コロナ禍で出産祝いはどうすればよい?
外出自粛中に贈る方法とは

コロナ禍で出産祝いはどうすればよい?外出自粛中に贈る方法とは

赤ちゃんの誕生は、コロナ禍であっても明るい出来事のひとつです。自粛生活が続く中で、赤ちゃんの誕生を祝う出産祝いを贈ってもよいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

このような状況であっても、出産祝いを贈ることで赤ちゃんの誕生を祝う気持ちを伝えられます。出産祝いをもらった側も、赤ちゃんの誕生を一緒に喜んでくれる人がいることをうれしく感じてくれるでしょう。そこでこの記事では、コロナ禍の中で出産祝いを贈る際のポイントや贈る方法について説明します。

関連記事
出産祝いの全てがわかる!マナーやルールなどこれだけ読めば安心!
出産祝いの全てがわかる!マナーやルールなどこれだけ読めば安心!

▼ カタログギフトのハーモニック ▼
カタログギフトのハーモニック

コロナで外出自粛中に出産祝いは贈ってもよい?

コロナで外出自粛中に出産祝いは贈ってもよい?

コロナ禍の中で、たくさんの人々が自粛生活をしている中で、お祝い事をしてよいのか不安に思う方もいるのではないでしょうか。ここでは、コロナ禍でも出産祝いを贈ってもよいのか解説します。

外出自粛中でも出産祝いは贈ってもよい

コロナ禍で外出自粛中であっても、出産祝いを贈ることは問題ないでしょう。出産祝いは、産まれてきた赤ちゃんの誕生を祝う贈り物です。外出自粛中で直接会えない期間だからこそ、お祝いの気持ちをしっかりと伝えるためにも出産祝いを贈るとよいでしょう。

相手への配慮は欠かさない

出産祝いは、赤ちゃんに初めて会える機会として直接手渡しすることも多くあります。しかし、抵抗力の低い赤ちゃんをコロナウイルスの危険から守るためにも、赤ちゃんに会いたいという気持ちは抑えたほうがよいでしょう。直接訪問して手渡しをするのではなく、宅配便の利用をおすすめします。


▼ カタログギフトのハーモニック ▼
カタログギフトのハーモニック

出産祝いに何を贈るのがよい?

出産祝いに何を贈るのがよい?

コロナ禍でも出産祝いの品物として贈れる定番の品物の他、出産祝いには適さない品物について説明します。コロナ禍においては避けたほうがよい品物もありますので注意しましょう。外出がはばかられる期間にもらうとうれしいプレゼントも紹介します。

出産祝いの相場は関係性で変わる

出産祝いの相場は、出産祝いを贈る相手との関係性で異なるので注意しましょう。関係性別に出産祝いの相場を表にまとめました。一般的に、相手と関係が深いほど、出産祝いの相場は高くなるといえるでしょう。

家族(息子・娘) 30,000円~100,000円
兄弟姉妹 10,000円~50,000円
親族 10,000円~30,000円
いとこ 10,000円~20,000円
姪・甥 5,000円~10,000円
友人 3,000円~10,000円
知人(近隣の人) 3,000円程度
上司・先輩 5,000円~10,000円
同僚・部下 1,000円~5,000円

親しい相手には高額な出産祝いを贈りたいと考える方もいるかもしれませんが、相手に気を使わせてしまう可能性もあります。迷ったときは相場を目安にするとよいでしょう。

出産祝いで贈られる定番アイテム

おむつケーキや絵本、ブランド物のスタイや肌着などが、出産祝いとして贈られることの多い定番の品物です。相手から喜ばれるからこそ、出産祝いで定番の品物となっています。出産祝いの品物選びに悩んでいる方は参考にしてみましょう。

コロナ禍の中で喜ばれるもの

外出先でコロナウイルスを保菌してしまう恐れがあることから、赤ちゃんのいる家庭では生活必需品の買い物を目的とした外出でも気を使っている方が多いようです。オムツやおしりふきなどの消耗品や衛生用品を出産祝いとして贈れば、外出の頻度を減らせます。赤ちゃんはもちろん、パパやママを助ける贈り物になるでしょう。

