出産祝いを渡す理想のタイミングはいつ?
直接や配送の渡し方のマナーや選び方とは

友人や知人に出産祝いを渡したいけれど、渡すタイミングやおすすめのギフトがわからないという方もいるのではないでしょうか。ほかの贈り物と同様に出産祝いにもマナーがあります。相手を不快にさせることなくお祝いをするためにも、きちんとマナーを知っておくことが大切です。

そこでこの記事では出産祝いを渡すタイミングや渡し方などといった出産祝いのマナーについて詳しく解説します。お祝いの品物選びで悩んでいる方におすすめのギフトもご紹介しますので、相手に喜ばれるギフトを最適なタイミングで贈るための参考にしてください。

出産祝いを渡すタイミング

出産祝いは赤ちゃんが生まれたことへのお祝いですので、生まれた知らせを受けてから渡します。しかし、知らせを受けてからいつまでにお祝いを渡せばよいかわからない方もいるでしょう。

ここでは出産祝いを渡す一般的な時期について解説します。

お七夜からお宮参りの間が一般的

出産祝いを渡す一般的な時期は、お七夜からお宮参りまでの間とされています。お七夜とは赤ちゃんが生まれてから7日目に行われるお祝いを指します。赤ちゃんが元気に成長することを願うお祝いであり、命名式を行う場合もあります。

お宮参りは無事に生まれたことを神様に感謝し、今後の健やかな成長を願うための行事です。地域によって生後1ヶ月ころに行うケースや百日祝い(お食い初め)に行うケースがありますが、出産祝いは生後1ヶ月以内に贈るとよいでしょう。したがって、出産祝いを贈る時期は生後7日〜1ヶ月の間になります。

出産前や入院中に贈るのはタブー

出産前や出産後に入院している期間中にお祝いを贈ることはタブーとされています。この時期には出産祝いを贈らないよう注意しましょう。

出産はすべてが安産とは限りません。なかには残念ながら妊娠を継続できなくなる場合もあります。流産や死産で悲しい思いをしているところに出産祝いを贈ってしまうと相手の方を深く傷つけてしまうでしょう。出産後に母子ともに健康であることを確認した上で出産祝いを贈ることをおすすめします。

また出産直後の入院中は母子ともに体調が万全とはいえない時期です。出産された方や赤ちゃんにしっかり休んでもらうためにも、入院中のお祝いは避けたほうがよいでしょう。

産後に直接会う機会を作れそうにない場合は、相手のご自宅に送ることをおすすめします。相手の方に出産の報告を聞いてから生後7日〜1ヶ月の間に送りましょう。送るときはギフトを送ったことを事前に相手に伝えておくとよいでしょう。

ベストタイミングは退院後の2週間〜3週間の間

出産祝いは一般的に生後7日〜1ヶ月を目安に渡しますが、最もよい時期といえるのが退院後2〜3週間の間です。産後の入院は1週間程度であることが多く産後2〜3週間になるとほとんどの方が退院しているため、お祝いをきちんと受け取ってもらえるでしょう。里帰り出産の方には自宅と実家のどちらに送ればよいかを聞いておくことをおすすめします。

身内の方に対する出産祝いもこのタイミングで贈るとよいでしょう。身内の方の場合は病院に面会に行くこともあると思いますが、入院中にお祝いをもらってもすぐには使えないかもしれませんし、荷物になってしまうため退院時に困ってしまうかもしれません。できるだけ退院後に渡すようにしましょう。

贈るときはお日柄がよい日にする

出産祝いを贈る日は、可能であればお日柄がよい日を選びましょう。「お日柄がよい」と聞くと天気のよい日を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、出産祝いを贈る上でのお日柄とは「大安」や「赤口」などといったカレンダーに記載されることも多い「六曜」のことを指します。

六曜には「大安」「赤口」「友引」「先負」「先勝」「仏滅」の6つがありますが、これらのなかで出産祝いを渡すのにベストなお日柄といえるのが大安です。あらゆることが吉の日とされているため、お祝いごとに最適の日といえるでしょう。

大安が難しい場合は友引もおすすめです。友引の本来の意味は「ものごとに勝負がつかない日」ですが、友引の日にお祝いをすることで幸せを分け合えるともいわれています。できれば大安か友引の日を選び、出産祝いを贈るようにしましょう。

