香典返しの仏式マナー(時期・のし・挨拶状)について

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。

香典返しを贈る時期

故人が亡くなられてから35日目、または49日目の「忌明け法要」から1ヶ月の間にお返しを贈るのが一般的です。

香典返しの掛け紙(のし紙)


弔辞なので、「熨斗(のし)」が付いていない掛け紙を選びます。柄は無地、または蓮の絵が入ったものを使いましょう。


水引は「黒白」が一般的ですが、西日本などでは「黄白」を用いる場合もあります。結び方は、「二度と繰り返さない」という意味が込められている「結び切り」が一般的です。また、ほどけそうでなかなかほどけないことから「末長くお付き合いしたい」という意味をもつ「あわじ結び」を用いることもあります。

ただし、「何度も繰り返してほしい」という意味をもつ「蝶結び」は選ばないよう注意しましょう。

香典返しの表書き




水引上に「志」、水引下に「喪主の苗字」または「フルネーム」を書くのが一般的です。

西日本ではのし上に「満中陰志」や「忌明け志」、中国・四国地方などでは「茶の子」が用いられることもあります。

香典返しのお礼状の例


拝啓
このたびは 亡父○○○の葬儀に際しましてはご丁寧なご厚志を賜わり 厚く御礼申し上げます
お蔭を持ちまして本日 四十九日法要を相営みました
つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお贈りいたしますので
ご受納くださいますようお願い申し上げます
さっそく拝眉の上 御礼申し上げるべきところ
略儀ながら書中を持ってご挨拶申し上げます
敬具

平成○年○月○日
喪主 □□□
親族一同

仏式の法要について

仏教では、故人が亡くなった日から7日ごとの日を忌日(きにち)と呼び、法要を行います。そのため、7日ごとに行う法要を「忌日法要」といいます。

本来は、死後7日目に行う「初七日」から「四十九日」まで七回の法要を行うとされていますが、近年では、葬式と一緒に初七日を行い、その後四十九日の法要までは省略することが多くなっています。



四十九日目の法要を行うと、「忌明け」になります。
その後、故人の命日に年単位で行う法要を「年忌法要」といいます。亡くなった翌年の命日に行う法要を「一周忌」、2年目の法要を「三回忌」、さらに七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と続きます。

一般的には三十三回忌の法要を「弔い上げ」として、最後の法要にすることが多いようです。

忌日法要

初七日

しょなのか

亡くなった日から7日目

二七日

ふたなのか

亡くなった日から14日目

三七日

みなのか

亡くなった日から21日目

四七日

よなのか

亡くなった日から28日目

五七日(三十五日)

いつなのか(さんじゅうごにち)

亡くなった日から35日目

六七日

むなのか

亡くなった日から42日目

七七日(四十九日)

なななぬか(しじゅうくにち)

亡くなった日から49日目

百カ日

ひゃっかにち

亡くなった日から100日目

年忌法要

一周忌

亡くなった日から満1年

三回忌

亡くなった日から満2年

七回忌

亡くなった日から満6年

十三忌

亡くなった日から満12年

十七回忌

亡くなった日から満16年

二十三回忌

亡くなった日から満22年

二十七回忌

亡くなった日から満26年

三十三回忌

亡くなった日から満32年

三十七回忌

亡くなった日から満36年

五十回忌

亡くなった日から満49年

百回忌

亡くなった日から満99年

年忌法要は、故人が亡くなった年を含めて数えるため、2年目が三回忌となります。

※忌明けや期弔い上げは、地域や宗派によって異なります。

香典返しに関する関連記事

香典返しを贈る際のマナー

香典返しの宗教別マナー

香典返しその他のマナー

香典返し・葬儀・その他の豆知識

香典返しで人気のカタログギフト

Copyright© カタログギフトのハーモニック[公式] , 2018 All Rights Reserved. | WordPress-Theme STINGER3

PAGE TOP ↑