結婚祝いのお返しを贈る時期は?
マナーを知って失礼のないお返しを。

結婚祝いのお返しを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

披露宴にご招待できなかった、または事情があって欠席された方から結婚祝いを頂いた場合に贈る結婚内祝い。快く受け取っていただくには、まずは自分自身がマナーを身に付けましょう。

結婚内祝いの時期は「1ヶ月以内」が目安

結婚内祝いの場合、遅くとも挙式後の1ヶ月以内にはお贈りするのがマナーです。

結婚式を挙げていないけれどお祝いを頂いた場合も内祝いをします。こうした場合は、入籍してから1ヶ月以内を目安にお返しの品をお贈りしましょう。

結婚内祝いは、先方へ夫婦で持参し、直接お礼の言葉とともにお渡しするのが正式ですが、場合によっては都合がつかないこともあります。遠方の親戚や友人など、直接手渡しすることが難しいお相手には当サイトのようなギフト専門店などを通して配送しても問題はありません。ただし、そうした場合には事前にお返しの品をお贈りすることをお伝えし、お礼状と品物を贈りしましょう。

また、親戚や知人などあらゆる方からお祝いの品をいただくケースも珍しくありません。何をもらったのか、名前や住所などをリスト化して記録しておくのがおすすめです。リストが手元にあれば相手に対してお礼の電話をしたり、お礼状を書いたりするのもスムーズにできます。

まとめ

結婚内祝いは、披露宴にご招待できなかった、または事情があって欠席された方から結婚祝いをいただいた場合に品物を贈ります。相場や渡す時期、渡さないほうがよいアイテムなど基本的なことを確認しましょう。ほかにも、のしをかける際の水引の色や本数、書き方なども正しい知識を身に付ける必要があります。

品物選びにあたって、縁起がよいものを選ぶのもマナーのひとつです。特に目上の方に渡すときは、タブー視されることもあるアイテムを選ぶのは避け、失礼がないよう心がけることが大切です。

ハーモニックでは、結婚内祝いにぴったりなカタログギフトを用意しています。お返しのギフト選びに悩んだら、ぜひご利用ください。

結婚内祝い関連記事

結婚内祝い(お返し)の「時期」と「金額の目安」

結婚内祝い(お返し)の「時期」と「金額の目安」

結婚内祝い(お返し)の時期や金額の目安、目上の人からのお祝いのお返し、高額のお祝いのお返しなど、状況ごとのマナーをご紹介。結婚内祝いや引き出物のお返し、出産内祝い、香典返し、法人ギフトならハーモニック。

→記事を読む

結婚内祝いのお礼状の書き方と文例集

結婚内祝いのお礼状の書き方と文例集

結婚祝いのお礼状は、基本的に結婚式や披露宴の出欠席にかかわらず、お祝いを頂いたすべての方に書きましょう。 しかし、目上の方や親戚、友人など、出す相手によってお礼状の文面は変わるため、どう書けばいいのか悩みがちですよね。 この記事では、結婚内祝いの「お礼状の書き方」と「相手別の文例集」を紹介していきます。

→記事を読む

結婚内祝いの「避けた方がいい品物」について

結婚内祝いの「避けた方がいい品物」について

結婚内祝いを、結婚祝いの金額に応じて一律に贈るなら、趣味嗜好に関係のない、実用的なものが最適です。逆に、趣味嗜好に合わせてと考える場合は、カタログギフトなどで贈り先様に選んでいただいた方がいいでしょう。

→記事を読む

結婚内祝いの「のし」4つのポイント

結婚内祝いの「のし」4つのポイント

贈り物に掛けるのし紙には水引の色や本数、表書きの書き方など、いくつか決まり事があります。この記事では、いざ贈るとなると迷いがちな結婚内祝いの「のし」の一般的なマナーをご紹介します。

→記事を読む

結婚内祝いの記事一覧

結婚内祝いの記事一覧

「結婚内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「結婚内祝い」も紹介します。

→記事を読む

結婚内祝いでよくあるご質問(FAQ)

結婚内祝いでよくあるご質問(FAQ)

「結婚内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングなど、「結婚内祝い」でよくあるご質問(FAQ)をご紹介します。

→記事を読む

結婚内祝いに人気のカタログギフト

結婚内祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