出産祝いを渡すタイミングが遅れた場合

出産祝いの最適な時期は退院後2〜3週間の間とされていますが、この間にどうしても渡せそうにないという方もいるでしょう。親しい友人であれば事情を説明して後日渡すということもできますが、目上の方となると難しい場合もあるかもしれません。

ここではタイミングを逃したときの出産祝いの渡し方、時期が遅くなりすぎたときのお祝いマナーについて解説します。

内祝いの手間をかけるため遅いのは失礼になる

一般的に出産祝いを贈るのに適した時期は生後7日〜1ヶ月の間ですので、多くの方はこの期間に出産祝いを贈ります。出産祝いをもらった方は赤ちゃんが生後1ヶ月を過ぎるころに出産祝いを贈ってくれた方々に内祝いを手配します。

一般的な時期から遅れて出産祝いを贈ると、内祝いを手配するタイミングがほかの方とずれてしまうため、相手に手間をかけてしまいます。相手に失礼な印象を与えかねませんので注意しましょう。

しかし一般的な時期を逃してしまったからといって、出産祝いを贈ってはいけないということはありません。下でご紹介する注意点を守り、相手に負担をかけずにお祝いを贈りましょう。

遅れて渡す場合は手紙を添える

生後7日〜1ヶ月以内の間に出産祝いを渡せなかった場合は、遅れてしまったことへのお詫びを記した手紙を添えておきましょう。内祝いの品は不要である旨を伝えておくこともおすすめです。

内祝いが不要だと伝えれば、相手の手間を省くことができます。お祝いへの感謝の気持ちを記した手紙や電話があるかと思いますので、その際にあらためて出産を祝福する気持ちを伝えるとよいでしょう。

出産から1年経った場合は誕生日祝いを贈る

なんらかの事情で出産祝いを渡せず、出産から半年〜1年が経過した場合は出産祝いをかねた誕生日祝いを贈ることをおすすめします。半年以上経過してから出産祝いだけを贈ると失礼になりかねませんので注意しましょう。

誕生日プレゼントはお子さんのおもちゃや洋服がおすすめです。お子さんがどのようなものが好きかを事前にリサーチしておき、好みに合ったものを贈るとよいでしょう。

出産祝いを直接渡す場合のマナー

親しい間柄の方に贈る場合、赤ちゃんの顔を見ることもかねて出産祝いを直接渡すこともあるでしょう。ただし、産後はなにかと忙しいため訪問する側はきちんと配慮することが大切です。

ここでは出産祝いを直接渡すときのマナーや気をつけておきたいポイントについて見ていきましょう。

事前や当日に行く前には連絡をする

出産祝いを直接渡すのであれば、相手の方と事前に日程を調整しておきましょう。退院後のスケジュールを確認し、相手の都合がよい日に訪問するようにします。訪問する当日は訪問前に一度連絡し、訪問しても問題ないか確認しましょう。

産後は母子ともに体調を崩しやすい状態であるため、当日になって体調不良になることもあります。体調が悪いときに訪問すると相手に負担をかけてしまいますので、訪問前に確認することを怠らないようにしましょう。

長居はしないこと

自宅や病院に訪問するときは長居しないことを心がけましょう。出産直後の場合、授乳やおむつ替えといった赤ちゃんのケアが頻繁に必要ですので睡眠不足を実感する方も多くいます。赤ちゃんが寝ている間に休息をとりたいという方も多いでしょう。長く滞在すると相手に大きな負担をかけてしまう恐れがあるので要注意です。

訪問時はお祝いの品を渡し、赤ちゃんの様子を見たらなるべく早めに切り上げましょう。帰るときは落ち着いたころにまた訪問したいということ、育児に奮闘している相手の方への労いの言葉を伝えるとよいでしょう。

自宅に行く場合の注意点

自宅に訪問するときは、特別な事情がない限り子どもや男性を連れていかないようにしましょう。男性がいると授乳がしにくいですし、子どもがはしゃぐと赤ちゃんが驚いてしまう恐れがあるからです。

また自宅に訪問する当日に、少しでも風邪などの症状がある場合は日程を変更しましょう。出産後は母子ともに免疫力が低い状態であるため、感染を防ぐことが大切です。訪問後すぐに手を洗うことも忘れないようにしましょう。

