出産内祝いのおすすめランキング!
喜ばれる贈り物をご紹介

「出産内祝い」それはかわいい赤ちゃんの誕生をお祝いしてくれた大切な方への贈り物です。心がこもっていて、相手が喜んでくれるものを贈りたいものです。しかし、いざ選ぶとなると何を選んで良いのか、わからない人も多いことでしょう。

そこで「実際に選ばれているギフト」「喜ばれているギフト」を順に紹介します。どんな方にも満足してもらえるように、豊富なラインナップを揃えています。では、さっそく見ていきましょう。

出産内祝いにおすすめの人気グッズ3選

おすすめの贈り物は、特別感のある高級なものです。普段なら買わないような品物を贈れば、きっと喜ばれるはずです。具体的には、タオルなどの日用品、商品券・ギフトカード、スイーツ、カタログギフトなどです。特にカタログギフトやギフトカードは人気があり、どちらも相手が自分の好きなものを選べるのがうれしいポイントです。

選べるカタログギフト

一番のおすすめは、カタログギフトです。カタログギフトなら受け取った人がほしいものを選ぶことができ、ラッピングサービスや無料あいさつ状などのサービスも充実しているので感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

人気のコスメ、ブランドものの香水、日々の生活シーンを彩るテーブルウェア、特別な時間を過ごせる体験型のギフト、おしゃれな時計、センスのいいアクセサリー、名店のグルメ、憧れのスイーツなど、さまざまな項目から好きなものを選べます。

受け取った方が、好みの商品を自身で選べるのが特長です。特に近年では体験型のギフトが好評で、温泉やエステだけではなく、クルージングも楽しめます。生涯忘れられないステキな体験を贈れるでしょう。性別や年齢を問わないので、どなたにも喜んでもらえます。

名入れギフト

名入れギフトは、世界でたった1つの贈り物です。ちょっとしたものでも名前が入っているだけで特別感を演出できて、使うたびに相手があなたのことを思い出してくれます。

ボールペン、マグカップ、トートバッグ、アクセサリー、お菓子などの商品が人気です。内祝いの品として特に好評なのは、お菓子、お茶のセット、お米、季節に合った食品です。

カステラや和菓子の詰め合わせ、おやつタイムにぴったりの紅茶、お酒が好きな方に喜ばれる高級酒などはいかがでしょうか。

新生児と同じ体重の分だけ贈れる俵型のお米もユニークで、多くの方に選ばれています。

名入れギフトは赤ちゃんの名前を印象的にお披露目することができ、おめでたさがひと目で伝わります。

ブランドお菓子

普段はなかなか手の届かない、高価格のブランドお菓子も人気の定番アイテムです。高級チョコレートのゴディバ、高級フルーツを使ったジュースでおなじみの千疋屋、食感が上品な神戸・芦屋のアンリ・シャルパンティエの焼き菓子など、ブランドのお菓子ならまず間違いありません。

季節を問わずに贈れるお茶、ミルク感たっぷりのアイスクリーム、甘さ控えめの和風プリンもイチオシです。さらに、お酒好きな方にワインや梅酒、ビールも喜ばれます。こだわりがギュッと詰まったおいしいお菓子は目上の方にも贈りやすく、おいしい時間を届けることができます。

出産内祝いとは?

出産内祝いには、そもそもどのような意味があるのか。何が定番かわからず、戸惑う人も多いことでしょう。特に初めての人は、余裕がなくてガイドを必要としているものです。

そこで、出産内祝いの意味や由来、上手な選び方を紹介します。受け取った相手が喜んでくれるものが一番ですが、注意したいポイントもあるので、シーン別に見ていきましょう。

出産内祝いの意味や由来

出産内祝いは、新しい命の誕生を寿ぎ「出産祝い」を贈ってくれた方にお返しするものです。命の誕生への感謝と感動を相手の方に贈るのは大切なことで、内祝いとは、身内で起きたおめでたい事柄や幸せをお裾分けするという意味があります。

“内”は“家”のことであり、内輪の祝いのことです。おうちでおめでたいことがあったので、お世話になっている方に対して喜びの気持ちを表し、ともに祝ってもらおうとするものです。

現在では、贈り物をするのが一般的となっていますが、かつてはお祝いの席を設けて人々をもてなしました。出産内祝いは、子宝に恵まれた幸せのお裾分けという意味のほか、赤ちゃんのお披露目にもなる大切なお祝いです。

出産内祝いの定番は?

