出産内祝いでもらって思わずうれしくなる!
メッセージカードの例文を一挙大公開!

出産内祝いでもらって思わずうれしくなる!メッセージカードの例文を一挙大公開!

出産内祝いを贈るときに、どのようなメッセージを添えて贈ればよいか迷ってしまうという方もいるのではないでしょうか。

メッセージカードは感謝の気持ちを伝えるツールです。メッセージカードを添えることで相手への感謝の気持ちや赤ちゃんが産まれたことの喜びをはっきりと伝えることができます。

そこでこの記事では、出産内祝いのギフトに添えるメッセージカードの作成方法や例文についてご紹介します。この記事を読むことで、心のこもったメッセージの作り方などがわかります。

▼ カタログのご購入はこちらから ▼出産内祝い(お返し)のカタログギフト

喜ばれるメッセージカードを書くための基礎知識と例文

喜ばれるメッセージカードを書くための基礎知識と例文

メッセージカードの文字数は、シンプルに80~120文字程度にまとめるようにします。後述するお礼状であればいろいろと細かく書けますが、カードはスペースも限られているため、要点だけ述べてすっきり見せることが大切です。

また、意外と知られていないマナーがあるため注意が必要です。基本的なメッセージカードの書き方や例文を見てみましょう。

メッセージカードのマナー

もともと出産内祝いには、赤ちゃんが生まれた喜びやめでたさなどの幸せを他人にお裾分けする意味があります。現在では出産祝いに対するお返しの意味が強いですが、その頃の名残や義務的なお返しと捉えられないよう「お返し」という言葉は使わないようにします。

また、世の中には赤ちゃんが欲しくてもできないという人もいます。経済的な事情があり断念している人もいるでしょう。「次は〇〇さんの番ですね」などデリカシーのない表現はしないよう気をつけましょう。

ポイントは伝えるべき内容だけに絞り込み、だらだらとした文章にしないことです。「自分の言葉でたくさん感謝を述べたい」という方もいますが、カードに書ける文字数は限られているので、簡潔さを心がけることが大切です。どうしてもたくさんの言葉を伝えたい場合は、あわせて電話でお礼をするといいでしょう。

メッセージ内容

出産内祝いのメッセージにおいて、伝えるべきことは次の4点です。

①感謝の気持ち

いただいたお祝いに対して「この度はお祝いをいただき誠にありがとうございました」のようにお礼を伝えましょう。

②赤ちゃんの名前や由来

「名前は〇〇の願いを込めて〇〇と名付けました」と感謝の気持ちに続けて書く方法と、「命名〇〇 〇月〇日生まれ」のように箇条書きにしてメッセージの冒頭に書く方法があります。

③母子の現状

出産後の母子の様子も相手にとって気になるものです。そのため「母子ともに元気に過ごしております」のような現状を知らせる一文を入れます。

④結びのあいさつ

最後に、今後も付き合いを継続したいという願いや相手への心遣いの気持ちを結びのあいさつとして書きます。カードに書ける文字数は限られているため、シンプルな文章を意識しましょう。

メッセージカードの例文(1)

伝えるべき4点を盛り込んだメッセージカードの例文を紹介します。

次の例文はオーソドックスな内容ですが、名前の由来を盛り込むことでその家庭ならではのオリジナル性が出ています。

この度はお祝いをいただき誠にありがとうございました。
名前は〇〇の願いを込めて〇〇(ふりがな)と名付けました。
おかげさまで日々すくすくと成長しております。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

メッセージカードの例文(2)

次の例文は赤ちゃんの情報を箇条書きにして、すっきりと見せる例文です。出生時の体重や身長も書くことで写真だけではわからない赤ちゃんの大きさなどを伝えられます。

命名〇〇
〇〇年〇〇月〇〇日生まれ
体重〇〇g 身長〇〇cm

この度はお心遣いをいただき誠にありがとうございました。
母子ともに元気に過ごしております。
時節柄くれぐれもご自愛くださいませ。

メッセージカードの例文(3)

続いては、カジュアルな雰囲気で書かれた例文です。少しカジュアルすぎるように感じられますが、身内や仲のよい友達などに送る場合には、こういったシンプルなメッセージのほうが堅苦しくなくて喜ばれるでしょう。

先日はかわいらしい出産祝いをいただき、誠にありがとうございます。
おかげさまで、母子ともに毎日元気に過ごしております。
ささやかではございますが、内祝の品をお贈りいたします。
今後とも末永くお付き合いいただけますよう、よろしくお願いいたします。

