結婚内祝いが遅れたとき、どうする?
(対処法&お詫び文例)

結婚内祝いが遅れたとき、どうする?

結婚式に参加されなかった方からいただいたお祝いなどに対するお礼として結婚内祝いを贈る場合、一般的には結婚式の1ヶ月後までに届くようにします。
結婚式の後にお祝いを頂いた場合も、やはり、頂いてから1ヶ月ぐらいに結婚内祝いをお贈りするのが目安になります。

贈り物では、「何を贈るか?」が一番気になるところですが、実はこの「いつ贈るのか?」というタイミングも重要なポイント。
あまり遅れてしまうと、忘れていたのでは?と思われてしまうことも。せっかくの感謝の気持ちが伝わりづらくなってしまうので、避けたいところです。

それでも、遅れてしまったときは?

———なるべく早く!贈りましょう。

結婚式が終わると新婚旅行に行ったり、新しい住まいでの新しい生活がスタートしたりと、あっという間に日にちが過ぎていきます。

結婚内祝いを贈るタイミングが遅れてしまった場合、気付いた時点でできるだけ早く贈りましょう。遅れれば遅れるほど、どんどん気まずくなってしまいます。

遅れたお詫びとして品物を豪華に?

———そんな必要はありません。

結婚内祝いを贈るのが遅れてしまった場合、申し訳ない気持ちを伝えるために、当初の予定より豪華な品物を贈ったり、品数を増やしたりする必要はありません。申し訳ない気持ちは、結婚内祝いに添えるあいさつ状にお詫びのメッセージを添えることで伝えましょう。

印字or手書き?カードor封書?

———オススメは手書き&封書。

お礼状は、丁寧な順番で並べると下記のとおり、
手書きの封書 > ワープロ印字の封書 > ハガキ
より手間がかかっている方が丁寧、とみなされています。

遅れた時点で、相手の方への礼が欠けてしまっていますので、できれば手書きの封書で出したほうが「申し訳ない」という気持ちが伝わりますのでオススメです。

郵送or手渡し?

郵送or手渡し?

———オススメは手渡し。

元来、内祝いは持参して直接お渡しするのが正式な贈り方。近年では宅配便でお届けするケースが多くなってきていますが、どうするのがよいのでしょう。

今回は、結婚内祝いが遅くなったわけですから、できればお伺いして、遅れた旨をお詫びしてから直接お渡しするのベスト。
遠方など、持参が難しい場合は、宅配便の利用もやむを得ませんが、その場合でも事前に電話をかけて一言お詫びをしたほうがよいでしょう。

結婚内祝いを郵送し、お電話でお詫びする場合は、お送りした結婚内祝いがいつごろ届きそうかも合わせてお伝えしましょう。

「お詫び」文例

———キチンとお詫びの気持ちを伝える。

結婚内祝いを贈る相手が親戚や目上の方だった場合はもちろん、お友達などであったとしても、しっかりとお詫びの気持ちを伝えることが大切です。
あいさつ状には下記のような文章を、通常の文章に付け加えると良いでしょう。

ご親戚や目上の方へ贈る場合

本来ならば、すぐにでもお礼申し上げるべきところ、新生活の慌ただしさに取り紛れ、不本意ながらお礼が遅くなったことを心よりお詫び申し上げます。

お友達など、気の許せる間柄の方へ贈る場合

本来ならば、すぐにでもお礼申し上げるべきところ、大変遅くなってしまいましたことをお詫びいたします。

お詫びの文章を入れたあいさつ状文例(全文)

拝啓
桜見物の好季節となりましたが、皆様お変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。
先だっては私どもの結婚に際し、温かいお心遣いをいただき、ありがとうございました。
本来ならばすぐにでもお礼を申し上げるべきところでしたが、新生活の慌ただしさに取り紛れ、お礼が遅くなってしまったことを心よりお詫びいたします。
新居での生活もようやく落ち着き、二人で過ごす時間の幸せを実感できるようになってまいりました。
まだまだ未熟な二人ですが、力を合わせてよりよい家庭を築いて参りたいと思います。
これからも変わらぬお付き合いの程、よろしくお願いいたします。
季節の変わり目、皆様にはくれぐれもご自愛ください。
敬具

