敬老の日のギフトにおける
「のし」の書き方とマナーをご紹介

敬老の日のお祝いののし(熨斗)の書き方は?

敬老の日のお祝いののし(熨斗)の書き方は?

敬老の日のプレゼントを贈るときに、のしについて悩んでしまう人も多いでしょう。正しいマナーで贈りたい、感謝の気持ちをきちんと伝えたいというときには、基本マナーを把握しておくことが大切です。お祝いののしの書き方について詳しくご紹介します。

紅白や金銀の蝶結びの水引を選ぶ

敬老の日のお祝いののしは、紅白や金銀の蝶結びの水引を選びましょう。敬老の日は高齢者を敬いながら感謝の気持ちを伝える日ですが、同時に長寿をお祝いする日でもあります。

これから何年も長寿のお祝いができますようにという気持ちを込めて、のしは紅白や金銀の水引がついたものを用意しましょう。この水引は、結び方の種類や紐の色で適したシーンが異なります。

敬老の日は何度もお祝いをしたい日であるため、結び直せる、何度も繰り返せるという意味を含んでいる蝶結びの水引にするのがおすすめです。最近はラッピングやリボンに負けないおしゃれな水引が出ているので、相手の好みにあわせて探してみるのも楽しいでしょう。

表書きの書き方

のしの表書きは「祝 敬老の日」や「敬寿」と書くのが定番です。敬老の日に使うことのできる表書きは複数あります。敬老の日は特定の年齢をもって祝うものではないため、決まった表書きがありません。

そのなかでも一般的にわかりやすい「祝 敬老の日」が使われることが多くありますが、どのようなお祝いにも使うことができる「敬寿」もおすすめです。なお「おじいちゃん、おばあちゃん、いつもありがとう」などのメッセージを表書き代わりに入れることもあるようです。

のしの下半分には、贈る側の名前を書きましょう。用意するのは親でも、孫から贈る場合は孫の名前を書くのがおすすめです。孫も含めて家族一同から贈るときには、名字だけにしておくとよいでしょう。

敬老の日におすすめの
カタログギフトはこちら ▶

▼ カタログギフトのハーモニック ▼
カタログギフトのハーモニック

敬老の日関連記事

敬老の日の相場は? 敬老の日にオススメの商品も一緒にご紹介!

敬老の日の相場は? 敬老の日にオススメの商品も一緒にご紹介!

敬老の日の金額は、家庭の事情によっても変わるものですから、「必ずいくら以上でなければいけない」という決まりはありません。 しかし、お世話になっている目上の人に贈るという性質上、...

→記事を読む

敬老の日に贈るメッセージのマナーや例文をご紹介

敬老の日に贈るメッセージのマナーや例文をご紹介

敬老の日にプレゼントを贈る際には、メッセージを添えるのもおすすめです。プレゼントだけでもおじいちゃん、おばあちゃんへの思いは伝えられますが、はっきりと言葉にすることで、気持ちが...

→記事を読む

敬老の日のプレゼントのマナーは?NGギフトもご紹介

敬老の日のプレゼントのマナーは?NGギフトもご紹介

敬老の日は、高齢者を敬愛し長寿を祝う日です。いつまでも元気でいて欲しいという気持ちを込めて、家族やお世話になっている人にプレゼントを贈りたいと思う方もいるのではないでしょうか。...

→記事を読む

今年の敬老の日はいつ?敬老の日のマナーと贈るタイミング

今年の敬老の日はいつ?敬老の日のマナーと贈るタイミング

敬老の日のギフトはいつ贈るのか?この記事では、贈り物をするタイミングについてご紹介します。

→記事を読む

敬老の日の記事一覧

敬老の日の記事一覧

「敬老の日」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマ...

→記事を読む

敬老の日でよくあるご質問(FAQ)

敬老の日でよくあるご質問(FAQ)

「敬老の日」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと祖父母に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、贈るタイミングなど、...

→記事を読む

敬老の日に人気のカタログギフト

敬老の日に人気のカタログを価格帯から選ぶ

3,000円前後

4,000円前後

5,000円前後

6,000~7,000円

8,000~9,000円

10,000~20,000円

30,000~50,000円

50,000円~

ページ
上部へ