出産祝いで避けるべきもの

出産祝いで贈るには、タブーとされている品物があります。次の品物は、出産祝いで避けたほうがよい品物です。

・日本茶
・刃物類
・ハンカチ
・アルコール類
・コーヒーなどカフェインの入った飲み物
・甘いもの
・脂っこいもの

コロナ渦の現在においては、ハンドメイドの赤ちゃん用の帽子や靴下なども避けたほうがよいでしょう。親御さんが衛生面に敏感になっている可能性が高いからです。相手のことを気遣った品物選びを心がけましょう。

出産祝いはいつ贈るもの?

出産祝いは、生後7日後~生後1か月までに贈るのが一般的です。しかし、コロナ禍の現在では、外出もままなりません。出産祝いを贈るのが遅れてしまっても致し方ないでしょう。

直接手渡しするのではなく、宅配便で贈れば不必要な接触を避けられます。事前にメールや電話などで、出産祝いを宅配便で贈る旨を連絡するとよいでしょう。

出産祝いを宅配便利用で贈るときのポイント

出産祝いを宅配便利用で贈るときのポイント

コロナ禍の今は、宅配便を利用して出産祝いを贈るのがおすすめです。宅配便を利用して出産祝いを贈る際には、気をつけたいポイントがいくつかあります。出産祝いを贈る相手を気遣いつつ、きちんとお祝いの気持ちを伝える方法を確認しましょう。

事前に伝えておき「置き配」を活用する

宅配便を利用する際は、事前にメールや電話で出産祝いを贈る旨を連絡するとスマートです。その際に、お祝いの言葉を一緒に伝えるとよいでしょう。

また、宅配業者が「置き配」に対応しているときは、積極的に活用することをおすすめします。「置き配」とは、玄関先などに荷物を置くことで配達を完了するサービスです。不必要な人との接触を避けられるため、出産祝いを受け取る相手も安心でしょう。

直接伝えられないお祝いの気持ちをメッセージに込める

出産祝いを宅配便で贈るときは、メッセージカードをつけることをおすすめします。品物だけを贈るよりも、お祝いの気持ちをしっかりと伝えられるからです。「無事コロナ禍が収束した際には直接赤ちゃんに会いたい」といった内容を書くことで、相手に少しでもポジティブな気持ちになってもらえるでしょう。

紅白の蝶結びの内のしをつける

出産祝いの贈り物には、のしをかけるのが一般的です。手渡しではなく、宅配便を利用する場合は、包装紙の下にのしをかける「内のし」を選びましょう。リボンラッピングを選んだ場合、のしは必要ありません。

出産は、何度あっても喜ばしいイベントのひとつです。そのため、水引は紅白の花結び(蝶結び)のものを選びます。表書きは「御祝」や「御出産御祝」と書き、表書きよりも小さい文字で贈り主の名前を書きましょう。

出産祝いにカタログギフトを贈るのは?

出産祝いにカタログギフトを贈るのは?

外出自粛中では出産祝いの贈り主側もなかなか外出できません。カタログギフトであれば、外出しなくても購入から配達まで自宅での手続きが可能です。ここでは、出産祝いにカタログギフトがおすすめである理由についてご説明します。

カタログギフトも出産祝いに喜ばれる

カタログギフトは出産祝いで喜ばれやすい贈り物です。相手が欲しいと思った品物をカタログの掲載商品の中から自由に選べます。また、贈り物を選ぶ時間をとるのが難しい中でも贈りやすいなど、出産祝いの贈り主と贈られた側の双方にメリットがあることがポイントです。

一方、人によってはマナーとして違和感を覚えることもあるといわれています。金額設定も含め、相手との関係性を見極めて贈るのがおすすめです。

ママや赤ちゃんが喜べるものを選ぶとよい

カタログギフトには、赤ちゃん向けのおもちゃなどが掲載されたタイプや、ママ向け、家族向けといった複数の種類があります。たくさんの種類があるので、どのカタログギフトを選べばよいのか迷う方もいるでしょう。

