……5万円

場合によっては、夫婦+自分の子どもと一緒に出席することもあります。その場合は、夫婦だけで出席する場合の約3分の1~半分程度の額を上乗せした金額にすることが一般的です。いずれにしても、相手との関係性も考慮し、相場から大幅にかけ離れた金額を包むのは避けましょう。

結婚式に参加しない場合

相手が結婚式を行う場合であっても、小規模な式や海外挙式、ごく親しい人たちだけで行うことなどを理由に、招待されないこともあります。また、招待されたもののやむを得ず参加できなかったり、結婚式自体を行わなかったりすることもあるでしょう。

結婚式に出席しない場合であっても、親族はご祝儀を贈るのが基本です。相手が友人や会社の同僚であれば、結婚祝いの相場金額から披露宴の飲食費用を引いた額を渡しますが、親族の場合は、相場の金額を渡すケースが多くなっています。

家族ルールがあるので金額を事前に相談しておくことも考えよう

親族が集まる結婚式の場合は、同じ立場同士で結婚祝いの金額をそろえる配慮があるとよいでしょう。中には特別に仲良くしていた間柄で、相場よりも高い金額を包みたいということもあるかもしれません。そのようなときは周りと相談して金額をきめることがおすすめです。

親族の場合はのちのち揉めごとにならないよう、足並みをそろえましょう。また、極端に高額のご祝儀にして相手に気を遣わせることのないよう、配慮することも大切です。

親戚の結婚祝いでギフト(物)を選択する場合のポイント

親戚の結婚祝いでギフト(物)を選択する場合のポイント

親戚の結婚祝いとして、お金ではなくギフトを渡すこともあります。また、「現金のほかにも何かあげたい」「お祝いのお金が少ないため、ギフトをプラスしたい」というケースもあるでしょう。

ギフトを渡す場合は相手の好みを調べたうえで、渡すタイミングを間違えないようにするほか、結婚祝いとしてふさわしくないものを選ばないよう注意が必要です。ここでは、親戚の結婚祝いでギフトを渡す際に覚えておきたいことを解説します。

相手が喜んでくれるものを事前リサーチしよう

普段の会話や持ち物、ライフスタイルなどから相手の好みを知り、喜んでくれそうなものを選ぶ方法がおすすめです。遠方に住んでいたり、関係が深くなかったりするなど、会う機会があまりない親戚の場合、自分の親や結婚する親戚と普段から行き来のある人に聞いてみてもよいでしょう。

基本的には、リサーチをしたうえで相手に合ったものを選ぶのがベターです。しかし、どうしてもわからない場合は、結婚祝いで欲しいものを直接本人に聞いても失礼には当たりません。

結婚祝いでギフトを渡す場合の相場

結婚祝いで親戚にギフトを渡す際の相場は10,000円~20,000円程度です。結婚式や披露宴に出席してご祝儀を渡す場合にはギフトをつけなかったり、ギフトの金額が比較的少額になったりすることもあります。

ただし、事前に相手に欲しいものをリサーチして相場よりも高い金額のものをリクエストされた、結婚式をしないためご祝儀を渡す機会がない、などの場合には、相場よりも高いギフトを渡してもよいでしょう。

結婚祝い(ギフト)をいつ渡すか

結婚祝いを結婚式の前に渡せる場合には、結婚式の招待状を受け取ってから式の1週間前までに渡すのがマナーです。結婚式当日にギフトを持参するのは、新郎新婦の荷物になってしまうため避けましょう。式の前に間に合わなかった場合は、式の終了後1か月以内に渡すようにします。

結婚式の日取りが決まっていない、結婚式をしないケースでは、結婚の報告を受けてからできるだけ早めに渡しましょう。事前に入籍日がわかっている場合にはその1週間前までに渡します。

