高額な香典を頂いた際の香典返しのマナー

高額な香典を頂いた際の香典返しのマナー

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。

香典に包む金額は、生前のお付き合いの深さや血縁、年齢、ビジネスなどの関係性によって相場が決まっています。

とは言え、故人への感謝やお悔やみの気持ちは、包む人によって変わるものですから、時には相場に見合っていないということもあります。

仮に、相場とあまりにもかけ離れた金額の場合でも、それを指摘するのはNG。包む人から故人への気持ちとして受け取ることが大切です。

では、実際に金額差がありすぎるときに、どうしたらいいのかをご紹介いたします。


一般的に、香典のお返しは「半返し」が相場と言われています。そのため、香典の相場より少なすぎる場合であっても、香典の半額相当の品をお返しするといいでしょう。

一方、高額な香典の場合には、必ずしも「半返し」が必要ということはありません。高額な香典をいただいた場合には、親族へのお礼と合わせて四十九日などの忌明けに送るお礼状と一緒に、お返しの品を贈ると良いでしょう。


香典にも金額の相場があるように、香典返しにも相場があり、マナーがあります。故人に代わって、感謝の言葉を返すのが香典返しですので、お気持ちをきちんと伝えることが大切です。

法要・香典返しにおすすめのカタログ
グッズ、食品、体験まで選べる和風カタログギフト「和(なごみ)」
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。全16コース 2,800円〜50,800円(税抜)

香典返し・法要関連記事

香典返しの「時期」と「金額の目安」

香典返しの「時期」と「金額の目安」

香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では香典返しを贈る時期や金額の目安について解説します。

→記事を読む

香典返しの挨拶状 正しい書き方を知ろう

香典返しの挨拶状 正しい書き方を知ろう

故人に関する弔事がとどこおりなく終了したら、その報告と会葬などでお世話になったお礼に、挨拶状を添えて香典返しを贈るのが一般的です。この記事では、香典返しの「挨拶状の書き方」をご紹介します。

→記事を読む

香典返しに贈って良いもの・悪いもの

香典返しに贈って良いもの・悪いもの

香典返しはお悔やみいただいた方々にお礼の気持ちを伝えるために贈るものです。きちんと気持ちを伝えるためにも失礼のないものを選びたいですね。この記事では、香典返しの「品物」として定番となっているものや避けたほうがよいものをご紹介します。

→記事を読む

香典返しの「掛け紙」で気をつけたい4つのポイント

香典返しの「掛け紙」で気をつけたい4つのポイント

香典返しを送る際の掛け紙(のし紙)や、水引、表書きなどのマナーをご紹介。掛け紙をのし紙の違いや、選び方、宗教別の水引の紹介なども掲載しています。

→記事を読む

香典返しを渡す時期はいつ頃?

香典返しを渡す時期はいつ頃?

香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では香典返しを贈る時期について解説します。

→記事を読む

《香典返し》人気カタログギフトランキング

《香典返し》人気カタログギフトランキング

豊富な商品の中から、雑貨やグルメなど欲しいものを自由に選べるカタログギフト。最近では様々なギフトシーンで定番アイテムとなってきました。この記事では、香典返しで人気のカタログギフトをランキング形式でご紹介。迷った時の参考にして、大切な方へステキなギフトを贈りましょう。

→記事を読む

香典返し・法要に人気のカタログギフト

香典返し・法要に人気のカタログを価格帯から選ぶ