香典袋(不祝儀袋)の種類・書き方・
お金の入れ方について

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。



香典袋について


香典袋(不祝儀袋)の種類・書き方・
お金の入れ方について


香典袋の種類


仏式
・・・上書きは「御仏前」または「御霊前」とします。「御香典」、「御香料」でも大丈夫です。
※「御仏前」は、仏式の他に使われることはありません。


神式
・・・上書きは「御玉串料」または「御霊前」とします。


キリスト教式
・・・上書きは「御花料」または「御霊前」とします。



書き方

表書きは筆で書きます。袋の表に名目と姓名を、裏の隅に金額を記入します。
中包みにも、姓名、住所、金額を書いておいた方が先方に対して親切になります。

お金の入れ方

新札を入れるのは死を準備していたようでいけないと言われております。
またあまり古すぎるお札を入れるのも失礼にあたりますので、新札に折り目をつけていれるのが良いと思います。お札の肖像画がある方を袋の裏側に向けるように入れます。2枚以上お札を入れる時は向きを揃えて入れます。



香典返しに関する関連記事

香典返しを贈る際のマナー

香典返しの宗教別マナー

香典返しその他のマナー

香典返し・葬儀・その他の豆知識

香典返しで人気のカタログギフト

Copyright© カタログギフトのハーモニック[公式] , 2018 All Rights Reserved. | WordPress-Theme STINGER3

PAGE TOP ↑