メッセージカードの例文(4)

次の例文は、少し丁寧に書いた例文です。あらたまった相手に感謝の気持ちを伝えたい場合には、内容を詳しく書いて相手にお礼の気持ちが伝わるようにするとよいでしょう。

この度は温かなお祝いをいただき誠にありがとうございます。
〇〇(お子様の名前とふりがな)と名付けました。いただいたベビーベッドは大活躍しており、おかげさまで母子ともに健やかに過ごしています。
本当にありがとうございました。

ささやかですが内祝いの品をお贈りさせていただきます。
新しい家族ともども、これからも温かいお付き合いをいただければうれしく思います。
お近くに起こしの際には、ぜひわが家へお立ち寄りください。

メッセージカードの例文(5)

最後の例文は、お祝いの品に関する具体的な内容を述べることで、より感謝の気持ちを伝える例文です。ポイントはどんな物をいただいて、どのように使われているかを書くことです。

この度はかわいいスリーパーをいただき、誠にありがとうございました。
さっそく使わせていただき大変重宝しております。
ささやかではございますが、内祝いの品をお贈りいたします。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

目上の方・仕事関係者へはお礼状を出そう

目上の方・仕事関係者へはお礼状を出そう

友人や親しくしている会社の同僚などに贈る出産内祝いではメッセージカードで十分ですが、目上の方や取引先といった仕事関係者にはお礼状をおすすめします。

お礼状であれば文字数に余裕があるため、より丁寧な印象を与えられます。いただいた品についての具体的な内容に触れるとよいでしょう。お礼状のマナーや書き方について紹介します。

お礼状を出す時のマナー

お礼状はメッセージカードに比べてかしこまった雰囲気になるため、一般的な手紙のマナーに従います。

まず、頭語と結語を正しく組み合わせて使いましょう。お礼状を書く場合の頭語・結語は、「拝啓・敬具」が一般的です。

次に時候の挨拶を入れます。「~の候」のような文語体だと少し冷たい印象に受け取る方もいるため、「長雨が続いておりますが、お変わりございませんでしょうか」のように、相手への心遣いが見える口語体で書くようにしましょう。

あわせて、封筒は白い無地を使う、ノリで封をして「〆」「締」「封」と封字を書く、差出人は夫婦の連名にするなど、文章以外のマナーも大切です。

敬語表現などにも気を付けるべきですが、あまりに丁寧過ぎるとかえって失礼にあたることもあるため、過度に意識し過ぎないよう気をつけましょう。

お礼状の例文:仕事関係者へのお礼

仕事関係者へのお礼状の例文を紹介します。職場の上司に送る場合は、休みをもらっていることのお礼や休み明けの仕事に対する意気込みなども伝えられるとよいでしょう。

拝啓

いよいよ夏本番を迎え、うだるような暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

この度は長男〇〇の誕生に際し、素敵なお祝いをいただきまして誠にありがとうございました。また、妊娠中にもいろいろと気遣っていただきましたこと心より感謝申し上げます。

おかげさまで母子ともに健康に過ごしており、笑顔のたえない日々を送っております。新しい家族のためにもいっそう仕事に励んでまいりますので、引き続きご指導のほどよろしくお願いいたします。

なお、ささやかではございますが、内祝いの品をお贈りいたしました。ご笑納いただけたら幸いです。

これからも暑さが続くようですので、くれぐれもご自愛くださいませ。

今後も家族ともどもよろしくお願い申し上げます。

敬具

お礼状の例文:親戚・知人へのお礼

目上の親戚や知人の場合、メッセージカードだと感謝の気持ちを伝えるのに少し足りないことがあるかもしれません。

仕事関係者に送るようなあらたまった感じでなくとも、赤ちゃんが生まれた報告としてお礼状を送ればきっと喜んでもらえるはずです。

拝啓

走り梅雨のぐずついた天候から、梅雨入りがすぐそこまできているのを感じます。

この度は、〇〇のために心のこもったお手紙と可愛いお洋服をいただき本当にありがとうございました。

さっそく着せたところ、とても似合っており夫婦でずっと頬を緩ませています。新しい生活に慣れましたら〇〇を連れてご挨拶に伺いますので、その際はよろしくお願いいたします。