結婚祝いギフトにタブーはあるか

結婚祝いギフトでは避けたほうがよいアイテムがあります。「切れる」「消える」といった縁を壊すような印象を与えるものです。具体的には以下のようなものがあります。

・刃物
「切れる」を連想させるためNGです。包丁はもちろん、キッチンばさみやカトラリー用のナイフなども不向きです。

・割れ物
「壊れる」という印象を与えてしまうため、割れやすいガラス製品や陶器は避けましょう。食器はペアグラスなど一部人気の結婚祝いギフトもありますが、贈る相手が縁起を気にするかわからない場合は避けたほうが無難です。

・食べ物
「消え物」とも呼ばれるため以前はタブーとされていましたが、人によってはありです。相手によっては、形に残るものをもらうよりも、おいしい食べ物やグルメカタログなどのほうが嬉しいということもあります。

人気のある結婚祝いギフト8カテゴリー

親戚に結婚祝いのギフトを渡す場合、どんなものを選ぶべきか迷うこともあるでしょう。自分が独身で結婚生活のイメージがつきにくかったり、相手としばらく会っていなかったりする場合は、何を渡せば喜んでもらえるのかわからないというケースも少なくありません。

ここでは、結婚祝いのギフトとして人気の高いカテゴリーについて紹介します。

便利&比較的高額になりがちな調理器具

結婚を機に料理をするようになる人もいます。調理器具は比較的高額で、自分たちで揃えようとすると出費がかさんでしまうことにもなりかねません。そのため、結婚祝いとして贈ると喜ばれます。

例として、お好み焼きや焼き肉などに使えるホットプレートがあります。夫婦のみならず、友人などを招いた自宅でのホームパーティーでも活用でき、子どもが産まれてからも長く利用できます。料理やお菓子作りが好きな人にはハンドミキサー、コーヒー好きな夫婦にはコーヒーメーカーもおすすめです。

お箸やカラトリー、食器などのキッチン用品

毎日の食事に使えるお箸、スプーンやフォークなどのカトラリー、食器などのキッチン、テーブルウェアも、結婚祝いで人気のカテゴリーのひとつです。夫婦二人の生活であっても、ご飯用の茶碗、汁物用のお椀、おかずをよそうお皿など、数種類の食器をそろえなくてはなりません。

お箸やカトラリーは多めに持っておいたほうが便利なうえに場所を取らないため、シリーズでそろえて贈ると喜ばれます。また、色違いや柄違い、メッセージが書いてあるなどの夫婦茶碗もおすすめです。通常のプレゼントとは異なり結婚を祝う目的のギフトになるため、夫婦に関係した品物を渡せば喜んでもらえるでしょう。

生活をサポートする便利家電

最近は夫婦共働きも多く、夫婦が仕事と家事を協力しながら生活するケースが一般的です。二人で分担するとはいえ、忙しくてなかなか家事に手が回らないこともあるでしょう。特に、掃除はできる時間が限られることもあるために行き届きにくい家事です。

共働きの夫婦におすすめなのが便利家電です。たとえば、スイッチを入れるだけで部屋を掃除してくれるロボット掃除機ならば、出かける前に予約設定をしておき外出中に掃除を済ませることができます。除湿器や加湿器などであれば、日中に空気の入れ替えが難しい場合でも、部屋の空気を清潔に保つことが可能です。

新婚さんのお部屋を彩る飾り物

結婚をすると、独身時代とはまるで違う生活になります。特に新婚時代はふたりの時間を持ったり、家の中で楽しく過ごしたりする夫婦も多いでしょう。新婚の生活空間に彩りを添えられる結婚祝いも喜んでもらえます。

たとえば、フォトフレームは新婚旅行や結婚式などの写真を長く飾ることができます。デジタルタイプを選べば、手軽に写真表示を変えられて便利です。プリザーブドフラワーや寝室やリビングに飾れる置時計など、長く部屋に飾れるものにするとよいでしょう。フォトフレームなどに夫婦のイニシャルを入れた名入れギフトもメモリアルの要素があり人気です。

