「御霊前」と「御仏前」の違いとは?
どう使い分ける?

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。



御霊前と御仏前の違いは?


弔問や会葬に際し、香を持参し、個人の冥福を祈ったことから「香典」と呼ばれるようになりました。持参する香典の表書きは、葬儀の宗教によって異なります。



御霊前

仏式の通夜・葬儀(告別式)に使われます。香典(現金)だけでなく、御供物にも使うことができます。また多くの宗教に使うことができますので、宗教が確認できない場合には「御霊前」を利用するのがよいでしょう。
※浄土真宗ではお通夜・葬儀ともに「御仏前」を利用します。



御仏前・御佛前・ご仏前

一般的には四十九日の法要以後、一周忌・三回忌・七回忌などの法事に使われます。仏教では忌明けまでを御霊と考え、忌明け後は仏様になるとの考えから四十九日の法要以後に使われます。



御香典・御香奠

通夜・葬儀(告別式)には御霊前、四十九日の法要後には御仏前を使いますが、仏教で宗派が不明な場合には通夜・葬儀(告別式)・四十九日に御香典を使うことができます。



香典返しに関する関連記事

香典返しを贈る際のマナー

香典返しの宗教別マナー

香典返しその他のマナー

香典返し・葬儀・その他の豆知識

香典返しで人気のカタログギフト

Copyright© カタログギフトのハーモニック[公式] , 2018 All Rights Reserved. | WordPress-Theme STINGER3

PAGE TOP ↑