香典返しでセンスのいい品物って?
贈る意味や時期、基本的なマナー

 香典返しでセンスのいい品物って?贈る意味や時期、基本的なマナー

香典返しで定番の品物を選ぶのも一つの方法ですが「センスがいい」と喜ばれるものを贈りたいという方もいるでしょう。しかし、香典返しの品物として避けた方が良いとされるものもあるため、何を選べばよいのか迷っている方もいるかもしれません。

そこで本記事では香典返しの意味や贈るタイミング、基本的なマナーについて解説します。また、香典返しを受け取った方からセンスがいいと評判の人気商品も合わせて紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

「香典返し」の意味や由来とは?

「香典返し」の意味や由来とは?

香典返しとは、香典をいただいた方にお返しする品物のことです。香典返しにどのような意味や由来があるのかを知っていれば、弔事に関する常識やマナーを身に付けた社会人として安心して香典返しができるでしょう。以下では、香典返しの意味や名前の由来について、くわしく解説します。

「香典」へのお礼として品物を贈る

香典返しは通夜や葬儀の際に香典をいただいた方に、お礼の気持ちとして渡す贈り物のことです。香典とは本来、大切な家族を失い、悲しみに暮れるご遺族を慰め、励ますためのものです。

現金を包むのが一般的で、故人の霊前にお供えされる線香や生花の代わりの意味もあるといわれています。香典(香奠)の香は、線香をお供えするという意味が含まれており、奠には仏前に金品をお供えするといった意味が込められています。

香典返しは、単に香典をいただいたことへのお礼だけでなく、香典に秘められた参列者の温かい励ましや慰めに対する感謝の気持ちを伝えるために贈るものです。

四十九日の法要が無事に済んだ報告

現代における香典返しとは、四十九日の法要が無事に終わって忌明けしたことを報告する意味と香典をいただいたお礼や感謝の気持ちを込めて、お返しの品物を贈ることを指しています。

四十九日という考え方は本来、仏教の教えにある言葉です。仏教では、故人が亡くなった日を入れた49日間を「中陰(ちゅういん)」と呼び、忌明けのことを「満中陰(まんちゅういん)」といいます。そのため、関西や西日本では香典返しの掛け紙の表書きに「満中陰志」と記載する風習が残っている地域もめずらしくありません。

このように、香典返しは香典をいただいた方に対し、無事に忌明けを迎えた報告と香典を下さった方へ返礼品を贈ることを意味しています。

「香典返し」を贈る時期

「香典返し」を贈る時期

香典返しを贈る時期は、四十九日を過ぎた忌明け後と通夜や葬儀の当日に渡す即日返しの2パターンがあります。どのタイミングで香典返しを渡すのかは、香典を受け取る状況によっても異なるため、贈る時期を考える際は注意が必要です。以下では、それぞれの贈る時期の詳細について解説します。

四十九日を過ぎた「忌明け」の後

香典返しを渡すタイミングの一つが、四十九日を過ぎた忌明けの後です。香典返しには本来、四十九日の法要を無事に終えたことを報告するという意味があります。そのため、忌が明けた後に香典返しを贈るという考え方が風習で残っています。

四十九日を一つの区切りとしているのは、故人が極楽浄土へ成仏すると考えられているためです。ただし、忌明けの時期は宗教や宗派によって異なります。

例えば、仏教では四十九日の他に命日の35日後を忌明けとする考え方もあります。キリスト教は命日から数えて1カ月後の昇天記念日が忌明けです。また、神式では命日から50日後が忌明けとなっています。忌明けの後に香典返しを渡す場合は、30~50日後に贈るようにしましょう。

忌明けを待たず葬式当日に行う即日返し

香典返しは、忌明けを待たずに葬儀の当日に渡すことも可能です。近年は、葬儀や告別式が行われる当日に香典をいただいた方にのみ香典返しを渡す即日返し(当日返し)を行うケースが増えています。

即日返しは、受け取った香典の品物や金額の違いで渡す品物を変えず、全員に同じものを贈るため、渡しそびれる心配がありません。また、手渡しするので配送の準備をしたり、送料を支払ったりする手間をかけずに済みます。

ただし、葬儀に参列した全ての方に贈る会葬御礼と誤解される可能性があります。ほかにも、想定より高額の香典をいただいた場合は、後日不足分の品物を贈るなどの手間がかかることもあるため注意が必要です。