2人で楽しめる食品グルメギフト

食べ物や飲み物は、夫婦一緒に楽しめるギフトのひとつです。消え物のため「自分の趣味に合わない柄や形だった」「もらったけれど使わなかった」ということも避けられます。普段はあまり食べる機会のない高級なお肉や魚、フルーツなどを贈ることで、喜んでもらえるでしょう。お酒が好きな夫婦には、シャンパンやワイン、日本酒や焼酎などもおすすめです。

ただし、相手に好き嫌いやアレルギーなどがある場合は、口にしてもらえない可能性があります。グルメギフトを渡す際は、相手の好みを事前に調べておくようにしましょう。

安定の定番ギフト ブランド物のタオル

お風呂や洗面所、キッチンなどで日常的に使うタオルは、結婚祝いに適しているギフトのひとつです。有名アパレルブランドや有名ホテルのものなど高級ブランドのタオルを選べば見栄えもよく、長く大切に使ってもらえるでしょう。

相手のライフスタイルを考慮し、バスタオルとフェイスタオルなど、数種をセットにして贈っても喜ばれます。今治タオルのような素材にこだわったものや肌ざわりのよいものもおすすめです。タオルにも名入れができるタイプもあるため、検討してみてもよいでしょう。

睡眠をサポートするグッズ

睡眠は健康に生活するために大切な要素です。結婚後、新婚生活のために引っ越したり夫婦で寝るようになったりと環境が変わってからも、快眠をサポートしてくれるグッズはおすすめです。

たとえば、夫婦お揃いのパジャマやバスローブなどを選べば統一感が出ます。低反発のまくらや抱き枕など、直接眠りに関係するグッズを選んでもよいでしょう。羽毛布団など、大きなものは置き場所に困ってしまう可能性があるため、事前にリクエストされていない限りは避けたほうが無難です。

相手の好みがわからないときでも重宝するカタログギフト

カタログギフトは相手に好きなものを選んでもらうことができるため、相手の好みがわからなくても心配いりません。グルメ、文具、ファッション小物、キッチン用品など種類も豊富なため、最適なものを見つけてもらえるでしょう。

カタログギフトで贈れるのは、商品だけではありません。エステ、温泉、食事などの体験型ギフトが充実しているカタログギフトもあるなど、相手のニーズに幅広く応えられる充実した内容になっているものも多く、選ぶ楽しみも贈ることができるでしょう。

タオルやお菓子などの商品と抱き合わせる形で、カタログギフトをつけることもできます。「カタログギフトのほかに少しだけプレゼントもあげたい」という場合におすすめです。

親戚への結婚祝いの渡し方

親戚への結婚祝いの渡し方

結婚祝いの渡し方にはルールとマナーが存在します。「親戚だから」とマナーを守らずに渡してしまうと、相手に嫌な思いをさせたり「非常識だな」と感じさせたりすることにもなるため、注意しなければいけません。ここでは、親戚へ結婚祝いを渡す方法や基本的な決まりごとについて解説します。

本来であれば手渡しが基本

相手の家へ行って結婚祝いを手渡しすることが正式な渡し方です。その場合、可能であれば吉日の午前中がよいとされているため、日程を確認したうえで、吉日の中で相手の都合がよい日時に訪問しましょう。

相手の家が遠方の場合、結婚祝いを届けに行くのは大変です。ほとんど会ったことがない間柄で直接家へ行くのも、相手に気を遣わせてしまうことになります。その場合は送付してもよいでしょう。

結婚祝いギフトを渡すときのマナー

結婚祝いは渡すタイミングだけではなく、品物の体裁にもマナーがあります。贈り物にかけるのし紙は特に注意が必要です。

のしの種類

結婚祝いギフトでは包装紙の上からのしをかける「外のし」が一般的です。外のしにすることで、一目でわかるようにお祝いの気持ちを相手に伝えます。

水引の種類

結婚祝いに使うのし紙の水引は紅白の「結び切り」です。これは、二度とほどけないようにするためという意味があります。逆に、出産祝いなど何度あってもおめでたいことを祝う場合には紅白の蝶結びの水引です。

