出産内祝いのお礼状の書き方、文例をご紹介します

赤ちゃんが生まれると、家族や友人から出産祝いをいただくことがあります。いただいたお祝いには「出産内祝い」というお返しをするのが通例ですが、内祝いをどのような形で贈ればよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

内祝いを贈るときには、品物やメッセージカードだけではなくお礼状を添えるのがマナーです。いただいたお祝いへの感謝の気持ちを伝えるためにも、正しい書き方でお礼状を書きたいものです。この記事ではお礼状の書き方やお礼状にまつわるマナーをご紹介します。

出産内祝いのお礼状の書き方

出産祝いへのお返しである内祝いには、お礼状を添えるのがマナーです。実際に準備する段階になって、「どのように書いたらよいのだろう」と悩む人もいるかもしれません。相手に失礼のないように、お礼状の書き方を覚えておきましょう。

差出人の名前は夫婦連名にする

出産内祝いは差出人の名前を誰にするか悩む人も多いことでしょう。赤ちゃんの誕生に関することなので赤ちゃんの名前と考えるかもしれませんが、知らない名前から品物が届くと不安にさせる可能性があります。また、夫婦双方の友人に対しても贈るものなので、差出人が一人の名前だともう一人の方の友人は誰から届いたのかわからないかもしれません。

差出人は誰なのかがすぐに分かるように、夫婦連名にするようにしましょう。また出産祝いや内祝いといったやり取りは、今後の付き合いが深まるきっかけになることもあります。もともとはどちらか一方だけの友人だったとしても、家族ぐるみの付き合いに発展することもあるため、連名にすることがおすすめです。

出産や産後の経過に関する情報を含める

内祝いに添えるメッセージカードやお礼状には、出産や産後の経過に関する情報を書き添えましょう。病院や自宅に来てくれた人は産後の様子が分かりますが、そうでない場合は赤ちゃんが生まれたということしか知らないということもあります。

そのため、赤ちゃんの名前や性別、母子の産後の状態といった内容を添える心遣いが大切です。「母子ともに健康です」「かわいらしい女の子が生まれました」など、相手が気になると思われる情報を入れるようにします。また珍しい読み方の名前ではない場合も、名前にはふりがなを付けるようにしましょう。

感謝の言葉を述べる

内祝いはいただいたお祝いへの感謝の気持ちを込めたものなので、お礼状ではしっかり感謝の言葉を述べるようにしましょう。出産祝いは赤ちゃん誕生の喜びと成長を願って、わざわざ選んでくれた贈り物です。赤ちゃんの誕生はおめでたいこととはいえ、お祝いをいただけることを当たり前と思わず感謝する気持ちを大切にしましょう。

もらった品物をどのように使っているのか、または今後どのように使おうと思っているのか、といったことをお礼状の内容に入れることもおすすめです。選んだ品物が使われているのか、贈った側は気になるものです。一人ひとりに具体的なお礼の言葉を添えるとより素敵なお礼状となるでしょう。

文章をすっきりまとめる

お礼状にはお祝いへの感謝の気持ちや産後の状態、赤ちゃんの名前や性別といった内容をしっかり書いておきます。書いておくべき内容がいくつもあるからといって、文章が長くなりすぎるとまとまりにくくなってしまいます。冗長な文章を書くのではなく、お礼の言葉や情報のみを簡潔にまとめましょう。

文章を書いたら、相手の気持ちになって一度読んでみることがおすすめです。すっきりと読みやすい文章になっているかを確認してから清書するとよいでしょう。

句読点はつけない

句読点には「区切りや終わりをつける」といった意味合いがあるため、お祝いごとに関する文面ではマナーとして句読点をつけないようにします。親しい身内や友人へのお礼状では必ずしもこだわる必要はありませんが、会社の上司や高齢の方に対して書く場合は気を付けた方がよいでしょう。

相手別のお礼状の書き方のポイント

出産祝いはさまざまな相手からいただく機会があります。内祝いを贈る相手との関係性によってお礼状の書き方が異なります。それぞれのケースにふさわしい書き方をするためのポイントを紹介します。

相手が親族や知人の場合

親族や知人は親しい関係であることも多いため、堅苦しすぎない文章にするのがポイントです。普段はフランクに話せる間柄にも関わらず、お礼状では突然かしこまった文章になると不自然な印象を与えるかもしれません。また、全員に同じ文章を書いているのではないかと思われる可能性もあります。

親しい人にお礼状を書く場合は、普段とのギャップがありすぎない程度のやわらかめな文体にするとよいでしょう。

相手が職場関係者の場合

職場関係者にお礼状を書く場合は、時候の挨拶を含めるなどマナーをしっかり守った文章になるよう心がけます。時候の挨拶とお祝いへのお礼、母子の状態や赤ちゃんの情報、最後に家族のために仕事を頑張るといった内容でまとめるとよいでしょう。職場の人に限らず、目上の相手へのお礼状も同じようにマナーをより意識する必要があります。

