1. カタログギフトのハーモニック
  2.  >  出産祝い
  3.  >  出産祝いのマナー
  4.  >  双子ちゃんへの特別な出産祝いギフト選びのポイントと人気の商品を徹底紹介

双子ちゃんへの特別な出産祝い
ギフト選びのポイントと人気の商品を徹底紹介

友人や親戚に双子が産まれたものの、赤ちゃんが二人となるとどんな出産祝いが喜ばれるかわからないという方もいるのではないでしょうか。双子用の色違いアイテムや、育児を楽にするアイテムは双子ママに喜ばれやすいギフトです。双子育児は大変なことも多いため、実生活に役立ったり、子育てを楽しめたりするようなアイテムを選びましょう。

この記事では、双子への出産祝いの相場、ギフトを選ぶポイント、人気の出産祝いギフト、出産祝いを現金で渡す際の注意点などについてご紹介します。

双子ちゃんへの出産祝いを選ぶポイント

双子への出産祝いは、一人への出産祝いとは異なる部分があるため注意が必要です。金額相場だけでなく、ギフトの場合は二人分を用意することになるため、双子用のアイテムを選ぶなど工夫してみましょう。また、双子育児をサポートするアイテムを選ぶという選択肢もあります。ここでは、双子への出産祝いの相場や、ギフト選びのポイントを解説します。

出産祝いの相場は1人の時の1.5~2倍の間

  一人のときの出産祝い相場双子のときの出産祝い相場
20,000~100,000円30,000円~150,000円
兄弟姉妹10,000~50,000円15,000円~80,000円
伯父叔父・伯母叔母5,000円~8,000円~
甥姪10,000~30,000円15,000~50,000円
従妹3,000円~5,000円~
親しい友人10,000~15,000円15,000円~25,000円
会社の同僚3,000~5,000円5,000円~8,000円
会社の部下3,000~5,000円5,000円~8,000円
会社の上司5,000~10,000円10,000円~16,000円

男・男の場合

濃いブルーと薄いブルー、濃い緑と薄い緑などの同系色の濃淡での組み合わせなどがおすすめです。

男・女の場合

ピンクとブルーなど、男女それぞれに異なるカラーを選ぶとよいでしょう。異なるアイテムでも柄を揃えるといったリンクコーデも最近の注目です。

女・女の場合

赤とピンクなどの女の子らしさが出る暖色系カラーで揃えるのが適しています。最近はペールブルーやライトグリーンも上品さが出る色合いで人気です。

【ギフト選びのポイント2】全く同じ商品に名入れをする

出産祝いのギフトには、商品に名入れができるものがあります。同じ商品でも名前が入っていれば双子でも間違えることがないうえに、見た目の統一感も出るので双子ならではのギフトと喜ばれるでしょう。名入れができる商品の例としては、巾着袋、リュック、タオル、スタイ、ポンチョなどがあります。

産まれてからすぐに使えるもの、長く使えるものなど、使う時期なども考慮して選ぶとよいでしょう。

【ギフト選びのポイント3】ママの育児を助けるグッズも好評

出産祝いというと「赤ちゃんへのプレゼント」というイメージが強いかもしれません。しかし、ママが双子育児で使えるお助けアイテムを出産祝いとして贈ることもおすすめです。一度に二人を育てる双子育児は非常に大変で、ママへの負担も大きくなります。また、赤ちゃん向けのギフトばかりをもらっていた場合は、特に喜んでもらえるでしょう。

たとえば、双子用の授乳クッションや双子用のマザーズバッグなど、双子育児に特化したものがおすすめです。

双子の出産祝い向き 実用性・かわいさ共に文句なしの人気商品10アイテム

出産祝いは、実用性に優れたものであったり、思い出として長く飾っておいたりできるアイテムを贈ることで、より相手に喜んでもらえます。双子の場合は、色違いや柄違いで揃えるなど、双子ならではのアイテムを選んでもよいでしょう。ここでは、双子におすすめの人気出産祝いアイテムについて解説します。

双子専用品も用意されている「おむつケーキ」

子育ての必需品であるおむつをケーキのようにデコレーションしたおむつケーキは、出産祝いに人気のアイテムです。最近のおむつケーキはおむつだけでなく、スタイやおもちゃなどのベビー用アイテムがついているなどギフトセット代わりになっているものも多いため、それだけでも十分に喜んでもらえます。

双子専用おむつケーキは、色違いのテディベアや、おしゃぶり、離乳食用スプーンなどが二つずつついているため、ひとつで二人分のギフトになります。ハンドタオル、ミトン、ソックスなどもセットになっているものもあり、産まれてすぐから活用できるアイテムが二つずつ揃えられて便利です。