のしの書き方

表書きには、品物の場合は毛筆で上の段に「寿」「祝結婚」など、お金の場合は「御結婚御祝」「ご結婚祝い」などと書き、下の段に自分の名前を書きます。

親戚から結婚祝いをもらった時の対応

親戚から結婚祝いをもらった時の対応

自分が結婚した際には、親戚から結婚祝いをもらうことがあるでしょう。いただいたら電話などでお礼の連絡を入れます。電話が難しくてもお礼の手紙を書くなどお礼を伝えることは必須です。また、お礼の連絡をした後は返礼品を用意しましょう。ここでは、親戚から結婚祝いを受け取ったときの対応について解説します。

まずはお礼の連絡をしよう

結婚祝いを受け取ったら、なるべく早いタイミングでお礼と受け取った報告をするのがマナーです。連絡がないと「届かなかったのかな」と心配をかけてしまう可能性があります。

電話番号がわかる場合は電話をかけ、直接お礼の気持ちを伝えるのが望ましいでしょう。留守の場合は再度かけ直すか、留守番電話にお礼のメッセージを入れておきます。電話が難しい場合、手紙を送ってもよいでしょう。

親戚からお祝いをもらった側もお返しとしてカタログギフトが使える!

結婚祝いをいただいたら、お礼として結婚内祝いをお返しします。しかし、親戚への内祝いギフトは同年代ではない人へ贈る場合もあり、何が喜ばれるかわからないこともあるでしょう。

そのようなときに便利なのがカタログギフトです。「親戚への結婚内祝いはカタログギフト」と決めておけば、親戚の数が多く複数のお祝いをいただいた場合も返礼品の手配がスムーズに済みます。アイテム数が多く幅広い年代に喜ばれる内容になっているため、相手の年齢や家族構成を問わず贈ることができるのも重宝です。

とにもかくにも「カタログギフト」は重宝する

とにもかくにも「カタログギフト」は重宝する

結婚祝いに現金以外を贈る際はカタログギフトがおすすめです。価格帯が決まっていればすぐに贈ることができます。また、カタログギフトの専門業者に依頼すれば、多くの種類から選ぶことができたりラッピングなどのサービスが充実していたりするため安心で便利です。ここでは、結婚祝いにカタログギフトを利用するメリットについて解説します。

連絡を受けてから時間はあまりないケースも多い結婚祝い

結婚祝いは、結婚の報告を受けてから贈るまでの時間が比較的短いケースも少なくありません。忙しかったり、結婚祝いを贈ることに慣れていなかったりする場合などは、「何を贈ろう」と考えているうちに時間が過ぎてしまい、直前になって焦ることもあるでしょう。

カタログギフトは贈られた人が欲しいものを選ぶシステムのため、慌てて贈って喜んでもらえるものだったかと不安になることもありません。迷ったあげく渡すのが遅くなってしまうのを避ける意味でも、カタログギフトは重宝します。

どんな場合も価格帯・雰囲気を選ぶだけで贈れる

結婚祝いには相場価格があるため、品物を贈る場合は金額に注意して選ぶことになります。たとえば10,000円程度が相場だった場合、その金額に合ったものを探さなければいけません。相場とあまりにかけ離れた価格帯のものを選ぶと、失礼になったり気を遣わせたりしてしまいます。

カタログギフトの場合は価格設定が明確で、その中から相場価格のものを選ぶだけなので選びやすいといえます。カタログギフトのテイストや掲載アイテムはシリーズごとに異なるため、相手に合ったものを選ぶとよりよいでしょう。

カタログギフト専門業者ではサポートも充実

カタログギフトの専門業者はサービスやサポートが充実しているため、安心して利用できます。特にお祝いギフトで心配なマナーについての手厚いサポート体制は、専門業者を利用するメリットといえるでしょう。

ハーモニックでは、のしやラッピングのほか手提げ袋も無料で付けられ、手渡しにも送付にも対応しています。送料は全国無料です。お買い物に対するサービスとして次回の買い物に使えるポイントも付与されます。インターネットから簡単にいつでも注文できる点も嬉しいポイントでしょう。取り扱うのは高品質のギフトばかりで、お祝いギフトとして最適です。