小さな赤ちゃんを見ると抱っこをしたくなる方も多いでしょう。しかし自分から「抱っこさせてほしい」と申し出ることは控えたほうが無難です。相手の方から「抱っこしてあげて」といわれた場合のみ抱っこさせてもらうようにしましょう。

病院に行くことは極力避ける

出産の知らせを聞いたからといって、相手が入院している病院に訪問することは避けましょう。入院している間は産後間もないため、相手の体調が万全でないこともあるからです。

相手に呼ばれた場合は訪問しても構いません。ただしお祝いの品をもって行くと退院時の荷物になるため、後日渡すようにしましょう。相手に呼ばれた場合であっても、母子の様子を見て少しお話したら極力早めに切り上げることをおすすめします。

出産祝いを送る場合のマナー

お祝いを直接渡せそうにない場合は、自宅などに送るとよいでしょう。ここでは出産祝いを送るときに気をつけたいマナーについて解説します。マナーを守らず送ってしまうと相手に負担がかかってしまうため注意しましょう。

送る場合でも事前連絡は必須

相手の自宅などに送る場合は出産祝い送ることを事前に伝えておきましょう。相手が里帰りをしている場合は自宅か実家のどちらに送ればよいか確認しておくとよいでしょう。

また、どの日に送れば問題なく受け取れるかを確認しておくことも大切です。相手の都合がよい日を確認し、できるだけその日に到着するように送りましょう。

包装や到着の時間帯にも気を遣う

出産祝いの送り先や日程だけでなく、開けやすい包装の開けやすさや到着する時間帯についても確認しておきましょう。

出産祝いのギフトの多くは包装紙に包まれていますが、開けにくいものだと手間がかかります。相手に負担をかけないためにも開けやすい包装ができるギフトがおすすめです。

また都合がよい時間帯は人によって異なります。事前に都合のよい時間帯を聞いておきましょう。出産祝いには気をつけておきたいポイントが多くありますが、相手に喜んでもらうためにも気遣いを忘れないようにしたいものです。

出産祝いを贈るときの予算相場

出産祝いの品物は数多くあり、品物によって金額も異なります。そのため購入前に相場を知っておくことをおすすめします。相場をはるかに上回る金額の品物を渡してしまうと相手に気を遣わせてしまうので、相場程度で収めることが大切です。ここでは一般的な出産祝いにかける金額や連名で贈る場合の相場についてご紹介します。

一般的な出産祝いの予算相場

出産祝いの一般的な予算相場は相手との関係性によって変動します。兄弟姉妹へのお祝いであれば10,000円〜30,000円ほど、友人へのお祝いであれば3,000円〜5,000円ほどが相場となっています。

贈る相手が自分の子ども夫婦である場合の相場は10,000円以上となっています。また親しい友人や会社の方には10,000円以内で用意するとよいでしょう。友人数人が連名で贈るのであれば5,000円〜10,000円ほどの品を買い、総額を人数分で割るといった方法もおすすめです。

職場の方に贈る場合は立場によって変える

出産祝いを贈る相手が職場の方の場合、自分と相手との関係性によって品物の金額を変えましょう。贈る相手が上司や先輩であれば5,000円〜10,000円同僚や後輩であれば1,000円〜3,000円が相場です。

友人の場合と同様に、複数の方が連名でギフトを贈ることもあるでしょう。この場合は10,000円ほどの金額のものを購入し、総額を人数分で割ったり役職や勤務年数に応じた金額を設定してお金を集めたりするとよいでしょう。

グループでまとめて贈る場合

連名で贈る場合は、贈る人数によっては相場より高めのギフトをお祝いとして渡すこともできます。1人あたりの相場では購入できない品物でも、連名で贈ることで購入できるものもあります。「ぜひ贈りたいけれども個人名義で贈るには少し高い」というものがあれば、複数人でのお祝いを検討するとよいでしょう。

複数人で贈る場合はギフトを決める方や1人あたりの予算について話し合っておく必要があります。個人名義で贈る場合よりも時間がかかる場合も多いので、連名で贈る場合は時間に余裕をもつようにしましょう。

出産祝いはどのようなギフトを渡せばよい?

