出産祝いの「のし」はどうやって書く?
正しいのしの書き方とマナー

結婚・出産など、おめでたい出来事があった際にはのし紙(ご祝儀袋)を渡します。喜ばしいことは人生のなかで何度も経験したいものですが、「出産祝いののしの選び方や書き方がわからない」という方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、出産祝いの正しいのしの書き方を解説します。贈り主の人数で変わる名前の書き方など、マナーについて知ることも可能です。渡した相手に失礼のないよう、早い段階から理解を深めておきましょう。

出産祝いにおすすめのカタログギフト「えらんで」▲ カタログのご購入はこちらから

出産祝いの「のし」の選び方

のしとは、本来のし紙の右上にある飾りを意味します。現代ではのし紙・水引の全体を指すことも多いため、「のしを書く」という表現を用いるケースも多いでしょう。

のしに関するマナーを学ぶ機会は多くありませんが、お祝いの種類によって適切なものを選べるよう知識を蓄えることが大切です。ここからは、出産祝いに贈るのしの種類や外のし・内のしについて解説します。

水引の色

祝儀袋の中央にある「水引」は、紅白5本のものを選びましょう。5本の水引は、ご祝儀として利用されることの多い本数です。ほかには7本・10本の水引があり、7本は結婚祝い、10本は結納のような儀式で用いるケースが多く見られます。

多くののしが5本または7本の水引になっているのは、お祝い事には奇数が適しているといわれるためです。10本は偶数ではなく、奇数の5を2つ合わせた数と考えられています。古くから日本で浸透している考え方であるため、本数はしっかり確認しておきましょう。

また、「出産祝いの水引は5本」と決まっているわけではなく、贈る商品の内容によって異なります。出産祝いのプレゼントが豪華なものであれば、7本の水引を選んでも問題ありません。ただし、水引が豪華すぎる印象を与えないよう、商品の価格帯に適した本数を選ぶことが大切です。友人や仕事仲間へのお祝いであれば5本で問題ないでしょう。

水引の結び

出産祝いでは、紅白の水引が花結びになったものを選びます。一般的に「蝶結び」といわれる、結んだ端を引くとほどけるかたちの水引です。花結びには、「ほどいて結び直せる」という特徴から「何度あっても喜ばしい出来事」という意味が込められています。出産祝いのほかに、誕生日や昇格を祝う際にも使用する水引です。

結婚祝いでは「結び切り」の水引を選びますが、花結びとの違いを理解しておきましょう。結婚は勧んで何度も行うべきものではありません。結婚祝いに花結びののしを贈ると「贈り主が離婚を望んでいる」という意味にとられることがあります。日本人としてのマナー違反にあたるため、結婚祝いと出産祝いの違いをしっかり理解しておくと安心です。

外のしと内のしの違い

出産祝いを送る際には、外のし・内のしのどちらかを選ぶ必要があります。出産祝いでは、外のしを選ぶケースが一般的です。プレゼントを郵送で贈る場合のみ、内のしを選びましょう。

外のしは、プレゼントを包んでそのまま贈る方法です。表書きが外から見えるかたちになるため、お祝い事においては外のしが適切であるといわれています。一方、内のしはのし紙のうえからさらに包装紙で包む方法です。内祝いで用いられることが多いですが、出産祝いに選んでもマナー違反ではありません。

郵送を予定している方は、傷付かないよう内のしで贈ったほうがよいでしょう。のし紙がちぎれたり外れたりすると、不吉な印象を与えてしまうためです。

出産祝いの「のし」の書き方とは? 表書きの書き方

のしの表書きは、贈る目的によって適切な書き方が異なります。一般的な手紙とは違ってマナーがあるため、失礼にあたらないようポイントをおさえておきましょう。家族や仕事仲間など複数人から贈る場合は、相手に全員の名前がわかるようにしなければなりません。表書きの書き方と中袋(中包み)に関するマナーを解説します。

表書きの書き方

出産祝いのしは、表書きに以下のような言葉を記載しましょう。

・御祝
・御出産御祝
・御安産御祝
・祝御出産

明確に決められたルールはありませんが、「何を祝っているのか」がわかるような言葉を選ぶことが大切です。水引よりも上の中央部分に、濃い黒色でバランスよく記載します。

「お祝」のようにひらがなで記載しても問題ありませんが、親しい関係でなければ漢字のほうがよいでしょう。墨で文字がつぶれないよう、あらかじめ練習しておくと安心です。

また、「祝御出産」のように4文字になる言葉は好ましくないとされています。死を連想させる可能性があるためです。近年では重視しない方も増えていますが、マナー違反ととられるかもしれません。相手の考え方が明確でない場合は、4文字にならないよう配慮したほうがよいでしょう。