双子・三つ子でも問題なし! 色違い・ペアでかわいい「スタイ」

スタイは産まれて間もない時期から歩けるようになってからも活用できるため、たくさんあっても困らないアイテムです。よだれやミルク、離乳食などで汚れることも多く、洗い替えがあると重宝します。また、双子だけでなく三つ子などの多胎児への出産祝いとしても便利なギフトです。

たとえば、リバーシブルで使えるスタイは少し汚れても裏返して使えるだけでなく、柄によってファッションとのコーディネートも楽しめ、お揃いコーデも印象を変える装いも思いのままです。名入れができるスタイもあり、それぞれの赤ちゃんの名前を入れたオリジナルギフトとして喜ばれるでしょう。

双子出産祝いの定番「お揃い・ペアのベビー服」

赤ちゃんは産まれて1ヶ月程度はほぼ外出しないことが多く、また生後3ヶ月程度までは検診や帰省などの用事がない限り外出の機会はそれほど多くありません。双子の場合は一人よりもさらに外出が大変になるため、お出かけできるまでに時間がかかることもあります。

洋服を贈るなら、外出が多くなる生後3か月ごろから着られる60センチ以上のベビー服を選ぶとよいでしょう。サイズだけでなく、着る時期にも注意しましょう。服と一緒にベビーソックスなどもセットにすると、トータルでそろえられてかわいらしい印象になります。

キャラ違い・色違いでかわいい「おくるみ」「バスタオル」

おくるみは、あると便利なアイテムのひとつです。寝ているときにかけてあげるだけでなく、肌寒い日にくるんだり、おむつを替える際のマットとして使ったり、ベビーカーの上からかけたりと、幅広い用途に利用できます。バスタオルも、お風呂上がりのみならず、プールや水遊び、タオルケット代わりにも使えます。

おくるみのギフトセットには同素材で作られたぬいぐるみが付いているものや、名入れできるものもあります。産まれた双子の性別によって、色を変えたり、違うぬいぐるみをチョイスしたりでき、双子ギフトにぴったりです。

双子だから2人一緒の特別な「手形・足形フォトフレーム」

フォトフレームやフォトアルバムなどのメモリアル系アイテムは、赤ちゃんの誕生を一生の思い出に残すことができるためおすすめです。特に双子の場合、産まれたときの両親の想いも一段と強いことも多く、形として残すことができ、飾ったり見返したりできるアイテムは喜ばれます。

インクなどでとった赤ちゃんの手形・足形を、彫刻してくれるコルクスタンドなどは出産祝いに定番の人気です。二人分の名前や産まれたときの体重・身長、誕生日なども入れられるものもあります。二人が写った写真とともに飾ることができるメモリアルグッズは双子の絆を感じさせる思い入れのあるギフトになるでしょう。

特別な二人に贈る特別な「ベビーリング」

ベビーリングとは、赤ちゃんが産まれたことを祝って作る指輪です。赤ちゃんの指に入る小さなリングのことで、赤ちゃんの指にはめて写真を撮ったり、飾ったりして使います。

ネックレスに通して親が使ったり、子どもが大きくなったときに贈ったりすることもできるため、長く使えるアイテムです。双子の誕生記念としても、喜んでもらえるでしょう。

赤ちゃんのリングとはいえ、高級感のあるデザインが人気です。中には誕生石を組み込んだものもあり、4石タイプを選べば両親と双子の赤ちゃんの四人の誕生石を入れられます。多くのもので刻印を入れられるサービスがあるため、赤ちゃんの名前などを入れてプレゼントすることも可能です。

歩けるようになってからも使える「ベビーリュック」

ベビーリュックは産まれてすぐは使えませんがベビー時のおでかけにはもちろん、保育園などに通うようになってからも長く使えるアイテムです。1歳祝いでは一升餅をベビーリュックに入れて背負わせて使うこともあります。

ベビーアイテムは子どもが成長するとすぐに使えなくなってしまうものも多いため、長く使えるベビーリュックは重宝です。シンプルなデザインを選べば、どんなファッションにも合わせられます。双子の場合、色違いや柄違いで贈ってもよいでしょう。

2人の名前が一冊の本に入った「名入りの本」

本の中に赤ちゃんの名前が入ったり、誕生日や産まれた病院、体重や身長などを入れたりできる名入りの本は、思い出として長く取っておけるアイテムです。ある程度成長して字が読めるようになってから見せることで、子どもにも喜んでもらうことができ、親も産まれた日のことを振り返ることができます。二人で1冊ではなく、1冊ずつでもよいでしょう。