なお、お礼のしるしとして心ばかりの品をお贈りしております。どうかお納めいただければ幸いです。

季節の変わり目ですので、お風邪などひかれませんようにご自愛ください。お会いできる日を楽しみにしております。

敬具

手作りか!テンプレートか!出産内祝いに贈るメッセージカード作成プラン

手作りか!テンプレートか!出産内祝いに贈るメッセージカード作成プラン

出産内祝いに贈るメッセージカードを手作りにするか、それともテンプレートを利用するかで悩むことも多いでしょう。手作りであれば相手にも感謝の気持ちが直接伝わる感じがしますが、何もないところから作成するとなると大変な作業です。

テンプレートを利用した場合でも、さまざまな種類があります。そこから自分の好みにあったメッセージカードを作成するのは、意外と大変な作業です。ここでは、メッセージカードの作成プランについて見ていきます。

手作りかテンプレートを選択

メッセージカードを作成する場合、まずは手作りにするかテンプレートを利用するか決めるところからはじめましょう。手作りのメッセージカードは、手間がかかりますが、その分もらった相手にも感謝の気持ちが伝わる1通が完成するでしょう。

テンプレートのカードを利用する場合でも、最近はさまざまなテンプレートがあります。自分の好みにあったテンプレートを探すことができれば、しっかりと感謝を伝えることができるでしょう。どちらを選んだとしても伝えたいメッセージが含まれていれば、相手にしっかり伝わります。

メッセージを想起

メッセージカードは、手作りかテンプレートかといった形式よりも内容のほうが大切です。まず、相手に伝えたい自分の気持ちを書き起こすところからはじめてみましょう。

出産内祝いで伝えたいことは、子どもが無事に産まれたことへの感謝の気持ちと、出産のお祝いをいただいた方への感謝の気持ちです。自分たちの子どものことを相手にお知らせするとともに、いただいたお祝いの品に対するお礼を伝えましょう。

心の内側で考えるだけでなく、1度書き起こしてみると伝えたい内容がはっきりとわかります。

誰かに添削

書き起こしたメッセージは誰かに添削してもらいましょう。自分の目で確認するだけでは気がつかない点も、第三者に添削してもらうことでわかる場合があります。

テンプレートを利用したとしても、そのまま作成しただけでは内容が不十分なこともあるでしょう。第三者の目で添削してもらうことで、不足している部分の修正ができます。

この作業を加えるだけで、自分の伝えたい気持ちが相手に伝わるカードができあがるでしょう。

納得いくまでメッセージを修正して完成

第三者に添削してもらったからといって、それで完成したわけではありません。今度は自分の目でもう1度内容を確認しましょう。

本当に伝えたいことを知っているのは、自分自身です。自分が伝えたいことが相手に伝わるように、納得のいくまでメッセージを修正しましょう。自分の目で何度も読み返すと、赤ちゃんのことや母子の現状、感謝の気持ちといった伝えたい内容が不十分ではないかを確認できます。

メッセージカード・お礼状ならカタログギフトがおすすめ

メッセージカード・お礼状ならカタログギフトがおすすめ

ここまでご覧になって、メッセージカードやお礼状を書くことが正直大変だと思った方もいるのではないでしょうか。また出産内祝いも、相手にあわせた品を選ぶなど考えなければならないことがたくさんあります。

そこでカタログギフトを検討してみてはいかがでしょうか。カタログギフトなら相手が自分で好きな品を選べて、メッセージカードやお礼状も一緒に送ることができて便利です。

カタログギフトのメリット

カタログギフトとは、贈り主が予算に合わせたカタログを贈り、受け取った方が好きな商品を選べるサービスです。

相手の好みを最大限に考慮したつもりでも「特に欲しいものではなかった」というケースや、知らずに忌み言葉を連想させるものを送ってしまうなどのトラブルを避けられます。また、贈る側としても相手の好みを考える手間がなくなり、双方にメリットがあります。

ハーモニックのカタログギフトはのし・包装紙・リボンも自由に選べ、ギフトによって挨拶状も無料で付けられるので大変便利です。

おすすめのカタログギフト(1)

ここからは出産内祝いにおすすめのカタログギフトを3点紹介します。

おすすめのカタログギフト(1)
出産内祝い用カタログギフト「コロン」

まずは出産内祝い用のカタログギフト「コロン」です。商品の掲載数が約2,570点とハーモニックの中でも最大級なのが魅力です。グルメ、ブランド、体験型・温泉などギフトが充実しており、コースも予算に応じて11種類から選べます。

また、なんといっても巻頭企画として感謝を伝えるメッセージカードを作れるのが特長です。可愛らしい絵本のようなページたちが特別感を演出してくれるはずです。のし、包装紙、リボンも豊富なラインナップから自由に選べます。

