知っておきたいギフトマナー
「のし袋」基本の書き方

知っておきたいギフトマナー「のし袋」基本の書き方

表書きを書く際の注意

まずのし袋に表書きを書く際には、祝儀、不祝儀ともにできれば毛筆や筆ペンを使って書きましょう。 万年筆やボールペンでは不作法となるために使わないように気を付けてください。

また筆記具の色には黒色を使うことが一般的です。 お祝い事には濃い黒色を使い、葬式や法事などの仏事には薄墨を使用することがあります。 ちなみに薄墨を使用する理由としては、あまりの悲しみで墨を摺る力が入らないからという説があります。

表書きはバランスが重要です

次に表書きと言われる個所をご紹介します。「御祝」や「出産祝」などの表書きは祝儀袋と水引の位置とのバランスを整えて書きましょう。 文字が水引にかかることがないように字配りやスペースの配分などを考慮してください。

同様に表書きの氏名を書く際には、結び目の中央下に上書きより小さく書きます。 通常の御祝ではフルネームを書きますが、お返しや内祝いでは名字だけを書くのが一般的です。 なお複数の名前を記載する場合には、格上の順に右から左へ並べて書いてください。 同格の方が並んだ場合には、五十音順で書くと良いでしょう。

心を落ち着けて

ところで毛筆や筆ペンを使う機会が少ないと、文字を書く際に緊張しませんか? たまにしか使わない筆文字だとつい緊張してしまうものですね。

上手・下手よりも、まずは丁寧に心をこめて書くことが求められることと思います。 受け取る人の事を思いながら、人の手ならではの文字で一文字ずつゆっくり書いていきたいものです。

粗品・ご挨拶・お礼などにおすすめのカタログ
テイク・ユア・チョイス
業界トップクラスのカタログギフト
テイク・ユア・チョイス
全16コース
3,080円~55,880円 (税込・システム料込)
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。

▼ カタログギフトのハーモニック ▼
カタログギフトのハーモニック

更新日:

新サービス登場! お急ぎ便 AM8時までのご注文で当日発送
メルマガ登録で最大1,000円OFFクーポンGETメルマガ登録で最大1,000円OFFクーポンGET
この記事を書いた人ハーモニックハーモニック編集部
「人と人の間に立ち、思いやりや感謝の気持ちをつなぐ。」というミッションの下、ギフトを贈る時に役立つ便利な情報を発信しています。
記事の内容は、20年以上、お客様のギフトに関する質問にお答えしてきた専門スタッフが監修しています。ぜひ、贈り物の参考にしてみてください。

粗品・ご挨拶・お礼など関連記事

初節句とは?お祝いの金額・相場、贈る時期とマナー

初節句とは?お祝いの金額・相場、贈る時期とマナー

生まれて間もない赤ちゃんの初節句は、とても喜ばしいことです。しかし、初めての場合はどのようにお祝いを贈ればいいのかわからないこともあると思います。初節句の意味からお祝いの基本マ...

→記事を読む

退職祝いのお返しは必要?マナーやお礼状例文、相手別おすすめギフトをご紹介

退職祝いのお返しは必要?マナーやお礼状例文、相手別おすすめギフトをご紹介

退職の際、お世話になった方からギフトをいただいたり、送別会を開いてもらったりすることがあります。そこで今回、お返しをしたほうが良いのか解説します。また、お返しの品の相場やお礼状...

→記事を読む

お礼の品を渡す際に気をつけたいポイントとマナーをご紹介

お礼の品を渡す際に気をつけたいポイントとマナーをご紹介

お礼の品を贈る際は、相手を不快にさせないよう、渡し方やお礼品の選び方など、さまざまな点でマナーを守らなければなりません。この記事で、マナーをチェックし、感謝が伝わるお礼を贈りま...

→記事を読む

お礼の「のし紙・表書き」はどうすれば良い?

お礼の「のし紙・表書き」はどうすれば良い?

この記事では、お礼の「のし紙・表書き」についてご紹介します。

→記事を読む

【就職祝いのお返しマナー】時期・相場・のしや、おすすめの贈り物をご紹介

【就職祝いのお返しマナー】時期・相場・のしや、おすすめの贈り物をご紹介

晴れて社会人の仲間入りをしたことを祝って、親しい人から贈られる「就職祝い」。受け取った後、お返しは必要なのでしょうか?そこでこの記事では、そんな疑問や、もしお返しをする場合のマ...

→記事を読む

粗品・ご挨拶・お礼などの記事一覧

粗品・ご挨拶・お礼などの記事一覧

「粗品・ご挨拶・お礼など」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相...

→記事を読む

粗品・ご挨拶・お礼などに人気のカタログギフト

粗品・ご挨拶・お礼などに人気のカタログを価格帯から選ぶ

3,000円前後

4,000円前後

5,000円前後

6,000~7,000円

8,000~9,000円

10,000~20,000円

30,000~50,000円

50,000円~

ページ
上部へ