中には双子用のベビーブックもあり、そうしたものを選べば1冊の本の中に二人の名前を登場させることができます。自分が主人公の物語を紡ぐ名入りの本は、子どもの想像力を育てるギフトとして喜ばれるでしょう

2人で仲良く遊べる「おもちゃ」

ベビー用のおもちゃは、部屋の中で楽しく遊べるおすすめのギフトアイテムです。双子の場合はひとつのおもちゃを取り合うことにもなりかねないため、出産祝いとして贈る場合は同じものを二つプレゼントするか、二人で一緒に遊べるおもちゃを選ぶとよいでしょう。

すべり台とジャングルジムがセットになったおもちゃは、部屋で元気いっぱい遊べる双子にもってこいのおもちゃです。中には使わないときに畳んでコンパクトにできるジムもあり、ママにも子どもにも喜ばれるものもあります。サイズが大きいおもちゃを贈るときは、相手の住環境にも配慮しましょう。事前に贈ってもよいか確認するのがおすすめです。

必要な物はママが良く知っているから「カタログギフト」

産後は出産祝いをもらう機会が多いため、場合によってはすでにあるものを贈ってしまう可能性もあります。また、相手の状況や好みによっては使ってもらえないこともあるでしょう。カタログギフトならば、相手にとって本当に必要なものを選んでもらうことができます。相手のタイミングで注文できるため、双子育児で忙しいママへもおすすめです。

ハーモニックのカタログギフト「えらんで」は、出産祝い用のカタログギフトです。ダブルチョイス&トリプルチョイスコースの場合、1冊のカタログギフトから二つまたは三つの商品を選べます。双子用にひとつずつ選んだり、赤ちゃん用とママ用のアイテムを選んだりと、自由に組み合わせができるのもメリットです。

カタログギフトのご購入はこちら
出産祝い用カタログギフト
「えらんで」
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

双子ママへの出産祝い 育児お助けアイテム4選

双子育児は一人の育児より時間や労力が必要です。育児に役立つアイテムは重宝するでしょう。ただし、すでに買い揃えている可能性や、デザインや機能などによっては好みに合わず使わない場合もあります。お助けアイテムを贈るときは事前に確認してから購入するとよいでしょう。ここでは、双子ママへの育児お助けアイテムについて紹介します。

双子ママを助ける画期的アイテム「双子用授乳枕」

双子の赤ちゃんに授乳をする場合、二人いっぺんに授乳させることも少なくないため、ママは大変です。姿勢を保つことが難しい、赤ちゃんが上手に飲んでくれないなど、一人の場合よりも授乳が難しくなってしまうこともあります。双子用授乳枕は、二人同時に授乳をさせやすい構造になっている優れものです。

双子に同時授乳を可能にする構造はママの腰や首への負担を軽減するほか、ポジションを安定させながら安心して授乳できます。タオルなどが入るポケットや、音がしないバックルなどが付いているものもあり、双子の出産祝いギフトに人気です。

2人一緒の抱っこは厳しいから「バウンサー」

泣き止まないときや眠ってほしいときなど、抱っこの代わりとなるバウンサーがあると便利です。バウンサーに乗せて揺らせておけば、赤ちゃんは気持ちよく眠りについてくれます。

双子育児で二人が同時にぐずり出すことはよくあることです。ぐずって暴れる二人を同時に抱っこすることは難しいため、そうしたときは一人ずつ順番になってしまいます。バウンサーに一人を乗せ、一人を抱っこしてそれぞれあやすことができるので、双子育児には強力な助っ人となるでしょう。バウンサーが2台あれば、同時に乗せてあやすことも可能です。

双子の出産祝いには電動タイプがおすすめです。スイングスピードを調整できるので、赤ちゃんの好みの揺れで心地よく眠りに導きます。

二人抱えての移動を可能にする「双子用ベビーキャリー」

日々のお買い物や乳児検診など、大人一人で双子赤ちゃんを連れて出かけるシチュエーションは少なくありません。ちょっとしたおでかけやベビーカーでは不便な場所にでかけるときに活躍するのが双子用のベビーキャリーです。

双子用ベビーキャリーは前で抱っこ、後ろでおんぶを同時にできます。ママの腰への負担を軽減するように前後のバランスを考えて作られているため、ママにも赤ちゃんにも優しい設計です。

ママと赤ちゃんのフィット感も抜群で赤ちゃんは安心できるので、家で使って抱っことおんぶで同時に寝かしつけにも重宝します。

2人分のベビー用品が入る「双子用マザーバッグ」

赤ちゃんグッズを入れられるマザーズバッグは、外出時に便利なアイテムです。通常のバッグよりもポケットが多い、収納力に優れているなどの特徴があります。

双子用に開発されたマザーズバッグは出産祝いギフトにぴったりです。哺乳瓶ポケット、おしゃぶりポーチ、おむつ替えマットなどが二人分付属しているなど、双子ママが使いやすい仕様になっています。また、重くなりがちなので専用フックでバギーに取り付けることができるものやリュックにできるものを選ぶと使い勝手もよく喜ばれるでしょう。

