出産祝いの金額相場とは?
気を付けるべきマナーやおすすめのカタログギフトを紹介

出産のお祝いを贈る場合、どのくらいの金額を贈ればいいか悩む人も多いのではないでしょうか。出産祝いの金額の相場は、贈る相手や自分の年齢、相手との関係によって変わってきます。

赤ちゃんが産まれたことへのお祝いの気持ちを相手にきちんと伝えるために、それぞれのケースに合う出産祝いの相場を知っておく必要があります。ここではケース別の出産祝いの金額相場について紹介します。また、出産祝いを渡すときのマナーについても触れますので、あわせて知っておきましょう。

出産祝いの金額相場|家族・兄弟

出産祝いを身内に贈るときは、金額が多めになることが一般的です。親や兄弟といった身内は一番親しい間柄であり、お互い気を遣う必要もありません。希望を聞いて高価なものを贈っても良いでしょう。

家族へ贈る場合【相場:3万円〜10万円】

家族へ贈る出産祝いの金額は、3万円〜10万円が相場となっています。おじいちゃん、おばあちゃんにとって孫の誕生は特に嬉しいものではないでしょうか。自然と出産祝いの金額も高額になることが多くなっています。

ただ、返礼となる「出産内祝い」では、出産祝いでもらった金額の半分から3分の1程度をお返しするため、高額な金額をもらうと負担も大きくなります。出産祝いを渡すときには「お返しはいらないから」と一言添えると良いでしょう。

兄弟へ贈る場合【相場:1万円〜5万円】

兄弟へ贈る出産祝いの金額は、1万円〜5万円が相場です。兄弟は一番身近な存在で、遠慮なく意見を言える関係であることが多いでしょう。一番喜んでもらえるものを贈ることができるように相手に何が欲しいかを聞いてみるのもおすすめです。

また、あなたや相手の年齢を考慮して出産祝いの金額を決める必要があります。若い時は金銭的に余裕がない場合も多く、相場ほどは用意できないこともあるかもしれません。身内であれば、理解がありますので、少なめの金額でもお祝いの気持ちを伝えることは可能です。逆に、ある程度の年齢でお互いに余裕がある場合は多めの金額の出産祝いを渡すと良いでしょう。

出産祝いの金額相場|親族・いとこ・姪・甥

いとこや姪、甥に出産祝いを贈る場合の相場は、5千円〜3万円となっています。親族の中でも関係の深さには違いがあるものです。普段のおつきあいの深さを目安に贈る金額を決めると良いでしょう。

また、普段のおつきあいの深さにかかわらず、以前出産祝いをいただいたことがある場合はそのときと同じ金額にするようにしましょう。

親族へ贈る場合【相場:1万円〜3万円】

普段親しく行き来しているわけではないけれど、出産した報告を電話などで直接受けるような間柄の場合は、相場内の最低金額である1万円程度のお祝いが基本です。逆に頻繁に会って話をするなど家族ぐるみでつきあっている関係であれば、多めにすることを考えると良いでしょう。

もしも、以前に出産祝いをもらったことがある場合は、多くても少なくても相手に気を遣わせてしまいますので、同じ金額となるようにしましょう。

いとこへ贈る場合【相場:1万円〜2万円】

いとこは同年代のことが多いため、双方の年齢によって出産祝いの金額を決めると良いでしょう。20代前半など若いときであれば、相場内の最低金額の1万円で十分気持ちを伝えることができるでしょう。

逆に 30 代、40 代といった金銭的に余裕がある場合は、金額を増やすことが一般的です。

姪・甥へ贈る場合【相場:5千円〜1万円】

姪や甥へ出産祝いを贈る場合の相場は、5千円〜1万円となっていますが、姪や甥だけではなく、その親との関係の深さも考慮して決める必要があります。

姪や甥の親と普段から仲良くおつきあいしている関係であれば、1万円とするのが自然です。逆に、あまり深い関係ではないものの、お祝いの気持ちだけは伝えたいという場合は5千円程度にしましょう。

出産祝いの金額相場|友人・知人

友人や知人への出産祝いは、悩んでしまうという人も多いのではないでしょうか。お祝いの目的は、無事に赤ちゃんが産まれた喜びとお祝いの気持ちを伝えることです。一般的な額よりも少ないとその気持ちが十分に伝わらないこともありますし、逆に多すぎると気を遣わせてしまう場合もあります。