※時候の挨拶「桜見物の好季節となりましたが〜」は、4月の挨拶です。それぞれの月に合った季節の挨拶を書きましょう。
※頂いた結婚祝いがお金ではなく物だった場合、頂いた物をどのように使っているかと、いただいて嬉しかった旨とを合わせて記載すると良いでしょう。

やってはいけない!「他の贈答」と合わせて。

やってはいけない!「他の贈答」と合わせて。

———「ついで感」がNG

結婚内祝いをついうっかり遅らせてしまったあなた。

気付けばもうすぐお歳暮の時期。

「結婚内祝いでお返しする予定だった金額と、お歳暮の金額と合わせて、お歳暮時期に豪華な贈り物ができるなぁ〜。」なんて考えてはいけません。

結婚内祝いは、自分たちの結婚を祝福してくれたことについてのお礼。お歳暮は日頃お世話になっている方への感謝を伝える贈り物。
贈答は単なるお金や物のやりとりではなく、「感謝の気持ち」で成り立っている心の交流ですので、他の「ついで」にとられるような贈り方はするべきではありません。

結婚内祝い。遅れずにお贈りするのがもちろんベストですが、つい遅くなってしまった場合に役立つ情報をお届けしました。
末永く幸せな結婚生活が続くことをお祈りしています。

結婚内祝いにおすすめのカタログ
ウエディング限定版カタログギフト「ラ・マリエ」
業界で初めてウエディング専用のカタログギフトを発売したハーモニックのカタログギフト「ラ・マリエ」は、結婚内祝いや引き出物に大人気!おふたりの感謝の気持ちが伝わるように、心を込めてご用意した特別なギフトです。

結婚内祝い関連記事

結婚内祝い(お返し)の「時期」と「金額の目安」

結婚内祝い(お返し)の「時期」と「金額の目安」

結婚内祝い(お返し)の時期や金額の目安、目上の人からのお祝いのお返し、高額のお祝いのお返しなど、状況ごとのマナーをご紹介。結婚内祝いや引き出物のお返し、出産内祝い、香典返し、法人ギフトならハーモニック。

→記事を読む

結婚内祝いのお礼状の書き方と文例集

結婚内祝いのお礼状の書き方と文例集

結婚祝いのお礼状は、基本的に結婚式や披露宴の出欠席にかかわらず、お祝いを頂いたすべての方に書きましょう。 しかし、目上の方や親戚、友人など、出す相手によってお礼状の文面は変わるため、どう書けばいいのか悩みがちですよね。 この記事では、結婚内祝いの「お礼状の書き方」と「相手別の文例集」を紹介していきます。

→記事を読む

結婚内祝いの「避けた方がいい品物」について

結婚内祝いの「避けた方がいい品物」について

結婚内祝いを、結婚祝いの金額に応じて一律に贈るなら、趣味嗜好に関係のない、実用的なものが最適です。逆に、趣味嗜好に合わせてと考える場合は、カタログギフトなどで贈り先様に選んでいただいた方がいいでしょう。

→記事を読む

結婚内祝いの「のし」4つのポイント

結婚内祝いの「のし」4つのポイント

贈り物に掛けるのし紙には水引の色や本数、表書きの書き方など、いくつか決まり事があります。この記事では、いざ贈るとなると迷いがちな結婚内祝いの「のし」の一般的なマナーをご紹介します。

→記事を読む

結婚祝いのお返しを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

結婚祝いのお返しを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

披露宴にご招待できなかった、または事情があって欠席された方から結婚祝いを頂いた場合に贈る結婚内祝い。快く受け取っていただくには、まずは自分自身がマナーを身に付けましょう。

→記事を読む

結婚内祝いの記事一覧

結婚内祝いの記事一覧

「結婚内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「結婚内祝い」も紹介します。

→記事を読む

結婚内祝いに人気のカタログギフト

結婚内祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