ギフトではなく現金を渡す場合

双子への出産祝いとして、ギフトではなく現金にすることもあるでしょう。何を贈ればよいかわからない場合や、すでに子どもがいて基本的なベビーアイテムは揃っているなどの場合、現金のほうが喜ばれることもあります。ここでは、出産祝いを現金で贈る際に注意したいことについて解説します。

ギフトは別々に、ご祝儀袋は1つにするのが良い

双子の出産祝いは現金を入れるご祝儀袋は二つではなく、ひとつにまとめましょう。出産祝いは赤ちゃんに向けて贈るものではなく、赤ちゃんが産まれた家庭に対して贈るものだからです。赤ちゃんが双子であっても家庭に贈るというかたちであるため、ご祝儀袋はひとつになります。

一方、ギフトはものによっては二つに分けて贈ります。セット商品や二人にひとつのものを贈るなどでない場合は、ラッピングを別々にして渡してもよいでしょう。

ご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋は、筆ペンか毛筆を使用して書きます。水引の上に「御祝」「御出産御祝」などと表書きを書き、水引の下にはフルネームで自分の名前を書きます。名前は、表書きよりもやや小さめに記入しましょう。友人同士や会社の同僚で二人、三人でまとめて渡す場合は、右から五十音順で書きます。四人以上の場合は「〇〇一同」とし、会社名などを入れます。

現金を入れる中袋には、表面の中央に包んだ金額を「壱」「萬」といった大字で書き、裏面に自分の名前と住所を記入しましょう。

ご祝儀袋のへのお金の入れ方

ご祝儀袋へ包む現金は、新札を用意します。銀行や郵便局などで交換してもらえるため、事前に準備しておきましょう。お札は中袋の表側から見て、上に肖像画の人物が来るように入れます。

出産祝いなどのお祝いでは、「2で割ることができる数字」は縁起が悪いとされているため、偶数を包むのは避けましょう。何らかの事情で20,000円を贈る場合、10,000円札1枚と5,000円札2枚にするなど、枚数が奇数になるよう工夫します。

「4」や「9」といった忌み数も避けましょう。複数人で連名の場合も合計額が偶数や忌み数にならないようにまとめることが大切です。

出産祝いを渡すタイミング

出産祝いは、出産後1週間から1か月ほどで渡すのが一般的です。出産の報告を受けたら、早めに渡せるように準備しておきましょう。産後は身体の疲れや慣れない双子育児で忙しくしていることも多いため、必ずしも直接会って渡す必要はありません。

里帰りで自宅にいないこともあるため、出産祝いを贈る場合は相手の都合を確認してからのほうが望ましいでしょう。また、早産などで赤ちゃんがNICUなどに入っている場合は、退院後に出産祝いを贈るようにしましょう。

まとめ

出産祝いの品物は、相手の状況によってもニーズが変わってきます。たとえば、初産で双子が産まれた場合と、すでに上の子がいて双子が産まれた場合では、必要なものも異なるでしょう。「高額な贈り物をしたものの使ってもらえなかった」という事態になるよりは、相手に欲しいものを聞いてから購入しても遅くありませんし、逆に喜ばれる可能性もあります。

贈られた側が自分たちで選べるカタログギフトならば、本当に欲しいものや必要なものをセレクトできるため、実用的でおすすめです。双子の出産祝いをお考えの方は、ぜひハーモニックのサイトをご覧ください。出産祝い用のカタログギフト、ギフトが二つ選べるコースなど、双子出産祝いにぴったりのカタログギフトがそろっています。

カタログギフトのご購入はこちら
出産祝い用カタログギフト
「えらんで」
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

出産祝い関連記事

出産祝いのお礼状の書き方とは?
出産内祝いのおすすめギフトも併せて紹介

カタログギフトのハーモニック > お祝いを贈る > 結婚祝い > 御礼状・挨拶状 …

→記事を読む

出産祝いに商品券を贈るのはあり?
メリットやデメリットは何?

カタログギフトのハーモニック > お祝いを贈る > 出産祝い > その他 > 出産祝いで商品…

→記事を読む

出産祝いの時期はいつがベスト?
マナーやタイミングをご紹介します

カタログギフトのハーモニック > お祝いを贈る > 出産祝い > 贈るタイミング …

→記事を読む

出産祝いに人気のカタログギフト