出産祝いの相場と相手との親密度の両方を考えて、お祝いの金額を決めると良いでしょう。

友人(仲の良い友達)へ贈る場合【相場:3千円〜1万円】

友人に出産祝いを贈る場合は、親密度と年齢で金額を決めると良いでしょう。20代前半といった比較的若い年代の場合は、お互いに負担とならない3千円でも十分気持ちは伝わります。

逆に30代前後からは経済的にも少し余裕が出る場合が多いので、相手との親密度によって5千円〜1万円にしても良いでしょう。

また、出産祝いをいただいたらその返礼として「出産内祝い」を贈るのが一般的です。もし、相場の金額より高額なお祝いをしたい場合は、相手に負担がかからないかどうかを考えるようにしましょう。

知人(近所の人など)へ贈る場合【相場:3千円程度】

近所の人といった、普段親しく付き合っているわけではないものの知り合い程度という人に出産祝いを贈る場合は、お祝いの気持ちを示して3千円程度にすると良いでしょう。

知人に出産祝いを贈る場合は気持ちだけというニュアンスで、相手に気を遣わせない程度の金額にすることが大切です。高額なお祝いを渡すと逆に相手の負担になることもありますので、3千円程度にとどめておくと良いでしょう。

出産祝いの金額相場|職場(上司・先輩・同僚・部下)

出産祝いを職場の人に贈る場合は、周りの人と金額を合わせることが大切です。自分だけが少なすぎても多すぎても不自然になってしまいますので、どれくらいの金額にするかは同僚と相談すると良いでしょう。

上司・先輩へ贈る場合【相場:5千円〜1万円】

上司や先輩への出産祝いは、5千円〜1万円が相場です。普段どれくらいお世話になっているか、食事などに行く間柄であるかどうかなど、職場の中における関係性で金額を決めると良いでしょう。5千円が少な目ということはありません。

ただし、出産祝いを渡す前に「無事に出産したのか」、「母子ともに健康であるか」ということを確認したうえで渡すようにしましょう。

同僚・部下へ贈る場合【相場:1千円〜5千円】

同僚や部下へのお祝いは、個人では3千円〜5千円、連名では1人1千円〜が目安です。この場合も相手との関係性の深さで決める必要がありますが、上司から部下へ渡す場合は5千円とする人が多い傾向です。同僚の場合は、相手との関係によって3千円〜5千円を選ぶと良いでしょう。

職場の場合は連名で贈る事もある

職場で出産祝いを贈る場合、個人ではなく数名が連名で贈る場合も多くなっています。その場合は「他の人はどれくらいの金額を包んでいるか」を気にする必要がありませんし、一人一人が出す金額が少なくても不自然になりません。

出産祝いを連名にするかどうかは、職場で長く働いている人に聞いてみると良いでしょう。

出産祝いとマナーについて

出産祝いを贈る場合は、お祝いの気持ちをしっかりと伝えるためにもマナーを理解しておくことが大切です。出産祝いは現金を贈る場合と品物を贈る場合がありますが、まずは母子ともに健康であるかを確認しましょう。その上で、産後落ち着いたころに渡すのがスマートな方法です。

出産祝いを贈る理由

出産祝いは、赤ちゃんが無事生まれたことを喜び、お母さんをねぎらう気持ちを形にするものです。金額の多少を問わず心からお祝いの気持ちを伝えると、先方もより幸せな気持ちになるでしょう。

喜びの気持ちに水を差さないようにマナーに気を付けつつ、心を込めて贈ることが大切です。

贈るタイミングは生後1週間から1ヵ月頃が目安

出産祝いを贈るタイミングは生後1週間から1ヵ月頃までが目安と言われています。自宅に訪問して直接出産祝いを渡す場合は、お母さんの体力の回復具合をそれとなく聞き、負担がないように時期を調整するようにしましょう。

また、訪問日時を決めていても当日には連絡を入れ、赤ちゃんの具合はどうか、お母さんの体調は良いかをもう一度確認するようにしましょう。出産後は赤ちゃんやお母さんの体調が変わりやすいため、配慮も大切です。

