兄弟・姉妹への結婚内祝い!
本当に喜んでもらえるおすすめギフトとは?

兄弟・姉妹への結婚内祝い!本当に喜んでもらえるおすすめギフトとは?

「兄弟・姉妹への結婚内祝いになにを渡してよいのか分からない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。結婚祝いのお返しに「喜んでもらえるか不安」と頭を抱えてしまう方は多くいます。

そこで、兄や姉、または妹や弟へのギフトの選び方やおすすめの商品などをご紹介します。この記事を読めば最適な選び方が分かるため、チェックしてみましょう。

兄弟・姉妹への結婚内祝い!喜んでもらうための選び方とは?

結婚祝いのお返しを贈るのであれば、喜んでくれるものを選びたいのではないでしょうか。しかし、いざ選ぶとなると、「どれが最適な贈り物なのか分からない」と悩んでしまう方は多くいます。そんなときは、選ぶときのポイントを知っておくと安心です。ここでは、ベストな商品を選ぶポイントを3つご紹介します。

何が欲しいか直接聞く

一般的に、会社の上司などには贈り物の希望を聞くのはタブーとされています。そのため、贈り物は慎重に選ばなければなりません。

しかし、兄弟・姉妹などの家族には、本当に欲しいものを直接聞いてもマナー違反にはなりません。どうしてもプレゼントに悩んだ場合は、何が欲しいのかを直接聞いてみましょう。

サプライズのようなことはできなくなりますが、何が欲しいのかを聞くことによって自分でギフトを選んで失敗するリスクがありません。品物選びで使う時間や心配も減るので、メリットは多くあります。「サプライズ感よりも相手が本当に欲しいものを贈りたい」と考えている方は、贈り物に何が欲しいのかを直接聞いてみましょう。

聞く前には予算や候補を考えておく

「選ぶのはリスクもあるから直接聞いてみよう」と思った方は、直接聞く前に予算や候補を考えておくことが大切です。

選べる範囲が広すぎると、かえって選ぶのが難しくなってしまうことがあります。事前に予算や候補を決めて範囲を指定しておくと、選ぶほうも希望の品物を考えやすくなるでしょう。

予算の決め方は、頂いた結婚祝いの金額の半分から3分の1程度とされています。仮に1万円頂いたのであれば、3,000~5,000円程度が相場です。予算が多すぎると、受け取る方もとまどってしまうので、適切な金額におさめましょう。

家族間や身内でルールがある場合は、そのルールにそって予算を決めます。このポイントをおさえておけば、内祝いを選ぶことが容易になるでしょう。

既婚者の場合、配偶者の好みも考慮する

相手が既婚者の場合、配偶者の好みも考慮することが大切です。配偶者の好みを考慮することは、兄弟・姉妹にこれといった希望の商品がない場合にも有効です。

配偶者の好きなものを選ぶには、その方の好みを調べておかなければなりません。仲がよければ、その方に直接欲しいものを聞くのもひとつの手段です。直接聞くのが難しい場合は、兄弟・姉妹に聞きましょう。

結婚している方の好みまで把握することができれば、品物選びはより簡単になります。ギフト選びで悩んでいる方は、ここで紹介した3つのポイントを意識してプレゼントを選んでみてください。

兄弟・姉妹への内祝いを贈る際に注意するべきマナー

兄弟・姉妹への内祝いギフトは、会社関係の方へのギフトよりも気を遣わないため、楽だと感じるかもしれません。しかし、仲のよい家族へギフトを贈るときにも、気を付けておきたいマナーがあります。

ここでは、お互いが気持ちよくギフトを贈るために知っておきたいマナーをご紹介します。

兄弟・姉妹にも内祝いは必要?

「そもそも兄や姉に内祝いを渡す必要はあるのか」と疑問を感じる方は多くいます。中には、「家族であればこういった品物を贈る気遣いは不要」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、お祝いを頂いているのであれば、家族であっても内祝いは必要です。内祝いは、頂いたお祝いに対する感謝の気持ちを表すものであるため、どのようなケースであってもお返しはします。

品物を渡すのは、感謝の気持ちを表すのに非常に有効な手段です。家族にかぎらず、親戚や会社関係の方でも同じなので、何を渡すのかあらかじめ考えておきましょう。

ただし、場合によっては「お返しはいらない」と言われることもあります。次の項目では、そのようなケースの対応について解説します。

お返しはいらないと言われたら?

贈る商品を考えていても、相手から「お返しはいらない」と言われた場合は、厚意に甘えても問題ありません。

ただし、贈り物で感謝の気持ちを表すことができないため、他の方法で気持ちを伝える必要があります。できるだけ早く、手紙や電話などで感謝の気持ちを伝えることが大切です。手紙で気持ちを伝えるときは、お礼の言葉だけではなく「新生活への抱負」や「今後のおつきあいをお願いする挨拶」などを入れておくとよいでしょう。

兄弟・姉妹への内祝いの予算は?