おすすめのカタログギフト(2)

おすすめのカタログギフト(2)
グルメ専門カタログギフト「ア・ラ・グルメ」

こちらは全国の美味しいものをお取り寄せできるカタログギフトで、老舗のグルメや人気スイーツの名店を掲載しています。

お取り寄せだけでなく日本各地の人気飲食店のお食事券も充実しているため、舌の肥えた上司に喜ばれることでしょう。

コロンと同じく、のし、包装紙、リボンを選べて、さらに挨拶状を無料で付けることができるので別途作成する手間が省けます。

おすすめのカタログギフト(3)

おすすめのカタログギフト(3)
「BEAMS CATALOG GIFT」

続いて「BEAMS CATALOG GIFT(ビームス カタログギフト)」です。

こちらは人気ファッションブランド「BEAMS」の商品が掲載されているカタログギフトです。

洋服のイメージが強い「BEAMS」による、いつもの空間を快適にするインテリアグッズやオリジナルの食器セットなどが掲載されています。オシャレが好きな友人や、ライフスタイルや身に着けるものにこだわりを持つ方に贈るときにおすすめです。

こちらも挨拶状を無料で付けられます。

まとめ

まとめ

出産内祝いに添えるメッセージカードには、赤ちゃんが生まれた喜びや出産祝いをいただいた相手への感謝の気持ちがこめられています。ただお礼の品物を送るだけでなく、相手に伝えたい気持ちのこもったメッセージが添えられていれば、贈られた相手も喜んでくれるのではないでしょうか。

感謝の気持ちや喜びをこめたメッセージを作成するのは、新しい家族を迎えたお父さんやお母さんの仕事といえます。赤ちゃんが産まれて忙しいなかで、心のこもったメッセージを作成するのはなかなか大変です。

ハーモニックのカタログギフトでは、相手に合わせたメッセージをギフトに添えて贈れます。また、気持ちのこもったメッセージを作成するお手伝いもしております。出産内祝いをご検討中の方は、ぜひハーモニックまでご相談ください。

▼ カタログギフトのハーモニック ▼カタログギフトのハーモニック

出産内祝い関連記事

出産内祝いの「時期」と「金額の目安」について

出産内祝いの「時期」と「金額の目安」について

出産内祝い(お返し)を贈る時期は、赤ちゃんの生後1ヵ月の頃にお贈りするのが一般的とされています。相場は、お祝いにいただいた額の半分程度を目安にお返しすると良いでしょう。その他、のしの書き方や高額のお祝いをいただいた場合のマナーもご紹介。出産祝いのお返しで困ったらハーモニックのマナーサイトをチェックしよう。

→記事を読む

出産内祝いには手紙を同封しよう!例文とともに手紙の書き方を解説

出産内祝いには手紙を同封しよう!例文とともに手紙の書き方を解説

出産内祝いに同封する手紙の例文をご紹介します。相手との関係性別に例文を解説しますので、誰に送る場合であってもここを読めば書きやすくなるでしょう。また、ギフト選びに悩んでいる人に、出産内祝いにおすすめのギフトについてもご紹介します。

→記事を読む

知らないと怖い!出産内祝いの正しいマナー&マナー違反となるパターン

知らないと怖い!出産内祝いの正しいマナー&マナー違反となるパターン

出産祝いは想像していたよりも多くの人から受け取ることもあります。いただく人の幅が広いため「なにをお返しすれば良いのかわからない」「お返しのマナーに不安がある」と、頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。そのような方に向けて、この記事ではお返しをするときのマナーや、おすすめの品物などについて紹介していきます。

→記事を読む

出産内祝いの「のし紙・表書き」について

出産内祝いの「のし紙・表書き」について

出産内祝い(お返し)の「のし紙・表書き」についてご紹介。水引の種類や表書きの書き方も決まりがあります。結婚内祝いや引き出物のお返し、出産内祝い、香典返し、法人ギフトのカタログギフトならハーモニック。

→記事を読む

出産祝いのお返しを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

出産祝いのお返しを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

出産内祝いの基本について事前に調べておくと、出産後にあわてなくて済みます。この記事では、一般的な出産内祝いを「贈る時期やタイミング」についてご紹介します。

→記事を読む

出産内祝いの記事一覧

出産内祝いの記事一覧

「出産内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「出産内祝い」も紹介します。

→記事を読む

出産内祝いに人気のカタログギフト

出産内祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