予算1万円の結婚内祝い!
購入のメリットやおすすめギフトは?

結婚内祝いとは結婚祝いをいただいた方にお贈りするお返しのギフトです。披露宴に参列いただいた方には参列のお礼と内祝いとをかねて引出物をお渡ししますが、参列いただかなかった方からお祝いをいただいた場合には後日あらためて結婚内祝いをお渡しするのがマナーです。

結婚内祝いの相場はいただいたお祝いの金額によって変動するため、相手によってお返しの金額も変わってきます。なかには1万円程度の予算で内祝いを贈るにはどういったものを贈ればよいのか迷っているという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では予算1万円でおすすめの結婚内祝いのギフトをご紹介します。予算1万円で結婚内祝いを贈るメリットや相場、気を付けたいマナーなどの知識についてもあわせてご説明しますので、結婚内祝いを贈る際の参考にしてください。

予算1万円で結婚内祝いのギフトを購入するメリット

披露宴に参列いただいていない方からお祝いをもらった場合、そのお返しとして結婚内祝いを贈ることになります。お祝いの金額によっては1万円ほどのギフトを選ぶケースもあるでしょう。では、1万円の予算で内祝いを贈ることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

高級感があって喜ばれる

1万円の品物を選ぶことのメリットのひとつとして、高級感があって喜ばれる可能性が高いということがあげられます。また同じ種類の品物でも数千円のものと1万円のものとでは1万円のもののほうが質のようものが多いので、長く使ってもらえるでしょう。

値段がすべてではありませんが、高級感のある素敵な贈り物を選ぶと相手にも喜んでもらえるのではないでしょうか。結婚祝いをいただいたことへの感謝の気持ちを込めて、相手がもらってうれしいと感じるような品物を選んでみてください。

相手があまり買う機会がないものを贈れる

内祝いなどの贈り物を選ぶとき、相手が自分で買うかどうかを基準にする方法があります。自分で買うようなものよりも、「あったらうれしいけど、自分ではわざわざ買わない」「欲しいけど買う機会がない」といったものを選ぶと喜んでもらえるでしょう。

一般的な視点で考えると、1万円相当の品物はそれほど頻繁に購入できるものではありません。1万円分の贈り物をするのであれば、相手のニーズに合わせつつ相手が買う機会のないものを選ぶようにすることもおすすめです。

大切に使ってもらえる

人からもらったものの中には「気持ちはうれしいものの使い道が分からない」「自分の好みではない」というものもあるかもしれません。1万円の内祝いでは高級感や良質のものが多いため、相手に気に入ってもらえれば大切に使ってもらえるというメリットがあります

また、せっかくの贈り物ですので高級感や質のよさだけでなく、相手の年齢や品物の用途も考慮して選ぶようにするのもよいでしょう。相手の趣味や好みがわかればそれに合わせて選ぶと失敗するリスクも低くなると思われます。

結婚内祝いにはいくらかけるのが一般的?

結婚内祝いを贈る際は、ギフトにかける金額の相場を守ることが重要です。結婚内祝いはいただいた結婚祝いの金額や相手との関係、自分の年齢といった相場に応じたお返しをしますが、一般的にはいただいたお祝いの3分の1から半額程度が一般的な内祝いの相場です。

つまり1万円の予算の内祝いが適切と考えられるのは、2~3万円のお祝いをいただいた場合ということになります。

内祝いは相場より高すぎても低すぎても相手に気持ちよく受け取ってもらえないおそれがあります。いただいた額に見合った予算で内祝いを贈るのもマナーのひとつであることを心にとめておきましょう。

内祝いのお返しが足りない場合の対策

現金でお祝いをいただいた場合は金額が明確ですが、品物をもらった場合は正しい金額がわからずに少なく見積もってお返しをしてしまうこともあるかもしれません。感謝の気持ちを込めて内祝いを贈っても、「贈ったお祝いの金額と見合っていない……」と思われないようにしたいものです。

あとになって「金額が足りていなかったのでは」と感じた場合は、新婚旅行のお土産を買って贈ることで補填するという方法もあります。お土産を渡す際に、経緯をしっかり伝えることを忘れないようにしましょう。

結婚内祝いを贈るのに適切な時期

披露宴に参列いただかなかった方からお祝いをもらった場合、結婚内祝いを贈るのがマナーです。では結婚内祝いを贈るのに適切な時期とはいつごろなのでしょうか。

結婚内祝いは一般的にお祝いを受け取ってから1カ月以内をめやすに贈ります。結婚式よりも前にお祝いをいただいた場合は、遅くとも式を挙げてから1カ月以内に贈るようにしましょう。

内祝いを贈るのがあまりに遅くなってしまうと「お祝いがちゃんと届いていないのかな」「忘れられているのでは……」と相手に心配させてしまうかもしれません。一般的な時期を守って早めに内祝いを贈ることをおすすめします。