出産内祝いの品物は、お菓子やジュース、コーヒー、紅茶、お米などの商品が定番です。職場の上司や同僚など、日頃お世話になっている方には、有名百貨店のスイーツ、コーヒー、ジュースなどがおすすめです。

みんなで分けやすいように、小分けされたお菓子が良いでしょう。全員に行き渡るように個数にも気を遣いたいところです。気心が知れた兄弟・姉妹、友人には、タオルや入浴剤などのプチギフトを贈るのもいいでしょう。

相手の好みがわかっている場合はそれに合わせ、わからない場合には、落ち着いたデザインのものを贈りましょう。お酒が好きな人には、名入りのワインや日本酒を贈ってみるのも粋な贈り物です。中身がなくなっても、ボトルを記念にとっておくことができます。

目上の人には質の高いものを

両親や親族、上司など「目上の人」に贈る際には、量よりも質を重視することが大切です。海外のブランド菓子よりも老舗の和菓子、百貨店で扱っているドリンクをおすすめします。

クオリティの高いものを選ぶように意識し、量が多くなくても満足してもらえる品のあるものを贈るように心がけるといいでしょう。

両親や義父母など、ごく身内の親族には、定番の焼き菓子に子どもの名前を焼き入れたものを贈るのも良いかもしれません。

また、子どもの出生体重と同じ重さのお米を贈るのも人気です。子どもが生まれた時の重さを疑似体験できるというのがその理由です。お子様が誕生した喜びを噛みしめながら味わうごはんは、格別のものとなるでしょう。

気を付けたい出産内祝いのマナー

赤ちゃんが生まれると急に忙しくなりますが、子どもの誕生を祝ってくれた方には失礼のないように対応したいものです。マナーを知らずに相手に不快な思いをさせないように気をつけましょう。

出産後、慌てないためにも「贈るタイミング」「予算の目安」「お礼状の基本」などを頭に入れて、赤ちゃんが生まれる前にある程度準備しておきましょう。

出産内祝いを贈るタイミング

出産内祝いは、生後1ヶ月頃までに贈るのが一般的とされていて、遅くても2ヶ月以内に贈るのがマナーです。しかし、産後の体調管理をしながら育児や、お宮参りをするなどやるべきことはたくさんあります。

産後の体調回復が思うようにいかない場合もあるでしょう。そのようなときは無理をせず、状況が落ち着いてから準備をしても大丈夫です。内祝いが遅くなってしまったことを丁寧に説明して、お詫びの言葉を添えるようにしましょう。

また、出産祝いのお返しは「不要」と言われている相手でも、手紙や電話などで感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。さらに、相手の方が喪中のときは、49日を過ぎてから贈るなどの心遣いを忘れないことが大事です。

予算はいただいた半額が目安

金額の目安として一般的なのは、お祝いとしていただいたものの半分です。1万円をいただいたら5,000円、3万円をいただいたら1万5,000円といった具合に考えましょう。ただし、両親や親類などの身近な人たちから高額の出産祝いをもらうこともありますので、必ずしも半額を目安としなければいけないわけではありません。

例えば、会社の上司に5万円をいただいた場合は、その1/3程度の金額を贈れば問題ありません。返し過ぎてしまうと、かえって失礼になる場合があるので、相手とあなたとの関係性や地域の習慣を考慮して対応しましょう。

あらかじめ、出産祝いを贈ってくれた方の名前と金額をメモしておくことをおすすめします。出産内祝いを贈る人のリストがあれば、子育ての忙しさの中でも、慌てなくて済みます。