「香典返し」における注意点と理由

「香典返し」における注意点と理由

香典返しを贈る際に、気を付けておかなければならない注意点があります。注意点を知らずに香典返しの品物を贈ることで、相手を不快な気持ちにしてしまうかもしれません。

注意点を事前に把握していれば、マナーを守りながら香典返しを贈ることができます。以下では、香典返しを贈る際に気を付けておくべき注意点とその理由について解説します。

「香典返し」を行わない場合がある

香典を受け取った場合でも、香典返しの品物を贈らなくて良いケースもあります。香典返しを行わなくても良いとされるのは、一家の大黒柱が亡くなり、いただいた香典を今後の生活費や養育費などに使う場合や地域に古くから伝わる慣習がある場合などです。

また、香典の受け取りを辞退している場合や香典をいただいた方から香典返しは不要と申し出があった場合も香典返しを行わないのが一般的です。ただし、香典返しを行わないものの、参列者全員に贈る会葬御礼のみをお渡しするというケースもあります。

このように香典返しを行わない場合もありますが、上述したケースを除き、香典をいただいた方には即日返し、もしくは後日に品物を贈るのが基本的なマナーとされています。

高額の香典を受けた場合は後日ふさわしい品物を贈る

想定よりも高額の香典をいただいた場合は、後日、不足分の金額に相当する品物を贈る必要があります。高額の香典とは即日返しの品物より2~3倍以上の現金が包まれていることを指します。

香典の金額は、故人との関係の深さや費用相場を目安に決めるのが一般的ですが、故人の生前のときに交流が多かった参列者の中には、高額の香典を用意する方も少なくありません。高額の香典を受け取った場合は、葬儀の当日に即日返しとして用意した香典返しの品物を渡し、不足分は後日に追加で品物を贈れるように手配しておきます。

追加で香典返しを贈る際は、忌明けを迎えたタイミングで問題ありません。最終的に、即日返しの品物の金額と後日贈る品物の金額の合計が、いただいた香典の金額に対し、3分の1から半額程度になるように調整しましょう。

「香典返し」の商品を選ぶときのマナーや価格の相場は?

「香典返し」の商品を選ぶときのマナーや価格の相場は?

香典返しの品物の定番は、「消えもの」です。消えものとは、食べたり飲んだり使ったりすることで消えてしまうものを意味する言葉です。例えば、日本茶・コーヒー・乾物などの食品や、タオル・石けん・洗剤などの日用品があげられます。

消えものが香典返しに良いとされるのは「悲しみが長く続かないように」といった意味が込められているためです。また、香典返しの定番品のタオルには「悲しみを包み込む」や「不幸を拭い去る」などの意味があり、石けん・洗剤などには「悲しみを一緒に洗い流す」といった意味が含まれています。

香典返しの費用相場は、いただいた香典の3分の1から半額程度とするのが一般的です。10,000円の香典をいただいた場合は、3,000~5,000円を香典返しの予算とします。ただし、殺生を連想させる生の肉・魚や、縁起物で使われる鰹節・昆布・お酒類などは香典返しの品物には向いていないため、選ばないようにしましょう。

【2023年】香典返しにセンスのいい贈り物(忌明け後)

【2023年】香典返しにセンスのいい贈り物(忌明け後)

ここでは忌明け後に贈る香典返しを選ぶ際、参考になるセンスのいい贈り物を紹介します。同じ消えものの品物を選ぶ場合でも、センスのいいものを贈ることで相手に喜んでもらえるでしょう。それぞれの商品の特徴や香典返しにおすすめの理由も合わせて紹介しているため、香典返しの品物選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

レトルトの詰合せ(カレーやスープ)

帝国ホテル カレーセット

レトルトの詰合せは、香典返しの品物におすすめの贈り物です。カレーやスープなどの調理済みの食品がレトルトパウチに入っているため、レトルトパウチごと湯煎したり、中身を耐熱食器に移し替えてレンジで温めたりすれば、すぐに食べることができます。

また、空になったレトルトパウチは折り畳んで捨てられるため、ゴミとしてかさばることもありません。レトルトの詰合せは、忙しくて料理を作れないときや非常時の食料としてストックしておく際にも重宝するでしょう。なかでも有名ホテルの味わいを楽しめるレトルトセットは人気です。

おすすめのレトルトの詰合せ内容はこちら ▶

ドレッシング

サンクゼール ドレッシング・オイルセット

センスのいい香典返しを贈るなら、ドレッシングの詰合せもおすすめです。さまざまな種類のドレッシングが詰合せになったギフトセットはサラダやカルパッチョ、マリネなどの料理に活用できます。

メインディッシュの肉料理や魚料理などにも合わせられる味のドレッシングを選べば、料理好きな方にも喜ばれるでしょう。また、未開封のドレッシングをキッチンの飾り棚などに飾っておけば、おしゃれなインテリアになります。普段自分ではなかなか手が出せないような高級感のあるドレッシングは香典返しにもおすすめです。