出産祝いのタイミングやマナー、相場などを確認してきましたが、どのようなものを出産祝いに選べばよいかわからないという方もいるでしょう。ここではギフト選びに迷っている方におすすめのアイテムをご紹介します。出産祝いに避けたほうがよいアイテムについてもご説明しますのでぜひ参考にしてください。

出産祝いにおすすめのアイテム

出産祝いとして多く人気を集めているのがロンパースなどのベビー服です。赤ちゃんは1日のうちに数回着替えをすることもあるため喜ばれやすいでしょう。個人差はありますが、70〜80のサイズを選べば生後3か月〜半年ごろから着用できるのでおすすめです。

スタイやおむつケーキも喜ばれるアイテムです。スタイはよだれが多い赤ちゃんの場合はたくさんの枚数が必要になりますし、おむつも毎日使用するものですので多くあっても困りません。ただし新生児サイズは相手の方が用意していることも多く、それほど長い期間使うものではありません。SサイズやMサイズのおむつがおすすめです。

出産祝いに避けたほうがよいアイテム

弔事によく使われる日本茶や「別れ」を連想させるハンカチはお祝いごとにはあまり向かないアイテムです。また、刃物は「縁を切る」という意味をもつことからお祝いギフトとして適しているとはいえないでしょう。

ただし、これらのものはカタログギフトに掲載されている場合もあります。カタログギフトであれば品物を決めるのは相手ですので気にする必要はないでしょう。

カタログギフトのご購入はこちら
出産祝い用カタログギフト
「えらんで」
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

2人目以降の出産祝いの場合

2人目以降の出産祝いを贈る場合は、「家族に喜ばれるものを選ぶこと」「上のお子さんへのプレゼントも一緒に用意すること」を心がけましょう。育児に役立つものや家族全員で食べられる食品がおすすめです。

赤ちゃん向けのグッズを選ぶのであれば、上のお子さんへのプレゼントも一緒に用意するのもよいでしょう。産後はどうしても赤ちゃんのお世話が多くなるため、上のお子さんが寂しさを感じるケースも少なくありません。頑張っているお兄ちゃん・お姉ちゃんにもプレゼントを渡せば、家族みんなで喜んでもらえるでしょう。

喜ばれやすい出産祝いはカタログギフト

「相手の好みがわからず出産祝いを選べない」とお困りの場合はカタログギフトがおすすめです。長い時間悩んで贈るタイミングを逃すと相手に失礼になりますので、時期を逃す前にカタログギフトを検討してみましょう。

カタログギフトのご購入はこちら
出産祝い用カタログギフト
「えらんで」
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

忙しい方や相手の好みがわからない方におすすめ

ギフトを贈りたいけれども、相手の好みがわからないというときにおすすめなのがカタログギフトです。さまざまな商品が掲載されているため、相手が欲しいと思える商品をプレゼントできます。

お祝いを贈るタイミングまでに買いに行けそうにないときや、連名で贈るけれども全員の意見がまとまらないというときにもカタログギフトが役立ちます。たくさんの品物のな

カタログギフトにはメッセージを添えるとなおよい

お祝いにカタログギフトを渡す場合は、カタログと一緒にメッセージカードも添えると相手にいっそう喜んでもらえるでしょう。

出産祝いに添えるメッセージには「お祝いの言葉」「出産祝いについて」「赤ちゃんの成長とご家族の幸せを祈る言葉」を記載します。例文をご紹介しますので、参考にしてください。

「ご出産おめでとうございます
ささやかではありますが ○○課一同よりお祝いの品をお贈りいたしました
お子様の健やかな成長と ご家族のお幸せを心よりお祈り申し上げます」

こちらは職場の方に連名で出産祝いを贈る場合の例文です。親しい友人に贈る場合はもう少しフランクな文面で構いません。お祝いごとでのメッセージなので「終わり」や「区切り」を連想させる句読点はつけないように注意しましょう。

出産祝いのメッセージで避けるべき言葉

出産祝いのメッセージを送る際には避けておきたい言葉がいくつかあります。たとえば「死ぬ」「切る」「流れる」などの忌み言葉、相手を不安な気持ちにさせてしまう恐れがある「苦労」「不安」「大変」といった言葉です。

