結婚内祝いに贈るギフトを見つけるおすすめの方法

結婚内祝いとは結婚祝いをくださった方に贈るお返しのギフトです。結婚式や披露宴に参列してくださった方には引き出物を渡しますが、参列していない方から結婚祝いをいただいた場合にはお返しとして結婚内祝いを贈るのが一般的です。

せっかく結婚内祝いを用意するのであれば、受け取った相手がうれしいと思うものを選びたいという方も多いでしょう。しかし、なかには結婚内祝いにかける金額やギフトの内容に悩むという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、相手に喜んでもらえる結婚内祝いを見つけるためのおすすめの方法についてご紹介します。結婚内祝いのギフトを贈る際の注意点も詳しく解説しますので、結婚内祝いに困っている方はぜひご覧ください。

結婚内祝いに困った際はカタログギフトを選ぶのがおすすめ

贈る相手の趣味や好みがわからず、結婚内祝いについて迷っているという方は「カタログギフト」を選択するのもひとつの方法です。カタログギフトには、掲載されているギフトのなかから相手が気に入ったものを選んで注文できるというメリットがあります。贈る側もギフト選びに時間をかけずにすむでしょう。

結婚内祝いにカタログギフトを贈るのであれば、結婚祝いや結婚内祝い専用のものを選ぶと安心です。内祝いにかける金額に応じて多様なコースを選べるカタログギフトのシリーズを検討するのもよいでしょう。

ハーモニックでは結婚内祝い向けのカタログギフトも幅広い価格帯のカタログギフトシリーズも豊富にご用意しております。結婚内祝いで迷っているという方は、ぜひハーモニックのカタログギフトも参考にしてください。

結婚内祝いにおすすめのカタログ
ウエディング限定版カタログギフト「ラ・マリエ」
業界で初めてウエディング専用のカタログギフトを発売したハーモニックのカタログギフト「ラ・マリエ」は、結婚内祝いや引き出物に大人気!おふたりの感謝の気持ちが伝わるように、心を込めてご用意した特別なギフトです。

結婚内祝いに贈る物をピックアップするおすすめの方法

結婚内祝いのギフトは「相手に喜んでもらえるかどうか」ということを重視してピックアップしていくことをおすすめします。「自分はこれをもらえるとうれしい」といった観点も参考にはなりますが、あくまでも相手が喜ぶかどうかに焦点を当てることが大切です。

では、贈る側の自己満足にならないギフト選びをするにはどうすればよいのでしょうか。ここでは結婚内祝いの品をピックアップする際に参考にしたい7つのポイントについて解説していきます。

カタログギフトの内容

結婚内祝いにカタログギフトを選択する場合、掲載されているギフトの数やジャンルの豊富さを重視するとよいでしょう。特に相手の方の趣味や好みが詳しくわからない場合におすすめの方法です。

一方で食べることが好きな方にはグルメに特化したもの、自然派志向の方には「ナチュラル」「オーガニック」にこだわったものといったように、相手の好みに合わせてカタログギフトを選択するのもよい方法でしょう。いずれにしてもカタログギフトの内容をきちんと確認し、贈る相手によってカタログギフトを変えることをおすすめします。

結婚内祝いにおすすめのカタログ
ウエディング限定版カタログギフト「ラ・マリエ」
業界で初めてウエディング専用のカタログギフトを発売したハーモニックのカタログギフト「ラ・マリエ」は、結婚内祝いや引き出物に大人気!おふたりの感謝の気持ちが伝わるように、心を込めてご用意した特別なギフトです。

サイトのランキング

結婚内祝いを取り扱うサイトは数多く存在します。結婚内祝いのギフトに迷ったときは、各サイトのランキング上位となっているものを参考に選ぶのもよいでしょう。

多くの方に評価されているギフトには選ばれるだけの理由があります。ランキング上位のギフトが贈る相手の好みや家族構成などに合ったものであれば、相手にも喜んでもらえるギフトになるでしょう。

友人や兄弟のニーズ

せっかく結婚内祝いを贈っても、相手のニーズに合っていなければ相手に喜んでもらえなかったり使ってもらえなかったりするおそれがあります。普段のお付き合いのなかから相手のニーズをイメージし、それに合ったギフトを選ぶようにしましょう。

友人や兄弟姉妹といった親しい間柄の方に贈るのであれば、なにが欲しいのかを相手に直接確認するのもおすすめです。相手が遠慮した場合は相手のニーズに合わせられるカタログギフトを検討するとよいでしょう。

商品の魅力

結婚内祝いに贈るギフトは相手が魅力的に感じるものを選ぶことも大切です。たとえば消耗品や日用品の場合、普段使いのものよりも質が高いものや有名ブランドのものを選ぶことをおすすめします。ただし香りや色などは贈る側の好みが出やすいポイントでもあるので注意しましょう。

