結婚内祝いでよくあるご質問(FAQ)

結婚内祝いでよくあるご質問(FAQ)

「結婚内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。
水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングなど、「結婚内祝い」でよくあるご質問(FAQ)をご紹介します。

※地域の慣習などにより異なる場合もあります。迷ったときは、ご両親・身近な方など、地域の慣習に詳しい方に相談しましょう。

結婚の引き出物と内祝いの違いは?

結婚の内祝いとは、元々「幸せのおすそわけ」という意味合いの贈り物でしたが、現在では、いただいたお祝いのお返しという考えが一般的です。結婚式(披露宴)に招待した場合は、引き出物が内祝いになりますが、結婚式(披露宴)に招待しなかった方からのお祝いや、多くご祝儀をいただき、引き出物だけでは不十分な場合、内祝いを贈ります。

ご結婚という喜ばしい人生の節目を祝福していただいた方へのギフトですので、しっかりと感謝が伝わり、相手の方にお喜びいただけるものをお贈りすることが大切です。

結婚内祝いの金額の目安は?

地域によっても異なりますが、内祝いの金額は、いただいたお祝いの半額ほどを目安に考えます。お祝いを品物で頂いた場合は、その品物のブランド名などからだいたいの金額を調べてその半額程度の内祝いを用意しましょう。
いただいた品物の金額を調べることについて失礼に感じるかもしれませんが、お返し(内祝い)する金額の目安を知る上で必要なことです。厳密でなくても、おおよその金額がわかれば参考にできます。
また、ご親族からのお祝いへの内祝いについて親族間で取り決めがある場合などは、それに従いましょう。

結婚内祝いには何を贈ればいいの?

内祝いは「祝福いただいたことへの感謝」を伝えることが大きな目的ですので、相手の方に「喜んで頂けるもの」を贈ることが何より大切です。
そのためには、相手の方の年齢・性別・家族構成・趣味趣向を考えて、どんなギフトが喜ばれるかを考える必要があります。

最近人気の商品であったり、贈り手(自分)が大好きなものであったりしても、相手の方に喜んで頂けるとは限りません。
一人一人好みが違いますので、相手の方の好みを考えたり、周囲の方に相談したりして喜ばれるものを選ぶのが基本ですが、本当に喜ばれるものを選ぶというのは、かなり難しいものです。

そこでお薦めなのがカタログギフトです。
有名ブランドや名店グルメ、全国各地の産地直送グルメ、体験ギフトやお食事券などの豊富なアイテムから、相手の方が好きな物を自由に選べるカタログギフトは、どなたにも喜ばれるギフトとして最近のお返しギフトの主流となっています。

贈る側が「きっと喜ばれるはず」と思って選ぶ品物のギフトよりも、「確実に喜ばれる」ものを贈ることができるカタログギフト。今では最も人気の高い内祝いギフトとして贈られています。

結婚内祝いはいつまでに贈ればいいの?

結婚内祝いは、結婚式の後なるべく早めに、遅くとも挙式後1ヶ月以内を目安に贈りましょう。
「感謝の気持ち」を伝えるには「タイミング」も重要な要素。無事に結婚したという報告の意味合いも兼ねていますので、できるだけ速やかにお贈りしましょう。

また、贈る相手先が近くの方であれば、お礼の挨拶とともにできるだけ訪問して手渡しした方が、より気持ちが伝わるものです。遠方で訪問が難しい場合は、お礼状を添えてお贈りしても良いでしょう。

親族から高額のお祝いを頂いた場合はどうすれば?

祖父母、親戚などから高額のお祝いをいただいた場合は、第一に親族間の慣習や取り決めに従った上で、心のこもったお返しをしましょう。
特に明確な取り決めがない場合は、どのような内祝いを贈るかを、親御さんも含めたご家族で相談した上で、贈ってくださった方がどのような気持ちで贈られたかを考えることが大切です。
場合によっては、結婚内祝いギフトだけでなく、新婚旅行のお土産、式や披露宴の写真をまとめたアルバムなどを持参の上、お二人でお伺いして感謝の気持ちを直接伝えることが、お気持ちに応えたお礼として喜ばれるでしょう。
どのような場合でも、相手の方がどのような気持ちでお祝いいただいたのかを考え、感謝の気持ちが伝わるように心のこもったお返しをすることが大切です。

結婚式に招待できなかった方からお祝いを頂いた場合はどうすれば?