またお子さんが小さく生まれたことで悩んでいることもありますので、「早く大きくなって」「ぐんぐん大きく」など成長を急かすような言葉も避けましょう。

「ハーモニック」のカタログギフトがおすすめ

出産のお祝いにカタログギフトを贈るのであれば、「ハーモニック」のカタログギフトがおすすめです。おすすめできるポイントやカタログに掲載されているギフトについて解説していきましょう。

カタログギフトのご購入はこちら
出産祝い用カタログギフト
「えらんで」
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

出産祝い用のカタログギフトが5種類ある

ハーモニックでは結婚祝いや内祝いなど、シーン別に数多くのカタログギフトを用意しています。出産祝い専用のカタログギフトも5種類用意しているので、相手に適切なカタログギフトを贈ることができるでしょう。

価格も3,800円、5,800円、10,800円、21,600円、32,400円から選ぶことができますので、相手との関係性によって最適な相場価格のギフトをプレゼントできます。出産祝い用のカタログギフトなので出産後にすぐ使えるようなアイテムも豊富です。ではどのようなアイテムがあるのか具体的に見ていきましょう。

カタログギフトのご購入はこちら
出産祝い用カタログギフト
「えらんで」
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

出産祝いで喜ばれる商品が豊富に揃っている

出産祝い用のカタログギフトには月齢別におすすめのアイテムが豊富に掲載されていますので、そのときに欲しいと思えるアイテムが見つかりやすくなっています。新生児から使用できるアイテムもあるため、産後に必要だとわかったアイテムを注文することもできて便利です。

スタイやベビー服も掲載されており、ミキハウスやアンナ・ニコラなどの有名ブランドも多数揃っています。離乳食を作るための調理器具や、ル・クルーゼのかわいらしいお皿も掲載されていますので、赤ちゃんグッズを揃えたいと考える方にきっと喜ばれるでしょう。

カタログギフトのご購入はこちら
出産祝い用カタログギフト
「えらんで」
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

「もの」だけでなく「体験」できるギフトもある

カタログに掲載されているのはベビー服やお皿といった「もの」だけではありません。サファリパークやキドキドなどの遊び場の体験チケットといった「体験ギフト」も多数掲載されています。生後半年ごろから楽しめるプレイスポットの体験もあるため、ご家族でのお出かけに利用してもらえるでしょう。

遊び場の利用券や体験ギフトだけでなく、家族写真の撮影券もあります。思い出に残るギフトが欲しいと考える方に喜んでもらえるのではないでしょうか。

カタログギフトのご購入はこちら
出産祝い用カタログギフト
「えらんで」
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

まとめ

出産祝いを贈るときは、親しい友人の場合でも産後のお母さんと赤ちゃんへの気遣いはとても大切です。相手に負担をかけずにお祝いをすることで、ご家族全員に喜んでもらえるでしょう。

出産祝いに最適なギフトは数多くありますが、相手に本当に喜ばれるものを贈りたいという方にはハーモニックのカタログギフトもおすすめです。産後すぐに使えるアイテムから1歳以降にも使えるアイテムまで数多く取り揃えていますので、相手の方にも楽しく選んでもらえるでしょう。

出産祝いの品物に迷っているという方は、5つの価格帯から選べるハーモニックの出産祝い専用カタログギフトをぜひご検討ください。

カタログギフトのご購入はこちら
出産祝い用カタログギフト
「えらんで」
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

出産祝い関連記事

人気の出産祝い10選!贈る際のマナーとポイントをご紹介

出産祝いを贈るため、人気のあるギフトを知りたいという方もいるのではないでしょうか。出産祝いでよく選ばれるものについて知っておくことで、相手の子育てに役立ったり、思い…

→記事を読む

喜んでもらえる出産祝いの選び方とおすすめのプレゼント!
押さえたいマナーと金額相場についてもご紹介

大切な人への出産祝いは、喜んでもらえるプレゼントを贈りたいものです。しかし、いざプレゼントを選ぶとなると一体何を選べばよいのか、いつ贈ればよいのか、わからないことだ…

→記事を読む

出産祝いの時期はいつがベスト?
マナーやタイミングをご紹介します

家族や親戚、仲の良い友人の出産は、知らせを受けた側もとても嬉しく幸せな気持ちになるものです。赤ちゃん誕生の喜びを早く伝えたいと思うところですが、出産祝いはいつ贈ればよい…

→記事を読む

出産祝いに人気のカタログギフト