香典返しの品物は何を贈る?

香典返しはお悔やみいただいた方々にお礼の気持ちを伝えるために贈るものです。
きちんと気持ちを伝えるためにも失礼のないものを選びたい方に香典返しの「品物」として定番となっているもの避けたほうがよいものをご紹介します。

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。

香典返しでよく使われているもの

香典返しには「不祝儀を残さない」という考え方があるため、「あとに残らないもの」が好まれます。
そのため、お茶やコーヒー、紅茶、海苔、砂糖といった「食べたらなくなる」食べ物や飲み物がよく使われています。相手の方がいつ召しあがるかは分からないので、日持ちのするものを選ぶとよいでしょう。



また、「使えばなくなる」石けんや洗剤、タオル、シーツ、毛布などの日用品も定番とされています。ただ、基本的に日用品はすでに持っているものなので、もらっても余ってしまうというご家庭も多いようです。
素材にこだわった物を選ぶなど、同じものをもらっても嬉しいと思ってもらえるような工夫があるとよいですね。



他にもよく使われるものとして陶磁器や漆器があります。
陶磁器は「故人が亡くなって土に帰る」という意味から、漆器は「不幸を塗りつぶす」という意味から香典返しに用いられています。


香典返しで避けたほうがよいもの

たとえ「あとに残らないもの」でも中にはタブーとされている品物もあります。

一般的に肉や魚の類などの生ものは昔から避けられています。
お酒などの嗜好品や、慶事に使われるかつお節昆布も香典返しにはふさわしくないとされています。


また、商品券などの金券は金額が分かってしまうのであまり好まれていません。
タブーではありませんが、なるべく避けたほうがよいでしょう。


カタログギフトが人気の理由

香典返しで人気があるもののひとつがカタログギフトです。
カタログギフトは金券の「好きな物を選んでいただける」というメリットはそのままで「金額が分かってしまう」というデメリットを解消できます。


また、肉や魚、酒などのタブーとされている品物もカタログギフトの中から選んでいただけるのであれば問題はないというのが一般的です。

その他にも、
・当日返しをする場合、会葬者の荷物にならない
・日持ちしない食べ物も選べる
・さまざまな価格があるため、予算や香典の額に応じて対応できる

といった理由からカタログギフトは香典返しとして人気があります。


品物選びに迷ったら、贈り先様に選んでいただけるカタログギフトがおすすめです。


香典返しに関する関連記事

香典返しを贈る際のマナー

香典返しの宗教別マナー

香典返しその他のマナー

香典返し・葬儀・その他の豆知識

香典返しで人気のカタログギフト

Copyright© カタログギフトのハーモニック[公式] , 2018 All Rights Reserved. | WordPress-Theme STINGER3

PAGE TOP ↑