カタログギフト等のレビュー

結婚内祝いのギフトを選ぶ際には商品に対するレビューや感想なども確認しておきましょう。商品に対するレビューはすべて正しいというわけではありませんが、参考材料のひとつになります。実際に商品を使った方や内祝いなどの贈り物に利用した方の意見を参考に考えてみましょう。

親や兄弟姉妹からのアドバイス

自分や配偶者の親や兄弟姉妹に結婚内祝いについてアドバイスしてもらうのもひとつの方法です。特に目上の方に贈る場合は双方の親からのアドバイスが参考になるでしょう。兄弟姉妹が最近結婚して内祝いを贈ったという場合は最近の内祝いの傾向について知ることもできます。

また親戚に贈る場合はとても心強いアドバイスとなるでしょう。親は親戚の好みを把握しているかもしれませんし、兄弟姉妹の結婚のときにどのようなものを内祝いとして贈ったかということも確認できます。どのギフトを選ぶか決められない場合は、親や兄弟姉妹に相談をしてみると解決の糸口が見つかるかもしれません。

結婚内祝いを取り扱っているサイトに相談

より客観的な意見を知りたいという方は専門家に尋ねてみるのもおすすめです。結婚内祝いを取り扱うサイトに相談するのもよいでしょう。

たとえば結婚内祝い向けのカタログギフトも取り扱っているハーモニックでは、カタログに関する質問以外にも贈り物に関するさまざまな質問や悩みに対応しています。ハーモニックのように安心できるサポート体制がしっかり整っているサイトを選んで相談してみましょう。

上司や友人に結婚内祝いを贈る際におすすめしないこと

上司や友人へ結婚内祝いを贈るときは「喜んでもらえるものを選ぶこと」も大切ですが、「失敗しないこと」を意識するのも重要です。マナー違反をおかさないよう注意しましょう。

それでは、結婚内祝いのマナー違反とはどういったものなのでしょうか。結婚内祝いで後悔しないためにもマナーをきちんと知っておきましょう。

結婚祝いでいただいた金額以上のお返し

結婚内祝いにかける金額は結婚祝いに金額の半額程度を目安にします。親戚や目上の方から高額なお祝いを受け取った場合は3分の1ほどでもよいでしょう。

結婚祝いの金額に対して内祝いの金額が高すぎる場合、相手の方は「結婚祝いが少なかったのかもしれない……」と不安に感じてしまうかもしれません。また相場よりも低い価格の内祝いは相手に不快感を与えるおそれがあります。

結婚内祝いにかける金額は高過ぎても低過ぎても失礼にあたります。一般的な相場から大きく外れないようにしましょう。

相手の趣味趣反する結婚内祝い

相手に喜んでもらえるものを選ぶことはギフト選びにおける基本です。相手の好みに合ったものを贈ることを心がけ、相手の好みにまったく合わないものを贈ることは避けたほうがよいでしょう。

相手の好みについてまったく見当がつかないのであればカタログギフトがおすすめです。相手が自分の好みに合わせてギフトを選べるので、ギフトの内容で失敗するということを防げるでしょう。

結婚内祝いを選ぶのに時間がかかり過ぎること

結婚内祝いは結婚式や披露宴を行ってから1か月以内、または結婚祝いをいただいてから1か月以内を目安に贈ります。ギフト選びに時間をかけ過ぎると、いつの間にか1か月以上経っていたということにもなりかねません。結婚祝いをいただいたら早めに結婚内祝いのギフト選びを始めましょう。事前に検討しておくのもおすすめです。

「ギフト選びに時間がかかりそう」「結婚式の後は新婚旅行や引っ越しなどであまり時間がとれない」という場合はカタログギフトがおすすめです。内祝いにかける金額がわかっていれば贈るカタログギフトの選択肢も絞れますので、ギフトを考える時間を短くできるでしょう。

丁寧過ぎるお礼状を書くこと

結婚内祝いを贈る際には結婚祝いをいただいたことに関する感謝の気持ちを込めてお礼状を添えましょう。お礼状には結婚祝いをいただいたことに対するお礼の言葉や結婚内祝いを贈ることを書きます。今後のお付き合いに関するごあいさつもしておくとよいでしょう。

お礼状を書く際には相手に対して失礼がないよう丁寧な文章を書くことが大切です。しかしあまりにも堅苦しい文章になってしまうと、かえって無礼な印象を与えてしまうおそれがあります。お礼状の基本ルールや形式を守ることは重要ですが、丁寧過ぎるお礼状にならないよう気を付けましょう。

水引を蝶結びにすること

冠婚葬祭ではのし紙(掛け紙)やのし袋を使うことも多くありますが、使用されている水引の種類にも注意しましょう。お祝いごとに使う水引の結び方には「蝶結び」と「結び切り」がありますが、結婚内祝いでは蝶結びではなく結び切りを使います。

