香典返しを宅配(郵送)で送ってもいいの?

香典返しを宅配(郵送)で送ってもいいの?

※地域・慣習・宗派により一部異なる場合がございます。ご了承ください。

本来、香典返しは「四十九日を過ぎてから、手渡しでお贈りする」のが基本でしたが、時代の流れもあり、手渡しが難しい場合は郵送や宅配便などでお贈りすることも一般的になってきました。

では、郵送する場合は、どのようなことに気をつけた方が良いのでしょうか。

まず、香典返しを郵送する場合は、感謝の気持ちを表すために必ず「お礼状」を添えましょう。「お礼状」には、無事に四十九日法要が済んだことや、郵送で贈ったことへのお詫びの言葉を入れておきましょう。

また、贈る日時にも気をつけましょう。香典返しは、感謝の気持ちを伝える贈り物ですが、不祝儀に関わることなので、贈り先にお祝い事がある日や年始早々などは避け、届く日時にも注意して贈りましょう。

最後に、郵送する場合は品物の他に送料などがかかる場合があるので、香典返しの金額の目安である、1/3~半額以内に収めるよう気をつけましょう。
最近のネットショップなどは、送料無料のサービスや包装・挨拶状などの無料サービスが充実しているところもあるので、そういったところで購入するのも賢い方法です。

ハーモニックの公式サイトでは、日本全国送料無料のほか、包装紙や挨拶状、奉書や手提げ袋の無料サービス、また仏事専用の注文書もございますので、品物以外にお金をかけたくない方やお店に買いに行く暇がない方など、ネットショップで香典返しの購入を検討されている場合は、当店でご購入してはいかがでしょうか?

法要・香典返しにおすすめのカタログ
グッズ、食品、体験まで選べる和風カタログギフト「和(なごみ)」
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。全16コース 2,800円〜50,800円(税抜)

香典返し・法要関連記事

香典返しの「時期」と「金額の目安」

香典返しの「時期」と「金額の目安」

香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では香典返しを贈る時期や金額の目安について解説します。

→記事を読む

香典返しの挨拶状 正しい書き方を知ろう

香典返しの挨拶状 正しい書き方を知ろう

故人に関する弔事がとどこおりなく終了したら、その報告と会葬などでお世話になったお礼に、挨拶状を添えて香典返しを贈るのが一般的です。この記事では、香典返しの「挨拶状の書き方」をご紹介します。

→記事を読む

香典返しに贈って良いもの・悪いもの

香典返しに贈って良いもの・悪いもの

香典返しはお悔やみいただいた方々にお礼の気持ちを伝えるために贈るものです。きちんと気持ちを伝えるためにも失礼のないものを選びたいですね。この記事では、香典返しの「品物」として定番となっているものや避けたほうがよいものをご紹介します。

→記事を読む

香典返しの「掛け紙」で気をつけたい4つのポイント

香典返しの「掛け紙」で気をつけたい4つのポイント

香典返しを送る際の掛け紙(のし紙)や、水引、表書きなどのマナーをご紹介。掛け紙をのし紙の違いや、選び方、宗教別の水引の紹介なども掲載しています。

→記事を読む

香典返しを渡す時期はいつ頃?

香典返しを渡す時期はいつ頃?

香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では香典返しを贈る時期について解説します。

→記事を読む

《香典返し》人気カタログギフトランキング

《香典返し》人気カタログギフトランキング

豊富な商品の中から、雑貨やグルメなど欲しいものを自由に選べるカタログギフト。最近では様々なギフトシーンで定番アイテムとなってきました。この記事では、香典返しで人気のカタログギフトをランキング形式でご紹介。迷った時の参考にして、大切な方へステキなギフトを贈りましょう。

→記事を読む

香典返し・法要に人気のカタログギフト

香典返し・法要に人気のカタログを価格帯から選ぶ