出産祝いを配送で贈る場合も、何日の何時ごろ着くかを事前に伝えておきましょう。相手もその時間は添い寝を避けるなどの心づもりができます。

訪問時には長居を避けて清潔を心がける

自宅へ訪問して出産祝いを渡す際は、お母さんへの負担を少なくするために滞在時間を短くすることが大切です。赤ちゃんはかわいく、お母さんとのおしゃべりを楽しみたい気持ちもあるでしょう。しかし、出産後1ヵ月は新生児のお世話で母親の負担も大きく、疲労がたまっている時期でもあります。長居は避けるようにしましょう。

また、新生児はとてもデリケートなため、部屋に入るときに手洗いをする、家族に風邪を引いている人がいる時期は訪問を避けるなどの配慮も必要です。

現金を渡すときは「4」と「9」を避けること

出産祝いに現金を包むときには、縁起が悪いとされている「4」や「9」の数字を避けるようにしましょう。また、弔事に使用されることが多い「緑茶」、涙する別れを連想させる「ハンカチ」、縁を切ることをイメージさせる「刃物」も避けた方が賢明です。

出産祝いはカタログギフトがオススメ

出産祝いに最適な品としては、実用的なもの、赤ちゃんのもの、母親向きのものなどいくつかの種類があります。しかし、「何を贈ったら1番喜んでもらえるのか」、「他の人のお祝いと被ってしまわないか」と迷う人も多いでしょう。そのようなときは、相手に好きなものを選んでもらえるカタログギフトがおすすめです。

贈った相手が欲しいものを選ぶことができる

カタログギフトの1番の魅力は、欲しいものを遠慮なく選んでもらえることです。親しい間柄であれば何が欲しいのかを聞くこともできますが、関係性によっては遠慮して欲しいものをはっきりと伝えてくれない場合もあります。また、産後の忙しい毎日で「何が欲しいか」を考えること自体が難しい場合もあります。

カタログギフトであれば落ち着いた時期にじっくりと品物を選んでもらうことができます。選べる商品の種類が非常に多いため「こんなにかわいくて素敵なものがある」という新しい発見もあるかもしれません。

カタログは赤ちゃんや幼児のためのものがたくさん掲載されていて、見ているだけでも楽しいつくりになっています。赤ちゃんが成長していくことを想像しながら、品物のチョイスを楽しむことができるでしょう。

プレゼント選びに悩まなくてもいい

出産祝いのプレゼントを選ぶとき、赤ちゃんが産まれた喜びとお祝いの気持ちをしっかりと伝えたいと思うあまり、いろいろなものに目移りしてしまい、その結果何を贈れば良いのかわからなくなってしまう場合があります。

出産祝いには実用的なもの、赤ちゃんの衣服やおもちゃ、幼児になってからも使えるものなど幅広い選択肢があります。1つのプレゼントを選ぶことは難しく、なかなか決められないことも多いものです。

しかし、カタログギフトであれば「欲しいもの」を確実に選んでもらえるというメリットがあります。「かわいいものがたくさんあって1つに選ぶことができませんでした。赤ちゃんに合うものをお母さんが選んであげてください」というメッセージを添えて贈ると、よりお祝いの気持ちが伝わるでしょう。

プレゼントが被ることがない

出産祝いで他の人とプレゼントが被ってしまうと、贈った側も贈られた側も、やはり残念な気持ちになってしまうものです。母親と親しい関係で本人に希望を聞いていたとしても、母親の希望を聞いていない人が同じものをプレゼントする可能性はゼロではありません。

カタログギフトであれば、他の人のプレゼントが揃ってからゆっくりと選んでもらうことができます。

出産祝いの金額相場別カタログギフト

ハーモニックのカタログギフトは、出産祝いの金額に合わせて5種類のカタログが選べるので、自分の予算に合わせることができます。掲載されているものは、価格よりも価値の高い印象の品物ばかりです。どのコースを選んでも贈られた相手が楽しく選べる、満足度の高いことが特徴です。

きらきらコース【3,800円】

えらんで きらきらコース

えらんで きらきらコース

きらきらコースは、ビブやマグケースなどの赤ちゃんに身近なものがかわいいデザインでそろうほか、Sassyのおもちゃ、ボーネルンドのかんてん粘土セットなど、誰もが知っているブランドのものも幅広く掲載しています。

