結婚内祝いに人気の「カタログギフト」について

結婚内祝いといえば「タオル」や「食器」、「焼き菓子」などが定番ですが、最近は「カタログギフト」も人気で、贈る人が増えてきています。

そこでこの記事では、結婚内祝いにも人気の「カタログギフト」についてご紹介します。

カタログギフトについて

カタログギフトは、受け取った方がカタログに掲載された様々な商品の中から好きなものを選べるのが特徴です。贈り主様の贈り物選びの悩みが解消され、贈り先様も欲しいものが選べるお互いにうれしいギフトです。

結婚や出産などのお祝い・内祝い、香典返し、記念品など、様々なギフトシーンにご利用いただけます。

結婚内祝いにカタログギフトが人気な理由

一番の理由は、カタログギフトの特徴である「相手の方が好きな物を選べる」ことです。

内祝いは、お祝いをいただいた方への感謝の気持ちを伝えることが目的です。そのため、相手の方に喜んで頂けるものを選ぶことが何よりも大切です。

流行のアイテムや自分が好きなものが相手の方にも喜ばれるとは限りません。贈り物を選ぶときは、相手の方の年齢や性別、家族構成、ライフスタイルなどを考えましょう。

それでも「本当に喜ばれるもの」を選ぶのはとても難しいことですし、よく知っている方ばかりではないかもしれません。また、お祝いはいつもらうか分からないため、急に内祝いが必要になることもあります。

そんな時に活躍するのがカタログギフトです。

有名ブランドのアイテム、名店のグルメ、産地直送の新鮮な食材、体験ギフトやお食事券など、豊富なアイテムから好きな物を選べるカタログギフトは多くの方に喜ばれます。

贈る側は品物を選ぶ手間がかかりませんし、「きっと喜ばれるもの」ではなく、「確実に喜ばれるもの」または「確実に欲しいもの」を贈ることができることから結婚内祝いでは特に人気のある贈り物としてカタログギフトが選ばれています。

特にカタログギフトがおすすめの場面

いろいろな場面で活躍するカタログギフトですが、「年配の方に贈る場合」「高額のお祝いをいただいた方に贈る場合」には特におすすめです。

「年配の方」への贈り物

年配の方はすでに一通りのものは持っていることが考えられるため、喜んでもらえるものを選ぶのはとても難しいです。必要のないものや使い道のないものでは相手の方も困ってしまいますし、「感謝の気持ちを伝える」という結婚内祝いの目的にも合いません。

こうした場合に、相手の方が「本当に欲しいもの」を選べるカタログギフトが喜ばれています。

「高額のお祝いをいただいた方」への贈り物

お祝いの額が多ければ内祝いの額もそれなりに大きくなります。しかし、必要のない高価なものは特に対処に困るという方が多いようです。そのため、好きな商品を選べるカタログギフトが喜ばれています。


結婚内祝いに人気なカタログギフトを送る前にチェックしたいポイント

受け取った方が自由に品物を選ぶことができるカタログギフトには、種類が様々あり魅力も様々です。その中から適したものを選ぶ際、迷ってしまうこともあるかもしれません。そのような方のために、カタログを贈る前にチェックしておきたい項目について解説します。

相手のニーズ

カタログを選ぶ際も贈り物を自分で選ぶときと同じように、相手は何が欲しいか、何を贈ると喜ばれるかを把握することが大事です。各カタログに掲載されている内容には傾向があるので、相手の好みに合わせたカタログギフトを贈ることを第一に考えましょう。

自由に品物を選べることがカタログギフトの最大のメリットですが、カタログによっては相手の好みに合わないかもしれません。受け取った方の興味を引き付けるものを探すことがカタログギフト選びの第一歩となります。

カタログギフトのラインナップ

贈るカタログギフトの候補を絞り込んだら、次に注目したいのがカタログ掲載品のラインナップの充実さです。せっかく自由に商品を選べるのですから、選択の幅が広くて困ることはないでしょう。商品は何点掲載されているのか、どのような品があるのかをチェックして、喜んでもらえるカタログギフトを見つけることが重要です。

カタログギフトに出せる予算

カタログギフトにはグレードがあります。予算によってグレードは大きく変わってくるので、選ぶときには出せる予算をはっきりさせておきましょう。

結婚内祝いの相場金額は、いただいたお祝い金の3分の1から半額程度といわれています。多くの方からいただいた場合、結婚内祝いも多く用意する必要がありますが、それぞれに対応するのは難しいものです。全体の予算感を把握した上で、カタログギフトのグレードを選ぶようにすると良いでしょう。

