退職祝いのお返しは必要?
お礼状の書き方や相場、贈る時期とは

長く勤めた会社を退職する際には、記念の品や花束などの「退職祝い」をもらうことがあります。 お返しはどうすべきか気になるところですが、ある程度「お互い様」と言えるものですから、基本的にお返しは必要ありません。感謝の気持ちを表したい場合は、退職後、落ち着いたころにお礼状を出せば十分です。

しかし、「特に親しくしていた上司が、個別にお祝いをくれたような場合」や「お世話になった同僚に何か贈りたい場合」「会社の慣習としてお返しが当然となっているような場合」などには、お返しをするのがおすすめです。

ここでは、退職祝いのお返しを渡す時期や贈り方のほか、相場、定番品・おすすめの品についてまとめてご紹介します。



   目次


  1. 退職祝いに対するお礼状やお返しを贈る時期は?

  2. 退職祝いのお返しの贈り方は?

  3. 退職祝いのお返しの相場は?

  4. 退職祝いのお返しに何を贈るべきか?






1. 退職祝いに対するお礼状やお返しを贈る時期は?



退職祝いをもらってから、1週間以内を目安にお礼状を送る、もしくはお返しの品物にお礼状を添えて贈ります。

ただし、部署の同僚に贈る場合は、必ずしも退職してから贈る必要はなく、退職の日にみんなで分けられるスイーツの詰め合わせなどを持っていってもかまいません。その場合、お礼状はのちほど改めて送るといいでしょう。

なお、寿退社で結婚祝いと兼ねて退職祝いをもらったケースは、贈り主が披露宴に出席しない場合、結婚式が終わって1ヵ月以内に結婚内祝いを贈りましょう。
結婚式を行わない場合は、なるべく早く贈るようにします。披露宴に出席もしてもらっている場合は、受け取った金品の半分ぐらいを目安にお礼を贈ります。


退職祝いのお礼状の文例
参考までに、退職祝いのお礼状の文例をいくつかご紹介します。

<定年退職の場合(特に親しかった上司へ)>
拝啓
軽暖の候、○○様におかれましては
ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度は、私の退職に際しまして送別会を催していただいた上に、
心のこもったお言葉と退職記念の品を頂戴いたしまして、
誠にありがとうございました。
また、在職中は公私にわたりお世話になりましたこと、
心より厚く御礼申し上げます。
今後は妻とともに趣味の○○や旅行を存分に楽しみながら、
充実した人生を過ごしていきたいと思っております。
略儀ながら、まずは書中をもちまして御礼申し上げます。
敬具


<寿退社の場合(部署の同僚たちへ)>
拝啓
早春のみぎり、○○部の皆様、お元気でご活躍のことと存じます。
先日は、心温まる送別会を開いていただき、本当にありがとうございました。
また、皆様からの温かいお手紙とお祝いの品をいただきまして、
誠に感謝しております。
在職中は、皆様の温かいお心添えにより、
楽しく充実した日々を過ごせましたことを心より感謝いたします。
皆様からいただいた励ましの言葉を胸に、これからは夫とふたり、
温かい家庭を築いていく所存でございます。
どうぞ今後ともお付き合いをお願いいたしますとともに、
皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。
略儀ではございますが、まずは書中をもちまして御礼申し上げます。
敬具




2. 退職祝いのお返しの贈り方は?



退職祝いのお返しの品物には、紅白で蝶結びの水引がついたのし紙を掛けます。

表書きは「御礼」が基本ですが、寿退社で結婚祝いと兼ねてお祝いをもらったときは「結婚内祝」とします。下には自分の苗字を書きます。

お返しを贈ることで、かえって相手に気を使わせてしまいそうな場合は、代わりにお中元やお歳暮を贈るのもいい方法です。
その際には、「いただいた食事券で久しぶりに妻との外食を楽しむことができました」など、退職祝いのお礼であることがわかるようにメッセージを添えるといいでしょう。




3. 退職祝いのお返しの相場は?



受け取った品物の価格の半額から3分の1程度の額が目安です。
取引先や上司には半額程度を、同僚や部下なら3分の1程度にしておくと無難です。




4. 退職祝いのお返しに何を贈るべきか?



相手別に、退職祝いのお返しの定番品や、おすすめの品物をご紹介します。

・個別に贈る場合
相手の好みを熟知しているような親しい間柄なら、趣味の品や好きな食べ物、お酒などが定番です。

関係がそこまで濃くない間柄であれば、高級感のある文房具や高級タオル、ハンドクリームなどの日用品もよく選ばれています。


・部署の同僚一同に贈る場合
個別包装のお菓子の詰め合わせや、コーヒー・お茶といったオフィスで消費できる飲み物、オフィスに飾ることができる観葉植物などが定番です。

また、一人ひとりに贈る場合は、ハンドタオルやハンカチ、マグカップなど、会社でも使える実用品を贈るといいでしょう。かわいらしい入浴剤やタオルなども人気があります。


・家族に贈る場合
退職のお祝いに、子供たちや妻(もしくは夫)からプレゼントをもらった場合も、やはりお返しをするのがいいでしょう。格式ばる必要はまったくありません。

例えば、キッチン用品や掃除用品、趣味の品がおすすめです。子供なら好みを聞いた上で、ほしい物を贈るといいでしょう。



退職のお祝いをしてくれた身近な人の顔を思い浮かべながら、プレゼントを選んでみてください。
きっと相手も喜んでくれると思いますよ。


退職祝いのお返し関連記事

記事はありませんでした

退職祝いのお返しに人気のカタログギフト