内祝いを贈るときの予算は、頂いたお祝いの半分から3分の1程度の金額でギフトを選びましょう。予算の考え方は、兄弟や姉妹だからといって特別な考え方はありません。

しかし、状況によっては高額のお祝いを頂くこともあるでしょう。家族から高額のお祝いを頂くと、購入するギフトの額も非常に高くなってしまいますが、それではお返しをもらう側をかえって恐縮させてしまうこともあるので注意が必要です。

頂いたお祝いの金額が高かったときは、品物の額を3分の1程度で留めても問題ありません。そのかわりに感謝の気持ちを十分に伝えるようにしましょう。新婚旅行のお土産を持っていったり、手紙や電話でお礼を述べたりする方法があります。

日本茶やハンカチを贈っても問題ない?

内祝いはできるだけ相手が喜ぶものを贈りたいものですが、日本では状況によって適切な贈り物が変わることがあります。

特に気を付けたいのが日本茶やハンカチです。日本茶は弔事に使われることが多く、お祝いの贈り物としては避けたほうがよいとされています。ハンカチは、漢字で「手巾(てぎれ)」と書き、縁を切るという意味になるため贈り物としては避けるようにしましょう。同じように、「苦」や「死」をイメージさせる櫛もお祝いのお返しとしては不適切とされています。

相手がどうしてもと希望しているケース以外では、これらのアイテムは選ばないようにしましょう。選んだアイテムがマナー違反ではないかどうかを贈る前に調べておくことが大切です。

兄弟におすすめの結婚内祝い3選

「どうしてもギフトが選べない」と悩んでいる方は、ここからご紹介するおすすめの結婚内祝いを検討してみてはいかがでしょうか。

はじめに、兄弟におすすめの結婚内祝いをご紹介します。カタログギフトやグルメギフトなど、結婚内祝いには最適な品物をピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

カタログギフト

カタログギフトには、さまざまなアイテムやサービスが掲載されていて、その中から希望の品物を選べます。カタログギフトの最大のメリットは、贈られたほうが好きなアイテムを選べるという点です。

また、贈る側の予算に合わせることもできます。こちらが選ぶ手間を省くことができ、相手も好きなアイテムを選べるので、結婚内祝いとしては人気のお返しのひとつです。

お返しの額が高くなるときは、体験型ギフトの「温泉旅行」や「レストランでの食事」などを贈ることができます。「どうしてもギフトが選べない」と悩んでいる方には、特におすすめの選択肢です。

おすすめ商品
テイク・ユア・チョイス
テイク・ユア・チョイス
全16コース 2,800円~50,800円(税抜・システム料込)

グルメギフト

美味しい食べ物を贈られることは、誰でも嬉しいものでしょう。しかし、食べ物を贈るときは相手の好き嫌いも把握しておかなければなりません。そんなときにおすすめなのがグルメカタログギフトです。

選ぶのが難しい食べ物のプレゼントでも、グルメカタログギフトであれば相手が好きな食べ物を選ぶことができます。好き嫌いを心配する必要がないので、安心して結婚内祝いとして贈れるでしょう。

予算についても自由度が高いのが特徴です。数千円で選べるものもあれば、5万円以上から選べるカタログもあります。有名ブランドグルメや直産グルメなど、自分では買わなくてももらったら嬉しいギフトがそろっています。

おすすめ商品
ア・ラ・グルメ
ア・ラ・グルメ
全11コース 4,000円~51,000円(税抜・システム料込)

お酒

男兄弟には、お酒をプレゼントするのもおすすめです。お酒にはさまざまな種類があり、価格も幅が広いので、好みや予算に合わせて選びやすいというメリットがあります。

お酒の選択肢としてよく選ばれているものは次の5つです。
・クラフトビール
・日本酒
・ワイン
・果実酒
・ノンアルコールドリンク

どのお酒を選ぶかは、相手の好みで決まるでしょう。好み分からないときは、兄弟であれば飲みたいお酒を直接聞いてみるのがおすすめです。

最近では、インターネットを使って海外や地方のお酒も簡単に手に入れられるので、選択肢が広がっています。予算と相手の好みに合わせて、最適なお酒を見つけましょう。

姉妹におすすめの結婚内祝い3選

ここからは、姉妹におすすめの結婚内祝いを3つご紹介します。バスグッズやスイーツギフトなど、贈られると嬉しいアイテムをピックアップしています。なかなか決められないときは、ご紹介するお返しをチェックしてみてください。

