快気内祝いの「のし」のマナーや書き方

快気内祝いの「のし」のマナーや書き方

贈り物に掛けるのし紙には水引の色や本数、表書きの書き方など、いくつか決まり事があります。この記事では、いざ贈るとなると迷いがちな快気内祝いの「のし」の一般的なマナーをご紹介します。

水引は紅白の「結び切り」にする

快気内祝いを贈る際は、贈り物にのしをかけます。のしの水引は、紅白の「結び切り」を選びましょう。快気祝いは、病気やケガが良くなったお祝いであるため、二度と起こらないほうがいいものです。そのため「紅白の結び切り」の水引がついたのし紙を使います。

水引の次はのしの書き方の説明です。のし書きは水引の紐の間に表書きを、水引の下に贈り主の名前を書きましょう。

表書きは、「快気祝」や「快気内祝い」のいずれかを書きます。水引の下には体調を崩していた本人の苗字を記載します。名前も含めた姓名を記すのも間違いではありません。

快気祝いは、直接会える人に対しては、『退院しました』という報告や『お見舞いありがとうございました』といった感謝の言葉とともに渡すのがいいでしょう。

ただし、中には直接会うのが難しい人もいるかもしれません。そのようなときは、郵送や宅配便などを利用して快気祝いを贈っても失礼にはあたりません。直接渡す機会を待っているうちに、快気祝いを贈るのが遅れてしまうことがないよう、なかなか会う機会がなさそうな人には早めに発送の手配をするようにしましょう。なおその際は、快気祝いだとわかるようにメッセージカードを添えるのがマナーです。お見舞いへのお礼や回復の報告をしたためて同封するようにしましょう。

▲カタログギフトのハーモニック

快気内祝い関連記事

快気祝いのマナー・相場・時期(快気内祝い・お見舞い返し)

快気祝いのマナー・相場・時期(快気内祝い・お見舞い返し)

この記事では「快気祝い」と「快気内祝い」の違い、贈る時期や贈り方、金額の目安など、快気祝い(快気内祝い)のマナー全般を紹介いたします。

→記事を読む

快気内祝いのお礼状の書き方・文例をご紹介

快気内祝いのお礼状の書き方・文例をご紹介

快気内祝いにはお礼状を添えましょう。この記事では、快気内祝いの意味とお礼状の書き方をご紹介します。送る相手別の文例も掲載しているのでぜひ参考にご覧ください。

→記事を読む

お見舞い返しに商品券はNG?内祝いの金額相場・おすすめの品物とは

お見舞い返しに商品券はNG?内祝いの金額相場・おすすめの品物とは

この記事では、お見舞い返しに適した品物や相場、金額の目安を紹介しています。

→記事を読む

快気祝いを贈る時期

快気祝いを贈る時期

快気祝いを贈る時期は、退院後少し落ち着いた時期の1週間から10日ほどを目安に手配をするのが一般的です。

→記事を読む

快気内祝いの記事一覧

快気内祝いの記事一覧

「快気内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「快気内祝い」も紹介します。

→記事を読む

快気内祝いに人気 3,000円前後のカタログギフト

快気内祝いに人気 3,000円前後のカタログギフト

快気内祝いで人気のハーモニックのカタログギフト。 ご予算3,000円前後でお求めいただける、快気内祝いにオススメのカタログギフトをご紹介します。

→記事を読む

快気内祝いに人気のカタログギフト

快気内祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