キャンペーンの内容

カタログギフトはものによってはキャンペーンの対象になっていることがあります。まとまった数を購入すると割引になる、〇〇円以上の購入で〇〇が当たるといったようにキャンペーンの内容は様々です。うまく利用することができれば通常よりもお得にカタログギフトを購入できます。カタログを選ぶ際はキャンペーンの対象になっているかという部分もチェックしてみると良いでしょう。

サポート体制

カタログギフトを選ぶときはサポート体制にも気を配りましょう。カタログや付属の申し込みはがきを紛失したときに対応してもらえるか、万が一商品不良や商品の未着が起こったときに保証があるのかといったことを確認しておくと、カタログギフトを贈った側も受け取った方も安心して利用することができます。気持ち良くお返しをするためにサポート体制の整ったところを利用することを頭に入れておきましょう。

結婚内祝いに人気なカタログギフトを利用する際に参考にしたいもの

カタログギフトは相手に合わせて細かく選定する必要がないので便利ですが、初めて利用する際は本当に喜ばれるのか不安に思う方もいるのではないでしょうか。そんなときはいろいろな人の声を聞いてみるのも参考になるでしょう。こちらではカタログギフトの評判を知るために参考にしたいものを紹介します。

実際に利用した方の声

身近にカタログギフトを贈った方や受け取った方がいるのであれば、直接話を聞くのが確実です。直接コミュニケーションをとることができるので忌憚のない意見を聞くことができます。経験を生かしたアドバイスを受けることができるのも頼りになる点です。

SNS

SNSとはソーシャルネットワークの略称で、TwitterやFacebookなどがこれにあたります。「カタログギフト」のワードで検索すると利用の実感や送られてきた商品の使い心地などの感想を簡単に集めることができます。情報のひとつとして役立つでしょう。

サイトに掲載されている人気ランキング

どのカタログギフトを贈ればよいのか迷っているときは、カタログギフトを扱っているメーカーの人気ランキングを参考にするのも一つの手です。どのカタログが人気となっているのかを一目で知ることができ、そのカタログの詳しい内容もあわせて把握することができます。

自分ではどのカタログが良いのか判断しづらいときは、多くの人の支持を得ているカタログを選ぶのも選択肢の一つではないでしょうか。

お問い合わせフォーム

カタログギフトの利用で疑問が出てきたときは、カタログギフトを販売しているホームページのお問合せフォームを利用しましょう。多くのホームページでは、いくつかの項目を入力するだけで手軽に問い合わせをすることができる態勢が整っています。

電話での受付をしているところも多く、急ぎやインターネットが使えない環境でも利用は可能です。気兼ねなく疑問を解消して不安を残さずに気持ちよく利用できるようにしましょう。

結婚内祝いに人気のカタログギフト

結婚内祝いに人気があるカタログギフトをご紹介します。品選びの参考にぜひご覧ください。

テイク・ユア・チョイス


総合版カタログギフト「テイク・ユア・チョイス」

豊富な品ぞろえが魅力の人気カタログです。約2,580点を誇る品ぞろえは、性別を問わずに喜ばれるグルメやブランドアイテムのほか、温泉、クルージング、食事券といった体験型ギフトも充実しています。

価格帯は、2,800円〜50,800円(税抜)の全16コースがあります。

ラ・マリエ

ウエディング限定版カタログギフト「ラ・マリエ」

ウェディング限定カタログギフトで、結婚内祝いのほか引き出物にも人気です。食器やコスメ、インテリア、グルメなど充実したラインナップをそろえており、約2,580点のアイテムを掲載しています。

全8コース 3,300円〜10,800円(税抜)です。

やさしいきもち。

女性に人気のカタログギフト「やさしいきもち。」

女性に人気のカタログギフトの『やさしいきもち。』は、オーガニックコスメやインテリア雑貨などおしゃれで生活に彩りを与えるアイテムが取りそろっています。

全3コース 3,800円〜10,800円(税抜)です。

美食万彩

グルメ専門カタログギフト「美食万彩」

8コース4,000円〜21,000円(税抜)から選ぶことができるグルメ専門カタログギフトです。和食を中心に全国の名店のグルメを自宅で楽しむことができます。最大で約350点のグルメが掲載されています。