【個人で贈る】名前の書き方

贈り主が1人であれば、水引の下の中央に縦書きで名前を記載します。一画ずつはっきりと書くことが大切です。画数が多い場合は、読みづらくならないようペンの細さも確認しておきましょう。

のしに記載する名前は、楷書(かいしょ)を用いるのがマナーです。書道のように崩したりつなげたりする書体は適切ではありません。走り書きは「気持ちがこもっていない」と受け取られるため、最後まで丁寧に書くように意識しましょう。

名前は、フルネームまたは名字のみで記載します。名字が3文字以上になるとバランスが取りにくくなるため、名前を省いても問題ありません。ただし、上部に記載した表書きよりも大きくならないよう、ひと回り程度小さく書くように意識しましょう。

【家族で贈る】名前の書き方

家族から贈る場合は、全員の名前を表書きに記載します。夫のフルネームを中央に記載する方法が一般的です。妻の名前は夫の左側に並べましょう。注意点は、全員分の苗字を記載しない点です。1人目をフルネームで記載したあと、左側に並ぶのは名前のみとなります。

子どもがいる方は、妻の名前の左側に並べて記載しましょう。全体の大きさにバラつきが出ないよう調整することが大切です。ただし、子どもが2人以上いる場合は、表書きにすべての名前を書くべきではありません。

夫・妻・子どもの総数が4人以上になる場合は代表者(夫)のフルネームを記載します。左側に、ひと回り小さい字で「他 家族一同」と書きましょう。夫以外の家族の名前は、別の紙に記載して同封するとよいでしょう。

【連名で贈る】名前の書き方

会社の同僚や上司と連名で贈る場合は、会社や部署の名前を用います。水引の下の中央部に「開発部一同」というかたちで記載しましょう。このような表書きでは、別紙に全員分の名前を記載して同封することが重要です。

会社からのお祝いであれば、立場が高い方から順番に記載します。右端から縦書きで並べ、文字の大きさに差が出ないよう注意しましょう。贈り主が3人以下の場合は、表書きに全員分のフルネームを記載しても問題ありません。

友人と連名で贈るケースでは、名前の順番は五十音順です。何も考えずに名前を並べるのはマナー違反にあたります。書き直しが発生しないよう、連名に含む人の名前をあらかじめリストアップしておくと安心です。

中袋が付いている場合

中袋とセットになったのし紙を購入した方は、こちらにもフルネームを記載します。表と裏が明確に分かれている場合は、裏面に記載するルールです。左下に、フルネームと住所を記載しましょう。郵便番号や番地などは漢数字を用いてください

表側には、包んだお金の額を縦書きで記載します。1万円であれば「金 壱萬圓」のように、金額のすべてを旧字体で記載するのがマナーです。近年では常用の漢数字を用いる方も増えていますが、なるべく形式的なかたちを反映しましょう。

中袋自体に名前・住所などの項目が設けられていない場合は、省略しても失礼にはあたりません。しかし、中袋のみでは贈り主がわからなくなるため記載したほうが丁寧です。

のしに関するマナーをチェック!

のしは、出産祝い以外にも幅広いシーンで使用されます。結婚からお悔やみまで、目的に合わせた方法を理解しなければなりません。間違えた方法で渡すと「常識がない」と認識される可能性もあります。親しい関係であっても、丁寧なかたちを意識して贈ることが大切です。ここからは、のしに関してチェックしておきたいマナーについて解説します。

のしは必ず付けるべき?

「凝ったものは必要ない」と相手からお願いされた場合は応じたほうが親切ですが、原則的には付けるべきです。送り主が判断して省略するのは適切ではありません。

近年では、古くからのしきたりにこだわらない家庭も増えています。「のしは不要」と考える方も見られますが、まずはマナーとして知られている方法を尊重することが大切です。出産した本人だけでなく、家族にも不快感を与えないよう配慮しましょう。

友人よりも深い関係にある親戚でも同様です。のしを付けたプレゼントを贈ることで、お祝いの気持ちをより強く伝えられます。相手との関係性を問わず、のしは付けるべきであると考えておきましょう。

のしを書くときには何を使う?