結婚式に招待できなかった方からお祝いをいただいた場合は、まずはすぐにお礼を伝えましょう。直接いただいた場合はその場で、配送されてきた場合は、当日か、遅くても翌日にはお電話で感謝の気持ちを伝えましょう。
直接お会いしてお礼が言える場合はそのほうがより良いですが、メールは失礼ととられる場合もありますので避けたほうが無難です。
その後、頂いた金額の半額程度の内祝いを贈ります。
時期はなるべく早く、遅くとも結婚式から1ヶ月以内を目安に贈りましょう。

のしの表書きのポイントは?

のし上(水引の上)には贈り物の目的を書き、のし下(水引の下)には贈る人の名前を書きます。水引やのしに文字が重ならないよう気をつけましょう。
結婚内祝いの場合、のし上には「寿」または「内祝」と書くのが一般的です。すでにのし上がのし紙に印刷されているものもあります。

文字は毛筆や筆ペン、サインペンなどを使い、濃い墨で太く、ハッキリとした楷書を書きます。たとえ黒いインクでもボールペンや万年筆、鉛筆では書かないように注意しましょう。
のし下には結婚後の新姓、もしくは夫婦の連名をのし上の文字より少し小さめに書きます。
名前の書き方に迷った場合はお互いのご両親や目上の方に相談すると良いでしょう。

結婚内祝いのお礼状ってどう書けばいいの?

結婚祝いのお礼状は、基本的に結婚式や披露宴の出欠席にかかわらず、お祝いを頂いたすべての方に書きましょう。

①頭語(拝啓、謹啓など)
②時候の挨拶(季節を表す言葉)
③相手を気遣う言葉
④お祝いへのお礼の言葉
⑤内祝いの品を贈った事を伝える言葉
⑥近況や抱負など
⑦今後のお付き合いをお願いする言葉
⑧結びの挨拶
⑨結語(敬具、敬白など)
⑩日付
⑪住所
⑫名前(夫婦の連名)
⑬宛先

結婚内祝い関連記事

結婚内祝い(お返し)の「時期」と「金額の目安」

結婚内祝い(お返し)の「時期」と「金額の目安」

結婚内祝い(お返し)の時期や金額の目安、目上の人からのお祝いのお返し、高額のお祝いのお返しなど、状況ごとのマナーをご紹介。結婚内祝いや引き出物のお返し、出産内祝い、香典返し、法人ギフトならハーモニック。

→記事を読む

結婚内祝いのお礼状の書き方と文例集

結婚内祝いのお礼状の書き方と文例集

結婚祝いのお礼状は、基本的に結婚式や披露宴の出欠席にかかわらず、お祝いを頂いたすべての方に書きましょう。 しかし、目上の方や親戚、友人など、出す相手によってお礼状の文面は変わるため、どう書けばいいのか悩みがちですよね。 この記事では、結婚内祝いの「お礼状の書き方」と「相手別の文例集」を紹介していきます。

→記事を読む

結婚内祝いの「避けた方がいい品物」について

結婚内祝いの「避けた方がいい品物」について

結婚内祝いを、結婚祝いの金額に応じて一律に贈るなら、趣味嗜好に関係のない、実用的なものが最適です。逆に、趣味嗜好に合わせてと考える場合は、カタログギフトなどで贈り先様に選んでいただいた方がいいでしょう。

→記事を読む

結婚内祝いの「のし」4つのポイント

結婚内祝いの「のし」4つのポイント

贈り物に掛けるのし紙には水引の色や本数、表書きの書き方など、いくつか決まり事があります。この記事では、いざ贈るとなると迷いがちな結婚内祝いの「のし」の一般的なマナーをご紹介します。

→記事を読む

結婚祝いのお返しを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

結婚祝いのお返しを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

披露宴にご招待できなかった、または事情があって欠席された方から結婚祝いを頂いた場合に贈る結婚内祝い。快く受け取っていただくには、まずは自分自身がマナーを身に付けましょう。

→記事を読む

結婚内祝いの記事一覧

結婚内祝いの記事一覧

「結婚内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「結婚内祝い」も紹介します。

→記事を読む

結婚内祝いに人気のカタログギフト

結婚内祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