お歳暮を贈る最適なタイミングとは?

お歳暮を贈る最適なタイミングとは?

日ごろお世話になっている方々に、1年の締めくくりとして、お礼の気持ちを込めて贈るのがお歳暮。

お歳暮は、地域によって贈る時期が異なるので、最適な時期を把握しておくといいでしょう。この記事では、お歳暮を贈るタイミングをご紹介していきます。
▼ カタログギフトのハーモニック ▼カタログギフトのハーモニック

地域によるお歳暮を贈る時期の違い

お歳暮は、今年お世話になった方や取引先などに感謝の気持ちを込めて12月に贈るものですが、地域によって贈る時期に違いがあります。一般的には、12月13日から20日までに贈るといいとされていますが、受け取る方の地域の習慣に合わせて贈ると喜ばれます。

関東

お歳暮は、お正月の準備を始める12月13日の「正月事始めの日」から年の瀬が近づき忙しくなる前の20日までに送るのが一般的ですが、関東のほうが少し早く12月初旬から31日までとなっています。

最近では、11月頃からお歳暮商戦が始まるので、贈る時期が早くなっていますが、あまりにも早く贈るとお歳暮ではなくなってしまいます。

関東以外の地域

関東以外では、お正月事始めの日の12月13日から31日までに贈るようにします。とくに関西では、関東流に12月初旬にお歳暮を贈ると「常識がない人」と思われてしまうこともあります。

いずれにしても、12月31日までに贈れば、「お歳暮」になりますが、あまり年末に近いと相手に迷惑をかけてしまうこともあるので、遅くとも25日までに届くようにするといいでしょう。しかし、贈るものがお正月用の肉や魚などの場合は、遅いほうがいい場合もあります。

▼ カタログギフトのハーモニック ▼カタログギフトのハーモニック

お歳暮関連記事

お歳暮の相場と人気カタログギフトランキングTOP3

お歳暮の相場と人気カタログギフトランキングTOP3

日ごろお世話になっている方々に、1年の締めくくりとして、お礼の気持ちを込めて贈るのがお歳暮。それでは、お歳暮には、どのようなマナーがあるのでしょうか。この記事では、お歳暮の相場と人気のカタログギフトランキングをご紹介します。

→記事を読む

お歳暮のお礼状の書き方は?ビジネス・個人別の例文とマナーを紹介

お歳暮のお礼状の書き方は?ビジネス・個人別の例文とマナーを紹介

お歳暮をいただいたら品物に満足するだけで終わらず、相手にお礼状を書く必要があります。そこでこの記事では、シーン別にお歳暮のお礼状の書き方や例文、マナーをご紹介します。

→記事を読む

お歳暮のマナーを意識した正しい選び方とは?

お歳暮のマナーを意識した正しい選び方とは?

日ごろお世話になっている方々に、1年の締めくくりとして、お礼の気持ちを込めて贈るのがお歳暮。それでは、お歳暮には、どのようなマナーがあるのでしょうか。お歳暮の品物選びに失敗しないためにも、マナーを意識した選び方をご紹介します。

→記事を読む

お歳暮の「のし」のマナー

お歳暮の「のし」のマナー

日ごろお世話になっている方々に、1年の締めくくりとして、お礼の気持ちを込めて贈るのがお歳暮。お歳暮の贈り方は時代とともに変化をしてきましたが、現在も変わらないマナーもあるため、お歳暮を贈る際は知っておくべきでしょう。ここでは、知らないと困るお歳暮の「のし」のマナーをご紹介します。

→記事を読む

お歳暮の記事一覧

お歳暮の記事一覧

「お歳暮」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「お歳暮」も紹介します。

→記事を読む

お歳暮でよくあるご質問(FAQ)

お歳暮でよくあるご質問(FAQ)

「お歳暮」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングなど、「お歳暮」でよくあるご質問(FAQ)をご紹介します。

→記事を読む

お歳暮に人気のカタログギフト

お歳暮に人気のカタログを価格帯から選ぶ