出産内祝い ママとベビーから“ありがとう”の贈り物

  • 出産内祝いギフト
  • ランキング
  • 価格で選ぶ
  • 贈る相手で選ぶ
  • 無料サービス
  • ギフトマナー

カタログギフト

内祝いギフトの定番!!
カタログギフトをお探しの方はこちら

世代を問わずどなたにでも喜ばれるカタログギフト。価格帯も豊富だからご予算に合わせてお選びいただけます。

詳しくはこちら

名入れギフト

名入れギフト、お菓子、タオル、
雑貨をお探しの方はこちら

定番のカステラや洋菓子、お米や麺類、ジュースなど、人気の名入れギフトを豊富にご用意しました。

詳しくはこちら

※提携サイト「Happy Baby」でお買い求めいただけます。

カタログギフトを価格で選ぶ

出産内祝いは、いただいたお祝いの半分ぐらいの金額をお返しするのが相場です。
1万円のお祝いをいただいたのであれば、出産内祝いの金額は5,000円程度を選ぶと良いでしょう。

カタログギフトを贈る相手で選ぶ

「お祝いをいただいたけど、何をお返ししたらいいの?」迷ったときはここをチェックして!
贈る相手別のおすすめアイテムをセレクトしました。

ご親族・ご親戚に

上司・職場の同僚に

ご近所・ファミリーに

友人・ママ友に

贈る気持ちを演出するギフトサービス

※提携サイト「Happy Baby」はサービスが異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

のし・包装紙・リボン無料サービス

のし・包装紙・リボンのほか、手提げ袋も無料サービス。(一部商品を除く)

1冊のみ・複数のお届けも送料無料(一部商品を除く)

カタログギフト1冊のみのご購入や複数のお届け先でも送料無料(一部商品を除く)。

お得にお買い物ポイントサービス

新規会員登録で今すぐ使える100ポイントプレゼント。さらに購入金額の5%をポイント還元。

挨拶状無料サービス

ご利用シーンにあわせてご希望の挨拶状をお選びいただけます。

出産内祝いのマナーと豆知識

出産祝いのお返しを贈る「時期や金額の相場」、「のし・表書き」など気をつけないといけないマナーや、
出産内祝いを贈る際に知っておきたい豆知識をご紹介いたします。

出産内祝いを贈る「時期」について

生後一ヶ月頃に贈るのが一般的です。
地域によって異なりますが、大体お宮参りの頃を目安に贈ります。生後一ヶ月以上たってからお祝いをいただいた場合、その都度、あまり間を空けずに内祝いを贈りましょう。

出産内祝いの「金額の相場」は?

お祝いにいただいた金額の半額程度をお返しするが一般的です。
ただし、両家のご両親や親族、目上の方から高額のお祝いをいただいた場合は、三分の一程度でもかまいません。感謝の気持ちを伝えることが大切なので、相場にはこだわらず、相手の方に喜んでもらえる贈り物をしましょう。

出産内祝いの「のし紙」について

水引は紅白蝶結びを選びます。
のし上には「内祝」、のし下には「赤ちゃんの名前」を記入します。

出産内祝いの「のしの表書き」について

出産内祝いの品物を、贈り先様のご自宅へ持参する場合は、紅白蝶結びの水引ののし紙に、内祝と表書きし、下に赤ちゃんの名前だけを記入します。
内祝いを贈る夫婦の名前ではなく、赤ちゃんの名前を書くのは、出産祝いをいただいた方に、赤ちゃんの名前をお披露目するという意味合いもあります。読みやすい名前でも、読みにくい名前でも、必ずふりがなをふっておくことを忘れないようにしましょう。

出産内祝いの「お礼状」の書き方

出産祝いをいただいた方には、お礼のメッセージ(添え状)を同封し、出産内祝いを贈ります。
出産祝いで品物をいただいた場合は、その品物の感想なども記載すると、感謝の気持ちがより伝わります。目上の人に手書きで丁寧なお礼状を出す場合は、失礼のないように気を付けましょう。便箋は縦書き用を選び、レポート用紙やコピー用紙などに書かないように注意します。筆記用具は筆、万年筆が好ましく、ボールペンでもかまいません。
手紙は、「拝啓」などの頭語から始まり、「敬具」などの結語で終わる、格調が高く相手に対して敬意を表するスタイルにします。敬語、敬称の使い方にも気を付けましょう。