おおすめのドレッシングの詰合せはこちら ▶

ジャムのギフトセット

サンクゼール オールフルーツスプレッドセット

ジャムのギフトセットはパン食の方やお子さんがいる方への香典返しにぴったりの贈り物です。イチゴやキウイ、マーマレードなどのカラフルなジャムのギフトセットは、食卓に彩りを添えてくれるでしょう。

ジャムの中でも、国産の果実をふんだんに使ったジャムや低糖質のジャムがおすすめです。また、和のテイストを取り入れた抹茶やあんこを使用したユニークなジャムもあるため、相手の年齢や好みなどを考慮して選びましょう。いろいろな味のジャムが楽しめるセットなら家族みんなで楽しめる贈り物になりますね。

おすすめのジャムのギフトセットはこちら ▶

フルーツジュース

カゴメ 野菜ジュース・フルーツジュースギフトセット

フルーツジュースはお子さんから大人まで年齢を問わずに飲めるため、香典返しの贈り物にぴったりです。小さなお子さんがいる方に香典返しを贈るなら、国産の果実を100%使用したフルーツジュースを選ぶと喜ばれます。

缶タイプのセットなら日持ちが良く、飲みきりタイプなので衛生的にも安心です。一方で、瓶タイプは缶のプルタブを開ける手間がないため、高齢者の方や家族が多い方におすすめです。老舗メーカーのフルーツジュースなら特別感があり、贈り物にも喜ばれるでしょう。

おすすめのフルーツジュースはこちら ▶

タオルセット

今治プレミアムホワイト フェイス・ハンドタオルセット

タオルは「悲しみを拭い去る」「悲しみを包み込む」などの意味が込められているため、香典返しの品物の定番です。香典返しで選ぶべきタオルは、白の無地のデザインです。派手な色は弔事のお返しにはふさわしくないため、色付きのタオルを贈る場合は淡い色のデザインを選ぶようにしましょう。

タオルセットを選ぶ場合は、肌触りが良く、高級感のある国産のものがおすすめです。シンプルでセンスのいいデザインを選べば、相手に喜んでもらえるでしょう。なかでも今治タオルは、その高い技術力が織りなす触り心地の良さが評判です。

おすすめのタオルセットはこちら ▶

【2023年】香典返しにセンスのいい贈り物(即日返し)

【2023年】香典返しにセンスのいい贈り物(即日返し)

ここでは、即日返しの品物としておすすめのセンスのいい贈り物を紹介します。即日返しの品物を選ぶ際のポイントは、日持ちの良さや持ち運びやすい大きさで軽量なものであるかを考慮することです。香典をいただいた方の年齢や性別などに関係なく、喜んでもらえる消えものを選ぶことが大切です。

お吸物の詰合せ

ろくさん亭 道場六三郎 フリーズドライギフト

お吸物の詰合せは、即日返しの品物としておすすめです。フリーズドライのタイプを選べば、お湯を注ぐだけですぐにお吸物が完成するため、時短調理にも便利です。仕事や家事、子育てなどに忙しい方や、一人暮らしの方にも重宝する一品です。

お吸物の詰合せは日持ちがしやすく、軽量なため、持ち帰る際に相手の負担になりにくいでしょう。また、普段使用することがない方に贈ってしまった場合でも、非常食として保管しておけます。とくに、さまざまな味が楽しめるギフトセットは贈り物にも好まれています。

おすすめのお吸物はこちら ▶

フルーツゼリー

銀座千疋屋 銀座ゼリー(9個)

フルーツゼリーは、数種類の果物のゼリーが詰合せになっているギフトセットです。彩りがきれいなため、センスの良さを感じてもらえることはもちろん、さまざまなフルーツから選ぶ楽しさを体験してもらえるでしょう。喉ごしが良く、上品な甘さとなっているので、お子さんから高齢者の方まで幅広い年齢層の方のおやつとして重宝します。

フルーツゼリーは常温で保存できるため、季節に関係なく選ぶことができます。果物といえば有名な銀座千疋屋や伊藤農園のこだわりが詰まったフルーツゼリーなら喜ばれるでしょう。

おすすめのフルーツゼリーはこちら ▶

ブランド石けん

牛乳石鹸 ゴールドソープセット

ブランド石けんは、センスのいい香典返しを贈る際にぴったりの品物です。有名ブランドの石けんは商品そのものやパッケージのデザインがおしゃれなので、贈り主のセンスの良さを演出できるでしょう。

石けんは実用性が高く、使用するとなくなる「消えもの」であるため、香典返しの品物におすすめです。また、良い香りのする石けんや星・花などのさまざまな形状の石けんを選ぶのも一つの方法です。ただし、重くなると持ち帰る際に負担になりやすいので注意しましょう。贈り物に石けんを選ぶ際は、肌に優しい成分が配合されているかどうかもチェックしたいところです。