結婚内祝いを贈る際に気を付けるべきマナー

結婚内祝いを贈る際には、心を込めてお祝いしてくださった相手に対して失礼のないようにしたいものです。相場や時期といった基本的な知識を身に付けた上で、結婚内祝いを贈る際に気を付けるべきマナーをご紹介します。

結婚祝いのお礼は早めに伝える

結婚祝いをいただいたら、お礼を早めに伝えるようにしましょう。宅配便などで贈っていただいた場合には、受け取った時点でお礼状を出したりお礼の電話をかけたりするのがマナーです。連絡をしないと「結婚祝いは無事に届いているのだろうか……」と贈っていただいた方に心配をかけてしまうこともあります。相手に不安な思いをさせなくても済むよう、早めに連絡することをおすすめします。

またお祝いを自宅に直接持ってきていただいた場合は、電話やメールでもあらためてお礼を伝えましょう。その場でもお礼を述べるとは思いますが、あらためてお礼を伝えるとより丁寧な対応となります。

のし紙は内のしにする

贈り物をする際は「のし紙」を付けるのが一般的です。のし紙をかけてから包装する「内のし」と包装してからのし紙をかける「外のし」の2種類がありますが、「外のし」よりも「内のし」のほうが少し控えめな印象となります。

内祝いは相手を直接お祝いするためのものではなくお返しの品であるため、結婚内祝いを贈る場合は「内のし」のほうが適しているとされています。また配送中にのし紙に傷が付かないのも「内のし」のメリットといえるでしょう。

相手に合わせたものを選ぶ

自分が贈りたいものではなく、相手に合わせたものを選ぶのも内祝いのマナーです。自分の好みで贈ると、受け取った相手が困ってしまうこともあります。相手が好きなものや食べられるものを基準に選ぶようにしましょう。

食べものを贈る場合は苦手な食べものを事前に調べておくことが大切です。そのほかの品物を贈る場合でも相手の好みをあらかじめ知っておくとよいでしょう。

目上の方や普段はそれほど交流のない相手といったように、相手の好みが分からない場合もあるかもしれません。そういった場合は多くの人が好きな食べ物や、もらって困ることのない日用品などを選ぶようにすると失敗を避けられるでしょう。

1万円で購入できるギフトの種類は?

結婚内祝いを贈る場合の基本的な知識やマナーをご紹介してきましたが、予算1万円で購入できるギフトにはどのような種類のものがあるのでしょうか。

1万円の予算で選べるギフトにはさまざまなものがありますし受け取る相手の好みにもよりますが、高級ブランドのテーブルウェアやファッションアイテム、スイーツなどがおすすめです。

いずれも普段遣いする同ジャンルの品物であれば数百円から数千円で購入可能な場合が多いので、この機会に高級品や良質なものを贈ると相手にも喜んでもらえるでしょう

1万円で贈れるおすすめの結婚内祝いギフト

予算1万円で購入できる結婚内祝いのギフトの種類をご説明しましたが、具体的にどのようなものを選べばよいか迷っている方もいるでしょう。

そこでここからはハーモニックが取り扱う結婚内祝いのギフトの中からおすすめのアイテムを5つご紹介します。参考にしながら、相手の好みに合わせて贈る品物を選んでみてください。

コーチのペアワイングラス

ワインをはじめとするお酒が好きという方にはコーチのペアワイングラスを選ぶのもよいでしょう。コーチは1941年にニューヨークの小さい工房から始まり、今では世界中の多くの人に愛されている有名ブランドです。

お酒が好きな方であればワイングラスを使うことも多いでしょうし、普段はあまりお酒を飲まないという方でもたまにはワインなどのお酒を楽しむこともあるでしょう。

コーチのワイングラスは品質の高いクリスタルガラスでできており、上品で使いやすいデザインになっています。ワインを飲むという素敵な時間を彩ってくれることでしょう。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚内祝い用カタログギフト
「ラ・マリエ」ブリオレット
10,800円(税抜)

アガタの淡水パールロングネックレス

アガタの淡水パールロングネックレスをご紹介します。アガタは世界で約330店舗を展開するほどの人気を博するパリのアクセサリーブランドです。魅力的なアイテムが多いアガタですが、その中でも淡水パールロングネックレスはシンプルで洗練されたデザインかつ良質な淡水パールを使用しているため、どの年代の女性にもおすすめです。

一般的なパールは海で育つ貝が作り出すのに対し、淡水パールは川や湖といった淡水で育つ貝から生まれます。以前と比べて真珠を養殖する技術も向上し、美しい淡水パールが作られるようになってきました。

淡水パールを使ったこちらのアガタのネックレスには、チェーン部分の色がゴールドのものとシルバーのものがあります。贈る相手の好みやファッションの傾向などに合わせて選びましょう。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚内祝い用カタログギフト
「ラ・マリエ」ブリオレット
10,800円(税抜)

