お盆について

お盆について

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。

お盆の意味・由来

「お盆」とは、毎年7月15日に先祖の霊の供養のために行う仏教行事です。(地方によっては8月15日となります)

正式には、「孟蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。

この孟蘭盆会は、
「昔、釈尊の十大弟子の一人に神通力第一と言われる目連尊者という弟子が幼い時に死別した母に親孝行ができなかった事を悲しく思い、その母の様子を知るために神通力をもって三千大千世界を見渡したところ、母の青提女(しょうだいにょ)は生前、仏への供養を惜しんだために餓鬼道に堕ち、無残な姿で苦しむ姿を見ました。目連尊者は釈尊に母を救う道の教えを乞いました。釈尊は、この7月15日に百味の飲食を供え、十万の聖僧を招いて供養すれば母を餓鬼道から救う事が出来る、と説き、目連尊者はその教え通りに実践して母を救う事ができました。」
と孟蘭盆経に記載されております。

孟蘭とは梵語で「倒懸(さきがけ)」という意味で、餓鬼道の飢えや渇きの苦しみが、逆さに吊るされた苦しみに似ているところから、このようにいわれ、「お盆」とはこれを救う器という意味なのです。

さらに、故人の死後、初めて迎える「お盆」の事を「新盆」と言い「新盆」の供養は、特に丁寧に営みます。
「お盆」の最初の日(一般には7月13日、旧暦では8月13日)に墓参りをし、家では迎え火を焚いて仏壇の燈明を灯し、盆提灯の明かりをつけます。
「お盆」の最後の日(一般には7月16日、旧暦では8月16日)にも送り火を焚き、霊を送り出して行事を終えます。

「新盆」には僧侶に読経を頼みますが、「お盆」は僧侶が最も多忙な時ですから、早目に依頼しておきましょう。

法要・香典返しにおすすめのカタログ
グッズ、食品、体験まで選べる和風カタログギフト「和(なごみ)」
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。全16コース 2,800円〜50,800円(税抜)

香典返し・法要関連記事

香典返しの「時期」と「金額の目安」

香典返しの「時期」と「金額の目安」

香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では香典返しを贈る時期や金額の目安について解説します。

→記事を読む

香典返しの挨拶状 正しい書き方を知ろう

香典返しの挨拶状 正しい書き方を知ろう

故人に関する弔事がとどこおりなく終了したら、その報告と会葬などでお世話になったお礼に、挨拶状を添えて香典返しを贈るのが一般的です。この記事では、香典返しの「挨拶状の書き方」をご紹介します。

→記事を読む

香典返しに贈って良いもの・悪いもの

香典返しに贈って良いもの・悪いもの

香典返しはお悔やみいただいた方々にお礼の気持ちを伝えるために贈るものです。きちんと気持ちを伝えるためにも失礼のないものを選びたいですね。この記事では、香典返しの「品物」として定番となっているものや避けたほうがよいものをご紹介します。

→記事を読む

香典返しの「掛け紙」で気をつけたい4つのポイント

香典返しの「掛け紙」で気をつけたい4つのポイント

香典返しを送る際の掛け紙(のし紙)や、水引、表書きなどのマナーをご紹介。掛け紙をのし紙の違いや、選び方、宗教別の水引の紹介なども掲載しています。

→記事を読む

香典返しを渡す時期はいつ頃?

香典返しを渡す時期はいつ頃?

香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では香典返しを贈る時期について解説します。

→記事を読む

香典返しの記事一覧

香典返しの記事一覧

「香典返し」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「香典返し」も紹介します。

→記事を読む

香典返し・法要に人気のカタログギフト

香典返し・法要に人気のカタログを価格帯から選ぶ