出産祝いの表書きには筆または筆ペンを使用するのがマナーです。結婚や出産などおめでたい出来事には、濃い墨の色が好ましいといわれています。筆の扱いに不慣れな方はサインペンでも可能ですが、なるべく筆を用意しましょう。ボールペンや万年筆は不適切です。

また、墨の濃さは重要なポイントで、お祝いの場合は薄い黒色やかすれた文字は避けなければなりません。薄い墨は、葬儀や四十九日法要などの弔事で使用するためです。一般的には以下のような意味があるといわれています。

・涙で墨がにじんだ
・突然の死に準備が間に合わなかった
・墨を磨る時間を惜しんで故人のもとへ駆けつけた

出産祝いにおいてこのような印象を与えるのはよくないため、濃い墨でしっかりと書けるよう準備することが大切です。

のしを付け忘れたら?

出産祝いのプレゼントは、リボンとのしを両方付けるべきではないといわれています。すでにリボン付きのラッピングが施されている場合は、そのまま相手に贈っても問題ありません。のしの代わりにメッセージカードを同封してもよいでしょう。

写真映えもよくかわいらしい雰囲気であることから、のしよりもリボンのラッピングを好んで選ぶ方もいます。しかし、マナーを重視するのであればのしを付けたほうがよいでしょう。相手が「出産祝いでのしを付けないのはマナー違反」と考えている可能性もあるためです。

相手の家族や親戚が失礼に感じることのないよう、マナーと相手側の考え方を優先した方法を選ぶことが大切です。

まとめ

年齢を重ねるにつれ、周囲のおめでたい出来事を祝う回数も増えていきます。のしは「おめでとう」の気持ちを表現する方法のひとつです。古くからのマナーとして大切にされてきたものでもあるため、必要最低限のポイントはしっかりとおさえておきましょう。

「出産祝いのプレゼントがなかなか決まらない……」という方には、相手が好きなものを選べるカタログギフトがおすすめです。ハーモニックでは、ラッピング・のし・リボン・手提げ袋など多数の包装方法を無料でご提供しています。子育てに役立つ商品を幅広く掲載していますので、プレゼントにお悩みの方はぜひご活用ください。

出産祝いにおすすめのカタログギフト「えらんで」▲ カタログのご購入はこちらから

出産祝い関連記事

【金額相場表】出産祝いの金額相場はいくら?関係性別にまとめました

【金額相場表】出産祝いの金額相場はいくら?関係性別にまとめました

出産のお祝いを贈る場合、どのくらいの金額を贈ればいいか悩む人も多いのではないでしょうか。出産祝いの金額の相場は、贈る相手や自分の年齢、相手との関係によって変わってきます。ここでは兄弟や友人、職場の方へなどケース別の出産祝いの金額相場について紹介します。また、出産祝いを渡すときのマナーもあわせて知っておきましょう。

→記事を読む

【文例あり】出産祝いのお礼状の正しい書き方とマナーは?

【文例あり】出産祝いのお礼状の正しい書き方とマナーは?

出産祝いのお礼状の書き方と送るタイミングについて解説します。お礼状の書き方とともに内祝いの品を贈りたい人におすすめのギフトも紹介しますので、祝福してくれた人に言葉とギフトで感謝の気持ちを伝えましょう。

→記事を読む

出産祝いを贈る前に知っておきたいタブーとマナー

出産祝いを贈る前に知っておきたいタブーとマナー

出産のお祝いを贈る場合、どんなものを贈ればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では、出産祝いで気をつけるべき常識やマナーを説明した上で、どんな品物がよく贈られ喜ばれているのかご紹介していきます。

→記事を読む

出産祝いを渡す理想のタイミングはいつ?直接や配送の渡し方のマナーや選び方とは

出産祝いを渡す理想のタイミングはいつ?直接や配送の渡し方のマナーや選び方とは

出産祝いを渡すタイミングや渡し方などといった出産祝いのマナーについて詳しく解説します。お祝いの品物選びで悩んでいる方におすすめのギフトもご紹介しますので、相手に喜ばれるギフトを最適なタイミングで贈るための参考にしてください。

→記事を読む

出産祝いの記事一覧

出産祝いの記事一覧

「出産祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「出産祝い」も紹介します。

→記事を読む

出産祝いでよくあるご質問(FAQ)

出産祝いでよくあるご質問(FAQ)

「出産祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングなど、「出産祝い」でよくあるご質問(FAQ)をご紹介します。

→記事を読む

出産祝いに人気のカタログギフト

出産祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