ランバンオンブルーのマルチキーケース

おしゃれに気を遣っている男性にはランバンオンブルーのマルチキーケースはいかがでしょうか。パリの有名ブランドであるランバンの要素が盛り込まれたランバンオンブルーは、繊細でモダンながらも歴史を感じられる格調高いデザインが人気のブランドです。

シンプルな中にも伝統やエレガントさを感じられるランバンオンブルーのマルチキーケースは牛革を使用しており、ブラックとブルーの2種類からカラーを選べます。キーフックが4つ、キーリングが1つ、札入れが1室、カード入れが2ヵ所……といったように多機能で実用性も兼ね備えているので、年代を問わず多くの男性に受け入れられるでしょう。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚内祝い用カタログギフト
「ラ・マリエ」ブリオレット
10,800円(税抜)

ビームスデザインのシンプルウォッチ

日本でも人気のセレクトショップ、ビームスがデザインしたシンプルウォッチはその名のとおりシンプルで飽きのこないデザインが魅力的です。ベルトは牛革を使用しており、文字盤はシンプルで見やすく、仕事にもプライベートにも活躍するでしょう。

男女問わず幅広い年齢層の方に使っていただけるので、シンプルなデザインが好きな方に贈ってみてはいかがでしょうか。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚内祝い用カタログギフト
「ラ・マリエ」ブリオレット
10,800円(税抜)

ジャン=ポール・エヴァンのチョコレート詰合せ

ジャン=ポール・エヴァン氏は1988年の創業以来ショコラ界のトップに君臨し続けるショコラティエです。その名を冠したショコラブランドであるジャン=ポール・エヴァンは、フランスの由緒あるショコラ格付け団体からも常に最高格付けに評されるショコラを生み出しています。

パリだけではなく日本にも店舗を展開しており、チョコレートファンに愛され続けているブランドであるため、名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。チョコレートが好きな方はもちろん、自分のために高級なチョコレートを買うことが少ない方でもジャン=ポール・エヴァンのチョコレート詰合せはうれしいギフトとなるでしょう。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚内祝い用カタログギフト
「ラ・マリエ」ブリオレット
10,800円(税抜)

まとめ

結婚内祝いは披露宴に参列いただいていない方からお祝いをもらった場合のお返しのことを指します。お祝いをいただいてから1カ月以内にいただいた額に見合った品物を贈るのがマナーです。内祝いは3分の1から半額程度をお返しするのが一般的ですので、2~3万円の結婚祝いをいただいた場合には、1万円の内祝いを贈ることになります。

内祝いとして贈るギフトを選ぶ際は、自分の好みではなく相手に合わせた品物を選ぶのがポイントです。せっかくのギフトですので相手が喜んでくれると思われるものを選びましょう。ハーモニックでは予算1万円で相手に喜んでもらえる品物を豊富に取り扱っています。1万円の予算で結婚内祝いを選びたいときは、ぜひハーモニックをご利用ください。

また相手の好みが分からない場合は、カタログギフトを内祝いとして贈るのもひとつの方法です。カタログギフトは設定した金額に見合った品物が掲載されており、相手に好きなものを選んでいただけます。

ハーモニックでは素敵な品物をたくさん取り揃えた結婚内祝い専用のカタログギフトをご用意しております。予算1万円のものはもちろんほかの価格帯のカタログもございますので、カタログギフトをご利用の際はハーモニックをぜひご検討ください。

結婚内祝いにおすすめのカタログ
ウエディング限定版カタログギフト「ラ・マリエ」
業界で初めてウエディング専用のカタログギフトを発売したハーモニックのカタログギフト「ラ・マリエ」は、結婚内祝いや引き出物に大人気!おふたりの感謝の気持ちが伝わるように、心を込めてご用意した特別なギフトです。

結婚内祝い関連記事

結婚内祝いギフトの人気・おすすめランキング7選

結婚内祝いは結婚祝いをくれた方へのお礼、感謝の気持ちを表すために贈るものです。結婚式や披露宴に来られなかった方からお祝いをいただいた場合に内祝いを用意します。式や披露宴…

→記事を読む

両親への結婚内祝いは必要?贈る際のポイントは?

友人や職場の人への内祝いは用意したものの、両親に内祝いを贈るべきかどうかで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。両親からお祝いをいただいたら内祝いを用意することが…

→記事を読む

結婚内祝いのメッセージの書き方マナーと文例をご紹介!

一般的に結婚内祝いを贈る際にはお礼状を添えることがマナーとされています。しかしいざメッセージを書こうとすると「何を書けばよいのだろうか」と悩む方もいるのではないでしょ…

→記事を読む

結婚内祝いに人気のカタログギフト