ア・ラ・グルメ

グルメ専門カタログギフト「ア・ラ・グルメ」

グルメ専門カタログギフトとして人気の品です。料理だけでなくスイーツも豊富にそろっているのが特徴です。こだわりの産地直送素材を用いたグルメを自宅で堪能でき、食通も満足のラインナップとなっています。

全11コース 4,000円〜51,000円(税抜)から選べます。

BEAMS CATALOG GIFT

「BEAMS CATALOG GIFT」

人気ブランドBEAMSとの共同企画カタログで、こだわりのセレクトアイテムを多数掲載しています。腕時計やキャップといったファッションアイテムから、クッション、インテリアマットなどのリビンググッズまで、ハイセンスな品を扱っています。

3,800円〜10,800円(税抜)の価格帯から、Orange、Sky、Brownの3種です。

おいしいお米の贈り物

お米にこだわったカタログギフト「おいしいお米の贈り物」

3,800円、5,800円、10,800円(税抜)の3コースから選べる、良質なお米やごはんのお供になるおかずが満載されたカタログギフトです。全国各地のお米とごはんのお供を厳選して掲載しており、新潟県のコシヒカリと日本海干物、高知のにこまると四万十ポークなど、全国の米処が誇る抜群の組み合わせを楽しめます。

ギフトタイム

旅をテーマにしたカタログギフト「GIFT TIME」

日本全国の名品、食、体験を提供する、「旅」をコンセプトとしたカタログギフトです。北海道の毛ガニ、岩手県の南部鉄器といった各都道府県の名物やご当地ブランドものなどをそろえており、多様なニーズに対応しています。

3,800円〜15,800円(税抜)の8つコースに分かれており、細かな価格区分があるのも魅力です。

結婚内祝いに人気なカタログギフトを送る際の注意点

せっかくギフトを贈るからには受け取った方に喜んでもらいたいと思うのではないでしょうか。カタログギフトをより良い贈り物とするために気をつけたい点、確認しておいた方が良いポイントを紹介します。

定番のタオルギフトの充実さ

タオルは贈り物の定番として人気の品ですが、それだけに多様な種類があります。ハンドタオルからフェイスタオル、バスタオルとサイズだけでも多岐に渡ります。家族なら複数枚がセットのフェイスタオルを、夫婦の二人暮らしならペアのバスタオルを、と相手にとって使いやすい種類のバリエーションが用意されているカタログギフトなら誰にでもに喜ばれるでしょう。

取り上げられているお店や食べ物の内容

レストランのお食事券や食べ物のギフトも人気がありますが、贈る相手にマッチしているかを考慮しましょう。レストランの食事券は、送られた方の住む地域に利用可能な店舗がなければ用をなさない場合もあります。

食器のデザインや使いやすさ

食器は結婚内祝いの定番の品で、漆の器に結婚した夫婦二人のイニシャルなどを入れたものを贈る習慣がありました。しかし、最近ではこういった物よりも使い勝手が良い小さな食器が人気です。

食器はシンプルで使いやすいものが好まれる傾向にあるので、個性が強すぎるものやキャラクターものばかりのカタログギフトは避けた方が無難です。誰にでも使いやすいものを、という視点を持つことが大事です。

まとめ

結婚内祝いにカタログギフトが人気の理由は、自分の好きな物を選んでもらえて「年配の方」や「高額のお祝いを頂いた方」など品物選びが難しい相手でも喜ばれるという点です。

今回ご紹介したカタログギフトやその他の人気カタログギフトは以下のページで詳しくご紹介しています。品物選びに悩んだ時はぜひ参考にしてください。

結婚内祝い関連記事

結婚内祝いを郵送するときのマナーとは?

<質問> 結婚内祝いを郵送で贈りたいと思っています。 その場合、気を付けるポイントは何でしょうか? <回答> まず初めに、結婚内祝いを郵…

→記事を読む

結婚内祝いが遅れたとき、どうする?
(対処法&お詫び文例)

結婚式に参加されなかった方からいただいたお祝いなどに対するお礼として結婚内祝いを贈る場合、一般的には結婚式の1ヶ月後までに届くようにします。 結婚式の後にお祝いを頂い…

→記事を読む

結婚内祝いのマナーと常識の疑問を解決!内祝いおすすめランキングも合わせて紹介

結婚を報告すると、お祝いをいただくことがあります。結婚祝いをいただいたら、返礼である内祝いの準備が必要です。いざ贈るとなったときにどのようなことに気を付けなければならな…

→記事を読む

結婚内祝いに人気のカタログギフト