開店祝いの贈り方~マナーや定番品~

開店祝いの贈り方~マナーや定番品~

昔から付き合いのある知人が新しくお店を持つことになったり、取引先の人が独立したりした場合などに、新しい門出を祝う気持ちを込めて贈るのが「開店祝い」や「開業祝い」です。

自分もお店を持っている人の場合は、横のつながりも多いため、開店祝いを贈る機会も多いでしょう。しかし、これまで開店祝いを贈る機会がなく「初めてでどうしていいかわからない」という人もいるかと思います。

そこで、新しいお店や事務所のオープンを祝うために贈る開店祝いのマナーや、選ぶべき品物をご紹介します。

開店祝いってどんなもの?

新しくお店を開いた人に対して、周りの人が贈り物をするのが「開店祝い」です。

お店がリニューアルオープンした場合にも、開店祝いを贈ります。
新しくできた飲食店などに、「祝 開店」などと書かれたスタンド花や鉢植えが飾られているのを見たことがある方も多いでしょう。これは、開店祝いとして贈られた花を飾っているのです。

事務所を新たに開いた人に対しては「開業祝い」、病院を開業した人に対しては「開院祝い」を贈ります。

開店祝いを渡す時期

開店祝いを渡す時期

開店祝いは、「開店日よりも前に渡す」のがマナーです。とはいえ、あまりに早く渡すのも迷惑になりますから、開店日の1週間前から前日までを目安に贈るようにしましょう。開店記念のパーティーに参加する場合は、そのときに持参すれば問題ありません。

万が一、開店祝いが開店前日までに間に合わなかった場合も、開店日から1ヵ月くらいまででしたら「開店祝い」として贈ることができますが、お祝いが遅れたことについて一言添えるようにしましょう。

また、開店祝いとして贈るのではなく、「祈御発展」という表書きにしたり、1周年の記念日に改めて贈り物をしたりする場合もあります。

開店祝いの関係別の相場

開店祝いの関係別の相場

開店祝いの相場は、5,000~50,000円程度とかなり幅があります。相手との関係によって金額を決めましょう。

相手との関係 お祝いの目安
取引先 10,000~30,000円
親密な取引先 50,000円
親子 30,000~50,000円
兄弟・姉妹 20,000~30,000円
友人 5,000円~30,000円

開店祝いはお祝い事ですから、「いくらにしよう」と迷ったときは、関係性を考慮した上で高めの金額設定をしておくと安心です。

開店祝いにおすすめのカタログ
テイク・ユア・チョイス
業界トップクラスのカタログギフト
テイク・ユア・チョイス
全16コース
3,080円~55,880円 (税込・システム料込)
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。

開店祝いのマナー

開店祝いのマナー

開店祝いに現金を包むときは、紅白の花結びの水引、もしくはあわじ結びの水引を使います。ただし、品物を贈る場合は、花結びの水引を使いましょう。

表書きは「御開店御祝」(お店を開いた場合)、「御開業御祝」(事務所を開いた場合)、「御開院御祝」(病院など、「院」と名のつく施設を開いた場合)とします。下部には、贈り主の名前をしるしましょう。

また、開店祝いには、鉢植えなどの花を贈ることもよくあります。この場合は、のしの代わりに「祝 御開店」「祝 御開業」「祝 御開院」といった立て札を使います。この場合も、立て札に自分の名前をしるします。会社同士のやり取りの場合は、会社名や肩書きも添えるようにしましょう。

親しい人に開店祝いを贈るときは、「ご開店おめでとうございます。今後の御発展をお祈り申し上げます」といったメッセージカードを添えるとより丁寧です。また、お祝いの花を取り扱っている店舗の中には、メッセージカードをつけられるサービスを行っているところもありますので、積極的に利用しましょう。

おすすめの開店祝い定番商品

おすすめの開店祝い定番商品

開店祝いや開業祝いの定番は、やはり鉢植えの花です。

特に多く利用されているのが、高級感のある胡蝶蘭の鉢植えです。新しくオープンした店舗や事務所に花が多く飾られているというのは、見た目にも美しく華やかなため、おすすめのギフトです。とはいえ、顔の広い人の場合、あまりにも鉢植えをたくさんもらいすぎて置けなくなってしまうこともあります。特に小さなお店や病院などを開いた場合は、十分な置き場所があるか確認したり、場所を取る大きな飾りのついた鉢などを贈らないようにしたりするといった配慮も必要です。