のしは「蝶結び」

熨斗(のし)とは、贈り物に添える飾りのことで、昔は長寿や繁栄を意味する縁起の良いものとして「薄く伸ばしたアワビを乾燥させた“のしあわび”」を用いたことに由来しています。

出産内祝いの贈り物にかける熨斗(のし)は、蝶結びの水引が一般的です。蝶結びは、人生に何度あっても喜ばしいお祝い事に使用されるものです。

水引の色は紅白で、通常は5本を選びます。水引の上に出産内祝と書き、その下に赤ちゃんの名前を書きます。濃い色の筆や筆ペンできれいに記入し、読み方が簡単な名前でもふりがなを振りましょう。

熨斗(のし)には「外のし」と「内のし」がありますが、出産内祝いは控え目にするほうが好まれるため、内のしにするといいでしょう。

内祝いにはお礼状を添える

出産祝いをいただいたら、内祝いの品にお礼状やメッセージカードを添えましょう。出産のお祝いをいただいたことへの感謝や名前の報告など、あなたの気持ちを丁寧に伝えることが大切です。

「今後のお付き合いのお願い」や「相手の健康」「幸せを願う言葉」を書き添えます。ただし、相手がまだ子どもを授かることができない状況などの場合は、感謝の気持ちを表現しつつ、先方の事情を考慮した文面が望ましいでしょう。

贈る相手が仲人の場合は、御主人だけでなく、宛名に奥様の名前を入れることを忘れないでください。また、差出人は夫婦連名にすることも大事なポイントです。堅苦しく考えず、ポイントだけをしっかり押さえ、感謝の気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。

まとめ

出産後は赤ちゃんの世話に追われる日々で、体調がすぐれない日もあるでしょう。出産後は、母体にとって内祝いを買いに出かけるのが大変な時期です。その時期におすすめなのがハーモニックのカタログギフト「Colon(コロン)」です。

Colonには女性に人気のブランドスイーツ、コスメ、キッチングッズはもちろん、国内外のすてきなアイテムがたくさん揃っています。

温泉やクルージングを楽しめる体験型ギフトも充実しており、どなたにも満足してもらえるラインナップです。写真付きメッセージカードが無料で、名入れギフトも扱っています。

カタログギフトの中から1つしか選べなくても、選択肢がたくさんあると自然とわくわくしてきます。「相手に選んでもらう」というスタイルは、贈る側も受け取る側にも嬉しいメリットが詰まっているため、おすすめです。

ぜひハーモニックのカタログギフト「Colon(コロン)」をご検討ください。

「Colon(コロン)」のご購入はこちらから
出産内祝い用カタログギフト「Colon(コロン)」
「コロン」シリーズは出産内祝いにおすすめの商品を豊富に掲載しています。全11種類という充実のラインナップで、いただいた出産祝いの金額に合わせて最適なカタログを選ぶことができます。


出産内祝い関連記事

人気の出産内祝いとは?
メッセージカードで感謝の気持ちを伝えよう

出産祝いをいただいた場合、メッセージカードを添えて内祝いを贈ります。出産内祝いの品物は相手に合わせて好きなものを選べますが、「何を贈れば良いのだろう」と迷う人も多いので…

→記事を読む

出産内祝いにはメッセージカードをつけよう!
例文やおすすめカードをご紹介

出産祝いのお返しをする際に、どのようなメッセージカードを添えるべきか迷っていませんか。メッセージカードは必ずなければいけないものではありませんが、一言添えることであなた…

→記事を読む

出産祝いと出産内祝いの違いとは?
おすすめの出産内祝いをご紹介

出産祝いと出産内祝いには、どういった違いがあるのでしょうか。内祝いを贈ったり贈られたりしたことがなければ知らない人もいるかもしれません。赤ちゃんの誕生に際して贈られた出…

→記事を読む

出産内祝いに人気のカタログギフト