出産内祝いのお礼状に関するマナー

感謝の気持ちをお礼状でしっかり伝えるために相手に失礼のないようにマナーを守った文章を心がけましょう。内祝いに添えるお礼状に関するマナーを紹介します。

お礼状の形式は失礼にあたらないものにする

内祝いに添えるお礼状にはいくつかの形式があります。手紙とはがきのどちらでも問題ありませんが、目上の人には手紙にした方がよいでしょう。お祝いをいただいたらすぐに対応できるように、あらかじめ便箋や封筒、はがきを用意しておくのがおすすめです。

便箋と封筒は白無地のものを選び、黒か黒に近い青などのインクのペンを用いて縦書きで書きます。便箋を封筒に入れてのりで封をしたら「〆」「締」「封」のどれかを封字として使いましょう。

お礼状はメッセージカードで代用しない

出産内祝いにはメッセージカードを一緒に付けられることもあります。赤ちゃんの写真や名前、性別などを記入でき、誕生の報告としての役割もあるものです。情報を伝えられるので、お礼状をわざわざ書かなくてもメッセージカードで代用してもよいのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかし、お礼状をメッセージカードで代用することはマナー違反となります。本来内祝いとは、赤ちゃんの誕生を報告するために贈るものでした。そのため、メッセージカードは出産を報告するものであることから、お祝いをいただいた人には改めてお礼状を出すのがマナーとなります。職場関係者や目上の人には特に気を付けるようにしましょう。

お礼状に含める項目別の文例

お礼状の内容は自分の状況や相手との関係性によって書き分けるものです。文例をそのまま使っていては状況と一致しないこともあります。項目別に文例を紹介するので、ここを参考にケースに合った文章を作ってみましょう。

時候の挨拶の文例

時候の挨拶とは、手紙などの書き出しに用いる四季の様子を表す文章のことをいいます。職場関係者や目上の方などかしこまった文章で送るお礼状には時候の挨拶を入れるとよいでしょう。

時候の挨拶(書き出し)の例
1月「三寒四温の候」
2月「陽射しが春めいてまいりました」
3月「桜の花が待ち遠しい毎日です」
4月「春爛漫の折から」
5月「風薫る五月となりました」
6月「あじさいの花が長雨に色づいてまいりました」
7月「蝉の声もひときわ高く」
8月「暑さもやっと峠を越したようです」
9月「朝夕はようやく過ごしやすくなりました」
10月「味覚の秋を迎えました」
11月「小春日和の好季」
12月「年の瀬を迎え」

相手を気遣う言葉の文例

時候の挨拶で文章を書き出したら、次に相手の健康を気遣うような内容を入れるようにしましょう。

文例
「○○様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」
「ご無沙汰しておりますが、お変わりなくお過ごしのことでしょう」
「まだまだ寒い日が続きますが、お加減いかがでしょうか」
「お忙しいとは思いますが、相変わらずご壮健でしょうか」

出産祝いのお礼の言葉の文例

お礼状の一番の目的ともいえる、出産祝いをいただいたことへのお礼の言葉は忘れず書き入れます。貴重な時間を割いてお祝いを選んでくれたことや、赤ちゃんの誕生をお祝いしてくれたこと、病院や自宅に足を運んでくれたことに対する感謝の気持ちをしっかりと述べましょう。

文例
「このたびはお祝いを贈っていただきましてありがとうございました。さっそく使わせていただいております」
「長女○○のためにお洋服をいただきありがとうございました。かわいらしいデザインで娘に似合っており、とても嬉しく思っております」
「○○の出産に際し、あたたかいお心遣いをいただきありがとうございました」

生まれた子に関する情報や近況の文例

お祝いへのお礼を述べたら、次に赤ちゃんに関する情報や近況を報告する文章を入れます。赤ちゃんの名前や性別、名前の由来、母子の状態など、相手が気になる内容を簡潔にまとめるようにしましょう。

「名前は○○(ふりがな)と名付けました。初めての子どもなので戸惑うこともたくさんありますが、母子ともに健やかに過ごしております」
「〇月〇日に誕生した長女には、○○といった願いを込めて○○(ふりがな)と命名しました。二人で親になれた喜びを噛み締めております」

今後に関する言葉の文例

お礼状は今後も付き合いをしていただきたいといったことや改めて挨拶に伺いたいといった内容で締めましょう。最後に今後に関する内容を含めると文章のまとまりがよくなります。子どもの誕生をきっかけにしたお付き合いのお願いをする内容もおすすめです。

「新しい生活に慣れたら、家族でご挨拶に伺わせていただけたらと思っております」
「近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください」
「人生の先輩としてご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い致します」
「子育てのご相談をすることもあるかと存じます」
「皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」

お礼状を書く際の注意点

お礼状に使える文例を紹介しましたが、あくまでも参考にする程度に留めておきましょう。テンプレートをそのまま使ったような文章や使い回しているような文章では心をこめた文章にするのは難しく、相手に不快感を与えてしまう可能性があります。

いただいたお祝いの品物に対する感謝を折り込みつつ、一人ひとりに丁寧に内容を考えた文章を直筆でしたためます。自分なりの言葉でしっかりとお礼の言葉を述べるようにしましょう。