現金や商品券なども開店祝いとしてしばしば贈られます。しかし、親しい友人の場合は、開店祝いの相場がそれほど高くないことから、現金や商品券よりも、実用的なギフトなどが好まれます。
開店直後は慌ただしいため、少し落ち着いてからゆっくり希望の品を選ぶことができるカタログギフトもおすすめです。


反対に避けるべき品としては、「火事を連想させる物」と「競合他社の商品」が挙げられます。

火事はお店や事務所などにとって非常に縁起の悪いものです。灰皿やキャンドルなどのような、火につながる贈り物をしないようにしてください。

開店祝いは、贈る相手との関係性によって大きく相場が異なります。また、何を贈るかも相手の希望や業種、店舗のレイアウトなどによって変わります。まずは情報を集めて、迷惑にならず、心から喜んでもらえるようなお祝いを贈りましょう。

関連記事
開店祝いのお返しは必要?お礼状の書き方や文例、おすすめの品物とは
開店祝いのお返しや、お披露目会を行う場合のポイントを知っておきましょう。

▼ カタログギフトのハーモニック ▼
カタログギフトのハーモニック

更新日:

新サービス登場! お急ぎ便 AM8時までのご注文で当日発送
メルマガ登録で最大1,000円OFFクーポンGETメルマガ登録で最大1,000円OFFクーポンGET
この記事を書いた人ハーモニックハーモニック編集部
「人と人の間に立ち、思いやりや感謝の気持ちをつなぐ。」というミッションの下、ギフトを贈る時に役立つ便利な情報を発信しています。
記事の内容は、20年以上、お客様のギフトに関する質問にお答えしてきた専門スタッフが監修しています。ぜひ、贈り物の参考にしてみてください。

粗品・ご挨拶・お礼など関連記事

初節句とは?お祝いの金額・相場、贈る時期とマナー

初節句とは?お祝いの金額・相場、贈る時期とマナー

生まれて間もない赤ちゃんの初節句は、とても喜ばしいことです。しかし、初めての場合はどのようにお祝いを贈ればいいのかわからないこともあると思います。初節句の意味からお祝いの基本マ...

→記事を読む

退職祝いのお返しは必要?マナーやお礼状例文、相手別おすすめギフトをご紹介

退職祝いのお返しは必要?マナーやお礼状例文、相手別おすすめギフトをご紹介

退職の際、お世話になった方からギフトをいただいたり、送別会を開いてもらったりすることがあります。そこで今回、お返しをしたほうが良いのか解説します。また、お返しの品の相場やお礼状...

→記事を読む

お礼の品を渡す際に気をつけたいポイントとマナーをご紹介

お礼の品を渡す際に気をつけたいポイントとマナーをご紹介

お礼の品を贈る際は、相手を不快にさせないよう、渡し方やお礼品の選び方など、さまざまな点でマナーを守らなければなりません。この記事で、マナーをチェックし、感謝が伝わるお礼を贈りま...

→記事を読む

お礼の「のし紙・表書き」はどうすれば良い?

お礼の「のし紙・表書き」はどうすれば良い?

この記事では、お礼の「のし紙・表書き」についてご紹介します。

→記事を読む

【就職祝いのお返しマナー】時期・相場・のしや、おすすめの贈り物をご紹介

【就職祝いのお返しマナー】時期・相場・のしや、おすすめの贈り物をご紹介

晴れて社会人の仲間入りをしたことを祝って、親しい人から贈られる「就職祝い」。受け取った後、お返しは必要なのでしょうか?そこでこの記事では、そんな疑問や、もしお返しをする場合のマ...

→記事を読む

粗品・ご挨拶・お礼などの記事一覧

粗品・ご挨拶・お礼などの記事一覧

「粗品・ご挨拶・お礼など」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相...

→記事を読む

粗品・ご挨拶・お礼などに人気のカタログギフト

粗品・ご挨拶・お礼などに人気のカタログを価格帯から選ぶ

3,000円前後

4,000円前後

5,000円前後

6,000~7,000円

8,000~9,000円

10,000~20,000円

30,000~50,000円

50,000円~

ページ
上部へ