香典返しのお礼(電話・手紙・ハガキ)について

香典返しのお礼(電話・手紙・ハガキ)について

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。

香典返しを受け取ったら返事は必要?

香典返しは、いただいた香典に対してのお礼として贈りますので、さらなるお礼は一般的にはしなくてもいいとされています。

また、さらなるお礼は「礼に礼を重ねる=不幸を重ねる」という意味になり嫌う人もいますので注意しましょう。

香典返しが郵送や宅配便で届いた場合

香典返しが郵送や宅配便で届いた場合は、「お礼」ではなく「到着の連絡」というかたちで、ハガキや手紙、親しい間柄なら電話でするのが良いでしょう。

電話での連絡の場合、「ありがとう」という言葉は「お礼」になりますので、「お心遣い頂戴いたしました」や「お気遣い恐れ入ります」など、言い方を換えて伝えた後、遺族を気遣う言葉や故人の冥福を祈る言葉でまとめ、簡潔に伝えましょう。

また、この時期ご遺族の方は、葬儀の慌ただしさも収まり落ち着ける時期ですので親しい間柄でない場合やご遺族の方への気遣いを考えるなら、電話ではなくハガキや手紙で連絡をし、そっとしておくことが何よりの気遣いになります。

法要・香典返しにおすすめのカタログ
グッズ、食品、体験まで選べる和風カタログギフト「和(なごみ)」
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。全16コース 2,800円〜50,800円(税抜)

香典返し・法要関連記事

香典返しの「時期」と「金額の目安」

香典返しの「時期」と「金額の目安」

香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では香典返しを贈る時期や金額の目安について解説します。

→記事を読む

香典返しの挨拶状 正しい書き方を知ろう

香典返しの挨拶状 正しい書き方を知ろう

故人に関する弔事がとどこおりなく終了したら、その報告と会葬などでお世話になったお礼に、挨拶状を添えて香典返しを贈るのが一般的です。この記事では、香典返しの「挨拶状の書き方」をご紹介します。

→記事を読む

香典返しに贈って良いもの・悪いもの

香典返しに贈って良いもの・悪いもの

香典返しはお悔やみいただいた方々にお礼の気持ちを伝えるために贈るものです。きちんと気持ちを伝えるためにも失礼のないものを選びたいですね。この記事では、香典返しの「品物」として定番となっているものや避けたほうがよいものをご紹介します。

→記事を読む

香典返しの「掛け紙」で気をつけたい4つのポイント

香典返しの「掛け紙」で気をつけたい4つのポイント

香典返しを送る際の掛け紙(のし紙)や、水引、表書きなどのマナーをご紹介。掛け紙をのし紙の違いや、選び方、宗教別の水引の紹介なども掲載しています。

→記事を読む

香典返しを渡す時期はいつ頃?

香典返しを渡す時期はいつ頃?

香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では香典返しを贈る時期について解説します。

→記事を読む

香典返しの記事一覧

香典返しの記事一覧

「香典返し」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「香典返し」も紹介します。

→記事を読む

香典返し・法要に人気のカタログギフト

香典返し・法要に人気のカタログを価格帯から選ぶ