出産内祝いにおすすめのギフト

ここでは出産内祝いにおすすめのギフトを紹介します。定番のものを選ぶのもよいですが、それぞれに合ったギフトを贈ることができると相手にも喜ばれるでしょう。お礼状の内容のようにギフト選びも相手のことをよく考えることはマナーといえます。

ル・クルーゼのプレート・オン・ディッシュ

ル・クルーゼはフランス生まれのキッチン・テーブルウェアメーカーです。カラフルな色合いと使い込むほどに愛着の湧くアイテムは人気があります。これはパンを乗せたり、サラダやスープを入れたりできる朝食にぴったりのプレートとディッシュのセットです。淡いピンクとオレンジ、赤の3色展開で、相手の好みやイメージに合わせて選ぶことができます。

この商品が掲載のカタログギフト
出産内祝い用カタログギフト
「Colon(コロン)」ワッフル
4,800円(税抜)

ボダムのアッサムティープレス

デンマークで生まれたキッチンウェアブランドであるボダムのティープレスです。丸みのあるデザインが特徴的なティープレスは、紅茶だけでなくハーブティーや緑茶といったさまざまな種類の茶葉に対応しています。忙しい相手に「ゆっくりティータイムをしてほしい」といった気持ちを込めて贈ることができるでしょう。

この商品が掲載のカタログギフト
出産内祝い用カタログギフト
「Colon(コロン)」ワッフル
4,800円(税抜)

シップスのエプロン

シップスはトラディショナルかつスタイリッシュなファッションを提案するブランドです。紺色のエプロンは、男性も女性も使いやすいデザインになっています。腰ひもは前結びできるので脱着がしやすく、ペンを入れられるポケットなどが3箇所に付いているので機能性も抜群です。

この商品が掲載のカタログギフト
出産内祝い用カタログギフト
「Colon(コロン)」ワッフル
4,800円(税抜)

ジェラートピケのヘアミスト&ボディミスト

女性憧れのルームウエアブランド、ジェラートピケのヘアミストとボディミストのセットです。ヘアミストは傷んだ髪を潤してくれる効果が期待できます。ボディミストは乾燥が気になる部分に吹きかけて手軽にケアできるミストです。甘い香りで使うだけで気分も上がるケアセットは、上質なリラックスタイムを演出します。

この商品が掲載のカタログギフト
出産内祝い用カタログギフト
「Colon(コロン)」タルト
4,300円(税抜)

ビームスのネクタイ&ウォッチケース

日本を代表するセレクトショップであるビームスのネクタイや時計を収納できるケースです。特にファッションコンシャスな人に贈ると喜ばれるでしょう。ネクタイや時計を型崩れすることなく持ち運べるケースは、お出掛けや旅行の際に便利なアイテムです。出張、旅行などが多い人に贈ってみてはいかがでしょうか。

この商品が掲載のカタログギフト
出産内祝い用カタログギフト
「Colon(コロン)」タルト
4,300円(税抜)

まとめ

出産祝いをいただいたら、内祝いに添えてお礼状を贈るのがマナーです。お礼状は時候の挨拶から始まり、いただいた出産祝いのお礼や赤ちゃんに関する情報、今後の付き合いに関する内容を自分の言葉でしたためます。職場関係者や目上の人に書く場合は、特にマナーを徹底するよう心がけましょう。

感謝の気持ちをしっかり伝えるためにはお礼状の内容や書き方に注意することはもちろん、ギフト選びも大切です。カタログギフトのハーモニックには、紹介したおすすめのギフトのほかにも、心が伝わるギフトが揃っています。何を贈るか悩んでしまったら、カタログギフトを贈るものおすすめです。内祝いを贈る際はハーモニックをぜひご利用ください。

「Colon(コロン)」のご購入はこちらから
出産内祝い用カタログギフト「Colon(コロン)」
「コロン」シリーズは出産内祝いにおすすめの商品を豊富に掲載しています。全11種類という充実のラインナップで、いただいた出産祝いの金額に合わせて最適なカタログを選ぶことができます。

出産内祝い関連記事

出産祝いと出産内祝いの違いとは?
おすすめの出産内祝いをご紹介

出産祝いと出産内祝いには、どういった違いがあるのでしょうか。内祝いを贈ったり贈られたりしたことがなければ知らない人もいるかもしれません。赤ちゃんの誕生に際して贈られた出…

→記事を読む

「出産内祝い」にはこれがいい!
出産内祝い人気の定番ギフトランキング

心を込めた出産祝いをもらったら、「内祝い」という形でお祝いのお返しをします。いただいた気持ちへのお礼の意味も込めて贈る物ですから、せっかくなら、喜んでいただける内祝いを…

→記事を読む

【出産祝いと出産内祝い】
喜ばれる気配りと知っておきたいエチケット

出産祝いをいただいた場合、いただきっぱなしではなく、内祝いとしてお返しをするというのが一般的なマナーとなっています。 そこで、内祝いの相場やおすすめアイテムのほか、本来…

→記事を読む

出産内祝いに人気のカタログギフト