ハーモニックのカタログギフトを見てみよう

「結婚祝いでカタログギフトを贈る前に、内容をチェックしたい」という人もいるでしょう。ハーモニックでは、全種類の中ページをホームページで閲覧することが可能です。「キッチン」「グルメ」などのカテゴリーコンテンツから該当ページに飛ぶこともできるため、自分が見たいところを簡単にチェックできます。

カタログサンプルの無料サンプル送付も行っているため、実際に手に取って中身や雰囲気をチェックすることも可能です。

まとめ

まとめ

親戚へ結婚祝いを贈る場合は、現金、品物のどちらにするとしても、相場や渡す時期、渡し方などのマナーを踏まえたうえで贈るようにしましょう。

すぐに結婚祝いを贈る必要がある、相手の好みがわからないなどの場合にはカタログギフトがおすすめです。贈られた相手が幅広いカテゴリーから選べるため、気に入るものを見つけてもらえるでしょう。

ハーモニックで取り扱うカタログギフト数は業界トップクラスです。価格設定の幅の広さだけでなく、グルメに特化したものや人気セレクトショッププロデュースのものなど種類も豊富で、贈る相手にぴったりのカタログギフトを見つけられるでしょう。親戚へ結婚祝いを贈る予定があるときは、ぜひハーモニックのサイトをご覧ください。

結婚祝い関連記事

友人への結婚祝いの相場はどのくらい?

友人への結婚祝いの相場はどのくらい?

慶事でのマナー違反を避けるためにも一般的な相場を知ることが大切です。そこでこの記事では、結婚祝いの相場についてご紹介します。結婚祝いの形式やおすすめの贈り物についても解説しますので、結婚祝いを渡すことを考えている方はぜひ参考にしてください。

→記事を読む

結婚祝いには手紙を添えよう!送り先ごとの例文でわかりやすく書き方を解説

結婚祝いには手紙を添えよう!送り先ごとの例文でわかりやすく書き方を解説

結婚祝いの手紙は新郎新婦への祝福の気持ちを伝えることが大切です。相手ごとに書き方のポイントや例文を知っていると、よりお祝いの気持ちの伝わる手紙が書けるでしょう。この記事では、実際に使える例文や喜ばれる手紙の書き方のポイントをご紹介します。

→記事を読む

結婚祝いを渡す際のマナーは?おすすめのプレゼントも紹介します!

結婚祝いを渡す際のマナーは?おすすめのプレゼントも紹介します!

友人や同僚の結婚に際して、特に親しくしている相手にはご祝儀以外にもプレゼントを用意したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では結婚祝いを贈ろうと考えている方に向けて、マナーの解説や喜ばれるプレゼントの例を紹介していきます。思い出に残る素敵なプレゼントの参考にしてみてください。

→記事を読む

結婚祝いの「のし」書き方のポイント

結婚祝いの「のし」書き方のポイント

結婚祝いを贈る際、のしをかける際の水引の色や本数、書き方なども正しい知識を身に付ける必要があります。 この記事では、結婚祝いの「のし」のポイントについてご紹介します。

→記事を読む

結婚祝いを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

結婚祝いを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

挙式する場合と挙式しない場合によって、贈るタイミングが異なるので注意しましょう。この記事では、結婚祝いを贈る時期についてご紹介します。

→記事を読む

結婚祝いで人気の高い定番ギフトは?おすすめギフトや金額相場もご紹介

結婚祝いで人気の高い定番ギフトは?おすすめギフトや金額相場もご紹介

結婚祝いを贈ることになったので、人気のあるギフトを知りたいという人もいるのではないでしょうか。中でも選ばれることが多い定番ギフトについて知っておけば、新婚生活に役立ち夫婦で楽しめる結婚祝いを贈れます。結婚祝いの場合は相手だけでなく、相手の配偶者のことも考えて決めたほうがよいでしょう。

→記事を読む

結婚祝いに人気のカタログギフト

結婚祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