バスグッズ

女性に人気のお返しのひとつがバスグッズです。バスグッズとしてよく贈られるものには、スキンケア用品やタオル、ハンドクリーム、バスソルトなどがあります。誰もが毎日使うものだからこそ、喜ばれるお返しになるでしょう。

贈り物のアイテムは、スーパーやドラッグストアでは買えないような高級品が多いため、普段とは違った特別な体験をプレゼントすることにもなります。

予算の選択肢も幅が広いのが特徴です。予算が少なくても多くても選びやすいのは、大きなメリットといえるでしょう。

スイーツギフト

スイーツギフトは気軽に贈ることができ、多くの人に喜んでもらえるギフトとして人気があります。スイーツギフトとして代表的なものには、クッキーやプリン、ケーキ、チョコレート、バームクーヘンなどがあります。

ほかのアイテムと違い、少ない予算でも高級なアイテムを選べるのがスイーツギフトの魅力です。品質の高いものが選びにくい予算でも、スイーツギフトでは普段は食べる機会があまりないような高級なお菓子を選べます。

また、食べものなので相手の家のスペースや、インテリアなどの好みを気にする必要がありません。姉妹が甘いものが好きな場合は、スイーツギフトを検討してみることをおすすめします。

食器

有名ブランドのお皿やコップなどの食器も、プレゼントの選択肢としておすすめです。人気の食器ブランドには、ティファニーやウェッジウッド、ハナエモリ、クリスタル、ケイトスペードなどがあります。

予算に合わせて、相手の好きそうな食器を選べるのが魅力です。食器を選ぶ際には、ブランドだけではなく「使いやすさ」や「大きさ」なども考慮するようにしましょう。食器は種類が多いため、あらかじめ姉妹の好みを聞いておくのもひとつの手段です。喜ばれる食器を見つけてみてください。

まとめ

兄弟・姉妹に喜んでもらえる結婚内祝いの選び方について解説してきました。マナーや相手の好みにも気を付けながら最適なギフトを選びましょう。

「どうしてもお返しが選べない」という方や、「品物を選ぶ時間がない」という方は、おすすめの内祝いでも紹介したカタログギフトがおすすめです。

現在ハーモニックでは、会員登録をすると100ポイントプレゼントいたします。業界トップクラスの高品質カタログギフトを豊富に取りそろえているので、結婚内祝いのお返しにも最適なプレゼントが見つかるでしょう。ぜひご利用してみてください。

カタログギフトのハーモニック

▲カタログギフトのハーモニック

結婚内祝い関連記事

結婚内祝い(お返し)の「時期」と「金額の目安」

結婚内祝い(お返し)の「時期」と「金額の目安」

結婚内祝い(お返し)の時期や金額の目安、目上の人からのお祝いのお返し、高額のお祝いのお返しなど、状況ごとのマナーをご紹介。結婚内祝いや引き出物のお返し、出産内祝い、香典返し、法人ギフトならハーモニック。

→記事を読む

結婚内祝いのお礼状の書き方と文例集

結婚内祝いのお礼状の書き方と文例集

結婚祝いのお礼状は、基本的に結婚式や披露宴の出欠席にかかわらず、お祝いを頂いたすべての方に書きましょう。 しかし、目上の方や親戚、友人など、出す相手によってお礼状の文面は変わるため、どう書けばいいのか悩みがちですよね。 この記事では、結婚内祝いの「お礼状の書き方」と「相手別の文例集」を紹介していきます。

→記事を読む

結婚内祝いの「避けた方がいい品物」について

結婚内祝いの「避けた方がいい品物」について

結婚内祝いを、結婚祝いの金額に応じて一律に贈るなら、趣味嗜好に関係のない、実用的なものが最適です。逆に、趣味嗜好に合わせてと考える場合は、カタログギフトなどで贈り先様に選んでいただいた方がいいでしょう。

→記事を読む

結婚内祝いの「のし」4つのポイント

結婚内祝いの「のし」4つのポイント

贈り物に掛けるのし紙には水引の色や本数、表書きの書き方など、いくつか決まり事があります。この記事では、いざ贈るとなると迷いがちな結婚内祝いの「のし」の一般的なマナーをご紹介します。

→記事を読む

結婚祝いのお返しを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

結婚祝いのお返しを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

披露宴にご招待できなかった、または事情があって欠席された方から結婚祝いを頂いた場合に贈る結婚内祝い。快く受け取っていただくには、まずは自分自身がマナーを身に付けましょう。

→記事を読む

結婚内祝いの記事一覧

結婚内祝いの記事一覧

「結婚内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「結婚内祝い」も紹介します。

→記事を読む

結婚内祝いに人気のカタログギフト

結婚内祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