葬儀でいただく長寿銭の意味や使い方とは?

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。



葬儀でいただく長寿銭について


葬儀の礼状と一緒にポチ袋に入った硬貨をいただくことがあります。これは「長寿銭」といわれ、持ち帰ると故人にあやかって長生きができるといわれています。

地域的な風習で特に決まりはありませんが、米寿(88歳)、90歳以上の方の葬儀で配られることが多いようです。

使い方に決まりはありませんので、長寿のお守りとして利用したり、お財布に入れたり、お金として使ってもよいかと思います。



香典返しに関する関連記事

香典返しを贈る際のマナー

香典返しの宗教別マナー

香典返しその他のマナー

香典返し・葬儀・その他の豆知識

香典返し関連記事

no image

「御霊前」と「御仏前」の違いとは?
どう使い分ける?

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。 御霊前と御仏前の違いは? 弔…

→記事を読む

香典返しを辞退する(される)・寄付する場合について

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。 …

→記事を読む

お盆について

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。 …

→記事を読む

香典返しに人気のカタログギフト