また、赤ちゃんのスキンケアセットやおふろマット、赤ちゃんの動きを感知すると光るセンサーライトなど、実用的なものが多いことも魅力です。

→カタログの中身を見る
→ご購入はこちら

わくわくコース【5,800円】

えらんで わくわくコース

えらんで わくわくコース

わくわくコースは、ミキハウスの上下ウェアがセットになった「Tシャツセット」やボーネルンドのおもちゃがセットになった「ベビーギフトセット」、メルちゃんのお人形セットやBRIOのレールセット、ル・クルーゼのスタイやハンカチセットなど、ブランド品を多く掲載。「自分では買えない、特別感があるもの」を選んでもらうことができます。

→カタログの中身を見る
→ご購入はこちら

にこにこコース【10,800円】

えらんで にこにこコース

えらんで にこにこコース

にこにこコースは、ノリタケの食器セットや赤ちゃんのためのテーブルチェア、ベリースリング、バンボのベビーソファ、ハンナフラのおでかけバッグセット、リビングにも置ける収納ケースなど、育児で長期間使えるような品が多く用意していることが特徴です。

また、スタジオのベビーフォトの撮影券や名入れアルバムの仕立て券など、赤ちゃんの名前を入れられるオリジナリティある品や、ブレンダーやニュートーセラム鍋、ミル&ジュースミキサー、ビタクラフトの片手鍋など離乳食作りに役立つような品もそろっています。選択肢が広くなっていることが魅力です。

→カタログの中身を見る
→ご購入はこちら

にこにこダブルチョイスコース(2)【21,600円】

えらんで にこにこダブルチョイスコース

えらんで にこにこダブルチョイスコース

にこにこダブルチョイスコースは、カタログの中から好きな品を2つ選べます。そのため、赤ちゃんのものと成長して幼児になった時に使うもの、もしくは赤ちゃんのためのものと、お母さんのためのものといった、色々なパターンで品物を選んでもらうことが可能です。布団たたき掃除機や加湿器など長期間に渡って活用できる品物も掲載しています。

→カタログの中身を見る
→ご購入はこちら

にこにこトリプルチョイスコース(3)【32,400円】

えらんで にこにこトリプルチョイスコース

えらんで にこにこトリプルチョイスコース

にこにこトリプルチョイスコースは、カタログの中から3点を選んでもらうことができます。ハイチェア、おままごとキッチンセット、おもちゃを片付ける収納ラックなど、赤ちゃんが大きくなってから利用できるようなものも多く掲載されているため、「生まれて1年以降に使うもの」をこのカタログでまとめて選んでもらうことも可能です。

出産祝いは赤ちゃんのときのものを贈ることが多くなっていますが、成長期にも必要なものはさまざまあり、購入費用もかかるものです。このにこにこトリプルチョイスコースでは、大きくなってから利用できる品物をまとめて選んでもらえるというメリットがあります。

→カタログの中身を見る
→ご購入はこちら

まとめ

出産祝いを贈るときは、相手に喜んでもらえるものを贈りたいという気持ちがあるからこそ、実際に品物を選ぶときに迷ったり悩んだりして決められないことがあります。

ハーモニックのカタログギフトでは、かわいらしいもの、使ってみたいもの、実用的なものが数多く用意されており、贈り相手に喜んでもらえる品が必ず見つかる品ぞろえを誇っています。

長時間悩んで決めた出産祝いの品は悩んだからこそ「別のものが良かったかな」と後悔してしまうこともあるかもしれません。その点、カタログギフトであれば必ず希望の品を選んでもらえるという安心感があります。喜んでもらえる出産祝いを贈りたい場合は、アイテム豊富で楽しく選べるハーモニックのカタログギフトをぜひ検討してみてください。

出産祝い関連記事

出産祝いの金額はいくらにすべき?相場はどれくらい?

兄弟姉妹や友人といった親しい人の出産は、とても幸せでうれしい出来事です。出産祝いを渡すときは、「おめでとう」という気持ちが伝わるようなものを選びたいですね。これまでに出…

→記事を読む

出産祝いを贈る前に知っておきたいタブーとマナー

親しい人のおめでたい出産は自分のことのように嬉しいものです。喜びとお祝いの気持ちを伝えるための出産祝い選びは、どんなものを贈ればいいのか迷いながらも、送る方にとっても楽…

→記事を読む

出産祝いに人気のカタログギフト