蝶結びは何度もほどいたり結び直したりできるため、何度あってもおめでたい「出産」や「進学」といったお祝いごとに用いるものです。「結婚」の場合は何度も結び直せる蝶結びでは縁起がよくないため、一度結ぶとほどけない結び切りにしましょう。

結婚内祝いにおけるおすすめの質問を考える方法

結婚内祝いの候補を選び出す方法や贈る際に注意すべき点について確認してきましたが、結婚内祝いに関してまだまだ悩みや不安があるという方も少なくないでしょう。この場合は結婚内祝いを取り扱う専門家に尋ねてみるとよいかもしれません。

質問や疑問を思いついたタイミングでその都度聞くと時間がかかってしまうためおすすめできません。結婚内祝いに関する相談をする前に「なにに悩んでいるのか」「なにを聞きたいのか」といった点を整理しておくことが大切です。それでは結婚内祝いに関する疑問や質問をできるだけ洗い出すにはどうすればよいか確認していきましょう。

結婚内祝いに関する疑問を列挙

最初に結婚内祝いに関する疑問や不安、悩みなどを一通り挙げてみましょう。紙に書き出していくと、疑問に感じることがさらに出てきたり調べればすぐにわかるものがあったりと徐々に質問したほうがよい項目を絞っていけます。効率よく疑問や不安を解消するためにも、まずは疑問をすべて書き出すことから始めましょう。

サイト内に「よくある質問」のページがあれば確認すること

結婚内祝いに関して相談する予定のサイトに「よくある質問」のページがあれば、実際に相談する前に確認しておきましょう。文字通りよくある質問に対する回答が記載されており、見るだけで疑問が解消できる場合も少なくありません。

「よくある質問」のページのなかに自分が抱えている疑問を解消できる回答がない場合は質問内容を具体的に考え、サイトに相談してみましょう。ハーモニックでは結婚内祝いに関するさまざまな相談に対応しておりますので、ぜひ検討してみてください。

カタログのサンプルを請求

カタログギフトを結婚内祝いのギフトとして検討している場合、カタログギフトのサンプルを請求してみるのもよいでしょう。サンプルを確認することで疑問点を明確にできる場合もあります。

ハーモニックではカタログのサンプルをお送りすることもできるほか、Web上で誌面を確認できます。ぜひ質問の内容を考える際の参考にしてください。

まとめ

結婚内祝いのギフトには贈る相手が喜びそうなものを選ぶことが大切です。相手のニーズを事前に把握したり親や兄弟姉妹に相談したりして相手にうれしいと感じてもらえるギフトを選びましょう。相手の好みがわからない場合は、相手の方に好きなものを選んでもらえる「カタログギフト」もおすすめです。

結婚内祝いを贈る際にはマナーにも注意が必要です。贈るタイミングや内祝いの相場、お礼状や水引の種類といったポイントに気を付けて贈るようにしましょう。

結婚内祝いについて疑問や悩みがある方は、結婚内祝いを扱っているサイトに相談してみるのもよいでしょう。カタログギフトを取り扱うハーモニックでは結婚内祝いをはじめとするギフトの相談に丁寧にお答えしております。結婚祝いや結婚内祝い専用のカタログギフトもご用意しておりますので、ぜひ一度ハーモニックにご相談ください。

結婚内祝いにおすすめのカタログ
ウエディング限定版カタログギフト「ラ・マリエ」
業界で初めてウエディング専用のカタログギフトを発売したハーモニックのカタログギフト「ラ・マリエ」は、結婚内祝いや引き出物に大人気!おふたりの感謝の気持ちが伝わるように、心を込めてご用意した特別なギフトです。

結婚内祝い関連記事

結婚内祝いに商品券は失礼にあたる?
お返しで失敗しない「ギフト」を紹介

商品券は贈り物として利用されることも多いため、今までにお祝いごとで商品券をいただいた経験があるという方もいるでしょう。しかし、結婚内祝いとして商品券を贈ってよいかど…

→記事を読む

結婚内祝いギフトの人気・おすすめランキング7選

結婚内祝いは結婚祝いをくれた方へのお礼、感謝の気持ちを表すために贈るものです。結婚式や披露宴に来られなかった方からお祝いをいただいた場合に内祝いを用意します。式や披露宴…

→記事を読む

職場の方に結婚内祝いをお返しする上で最低限知っておきたいもの

結婚のお祝いをしてくれた職場の人に内祝いを渡したいと考えたとき、贈る際のマナーがわからないという方もいるのではないでしょうか。内祝いのマナーについて知っておけば、感…

→記事を読む

結婚内祝いに人気のカタログギフト