おすすめのブランド石けんはこちら ▶

カタログギフト

和 小紋(こもん)

カタログギフトは、相手に好きなものを選んでもらえるため、センスのいい贈り物としておすすめの一品です。グルメや生活雑貨、家電などの実用性の高いものから、旅行券・食事券などを贈れる体験ギフトなどのユニークなギフト商品がたくさん掲載されています。

カタログギフトは相手に品物を選ぶ権利をプレゼントできるため、それぞれに合った香典返しを贈るのに便利です。また、配送や掛け紙をかけるサービスも利用できるため、葬儀の準備で忙しい方の負担を軽減してくれるでしょう。香典返しに人気の和風カタログギフト「和(なごみ)」なら、お気に入りのアイテムが見つかるはず。

おすすめのカタログギフトはこちら ▶

感謝の気持ちが伝わるセンスのいい香典返しを贈ろう

感謝の気持ちが伝わるセンスのいい香典返しを贈ろう

香典返しは、四十九日の法要を無事に済ませた報告と香典をいただいたことへのお礼の気持ちを伝えるために贈る品物です。香典返しを贈る方法は、葬儀の当日に渡す即日返し(当日返し)と、忌明けの後に贈る2パターンです。ただし、一家の大黒柱が亡くなったときや地方の慣習などの場合は、香典返しを行わないケースもあります。

香典返しの品物は、消えものを贈るのがマナーのため、上述したセンスのいい香典返しを参考に、贈る方法に合った品物を選びましょう。


▼ カタログギフトのハーモニック ▼
 カタログギフトのハーモニック

更新日:

新サービス登場! お急ぎ便 AM8時までのご注文で当日発送
メルマガ登録で最大1,000円OFFクーポンGETメルマガ登録で最大1,000円OFFクーポンGET
この記事を書いた人ハーモニックハーモニック編集部
「人と人の間に立ち、思いやりや感謝の気持ちをつなぐ。」というミッションの下、ギフトを贈る時に役立つ便利な情報を発信しています。
記事の内容は、20年以上、お客様のギフトに関する質問にお答えしてきた専門スタッフが監修しています。ぜひ、贈り物の参考にしてみてください。

香典返し・法要関連記事

香典返しは香典へのお礼のこと 時期と金額・お礼文について解説

香典返しは香典へのお礼のこと 時期と金額・お礼文について解説

一周忌とは、故人が亡くなってから1年後の命日です。一周忌の法要に参列する際は香典を用意するのがマナーですが、いくら包めばいいのか迷ったことがある人も多いのではないでしょうか。香...

→記事を読む

【香典返し】挨拶状の正しい書き方を知ろう|仏式・神式・キリスト教式別

【香典返し】挨拶状の正しい書き方を知ろう|仏式・神式・キリスト教式別

この記事では、香典返しの「挨拶状の書き方」と「贈るタイミング」を仏式・神式・キリスト教式別でご紹介しています。故人と親しい間柄だった方やお世話になった方に感謝の気持ちをお伝えで...

→記事を読む

香典返しの品物でタブーはある?お菓子を選ぶときに注意したいこと

香典返しの品物でタブーはある?お菓子を選ぶときに注意したいこと

香典返しはお悔やみいただいた方々にお礼の気持ちを伝えるために贈るものです。きちんと気持ちを伝えるためにも失礼のないものを選びたいですね。この記事では、香典返しの「品物」として定...

→記事を読む

香典返しの「掛け紙」で気をつけたい5つのポイント

香典返しの「掛け紙」で気をつけたい5つのポイント

香典返しを送る際の掛け紙(のし紙)や、水引、表書きなどのマナーをご紹介。掛け紙をのし紙の違いや、選び方、宗教別の水引の紹介なども掲載しています。

→記事を読む

【いつまでに贈る?】香典返しを贈る時期を解説!

【いつまでに贈る?】香典返しを贈る時期を解説!

香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーや宗派の違いについて不安に思う方...

→記事を読む

香典返しのマナーやタイミング、おすすめ商品の記事一覧

香典返しのマナーやタイミング、おすすめ商品の記事一覧

「香典返し」を贈るとき、マナーを守ることと相手に合わせた贈り物・贈り方にすることがポイントです。この記事では、基本的なマナーやタイミングに加え、水引・熨斗のマナーについてなども...

→記事を読む

香典返し・法要に人気のカタログギフト

香典返し・法要に人気のカタログを価格帯から選ぶ

3,000円前後

4,000円前後

5,000円前後

6,000~7,000円

8,000~9,000円

10,000~20,000円

30,000~50,000円

50,000円~

ページ
上部へ