第一子の出産祝いはベビー向けのカタログギフト、第二子以降はママ向けや家族向けのカタログギフトを選ぶのがおすすめです。相手の状況にあったカタログギフトを贈ると喜ばれるでしょう。

出産祝いで当社人気No.1! ベビーとママに贈る 選べるカタログギフト「えらんで」

出産祝いにおすすめのカタログ
えらんで
えらんで
全5コース
4,180円~35,640円 (税込・システム料込)
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

▼ カタログギフトのハーモニック ▼
カタログギフトのハーモニック

外出自粛時の出産祝いにカタログギフトが最適な理由

コロナ禍の状況下においては、出産祝いの品物を購入するための外出も自粛しなければなりません。カタログギフトであれば、自宅で購入から発送まで可能です。相手に合わせた包装を選択したり、メッセージカードを同封したりすることもできます。インターネット上で利用できる充実したサービスが魅力です。

まとめ

まとめ

ハーモニックでは、赤ちゃん向けのカタログギフトのほかに、ママ向けや家族向けのカタログギフトも取り扱っています。贈る相手に喜ばれるカタログギフトを選べるでしょう。注文から配達までインターネット上で手続きが完結するので、自宅にいながら不安や問題を感じることなく出産祝いを贈れます。

コロナ禍の中で外出自粛中では、買い物に出かける際にも注意が必要です。カタログギフトは、自分の好きな商品をカタログ掲載商品の中から選ぶ楽しさを味わえるので、自粛期間中の気分転換にもなるでしょう。出産祝いでカタログギフトを考えている方は、ハーモニックをご利用ください。

出産祝いで当社人気No.1! ベビーとママに贈る 選べるカタログギフト「えらんで」

出産祝いにおすすめのカタログ
えらんで
えらんで
全5コース
4,180円~35,640円 (税込・システム料込)
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

▼ カタログギフトのハーモニック ▼
カタログギフトのハーモニック
 
 
 

出産祝い関連記事

【金額相場表】出産祝いの金額相場はいくら?関係性別にまとめました

【金額相場表】出産祝いの金額相場はいくら?関係性別にまとめました

出産のお祝いを贈る場合、どのくらいの金額を贈ればいいか悩む人も多いのではないでしょうか。出産祝いの金額の相場は、贈る相手や自分の年齢、相手との関係によって変わってきます。ここで...

→記事を読む

【文例あり】出産祝いのお礼状の正しい書き方とマナーは?

【文例あり】出産祝いのお礼状の正しい書き方とマナーは?

出産祝いのお礼状の書き方と送るタイミングについて解説します。お礼状の書き方とともに内祝いの品を贈りたい人におすすめのギフトも紹介しますので、祝福してくれた人に言葉とギフトで感謝...

→記事を読む

出産祝いを贈る前に知っておきたいタブーとマナー

出産祝いを贈る前に知っておきたいタブーとマナー

出産のお祝いを贈る場合、どんなものを贈ればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では、出産祝いで気をつけるべき常識やマナーを説明した上で、どんな品物がよく贈られ喜ば...

→記事を読む

出産祝いの「のし」はどうやって書く?正しいのしの書き方とマナー

出産祝いの「のし」はどうやって書く?正しいのしの書き方とマナー

この記事では、出産祝いの正しいのしの書き方を解説します。贈り主の人数で変わる名前の書き方など、マナーについて知ることも可能です。渡した相手に失礼のないよう、早い段階から理解を深...

→記事を読む

出産祝いを渡す理想のタイミングはいつ?直接や配送の渡し方のマナーや選び方とは

出産祝いを渡す理想のタイミングはいつ?直接や配送の渡し方のマナーや選び方とは

出産祝いを渡すタイミングや渡し方などといった出産祝いのマナーについて詳しく解説します。お祝いの品物選びで悩んでいる方におすすめのギフトもご紹介しますので、相手に喜ばれるギフトを...

→記事を読む

出産祝いの記事一覧

出産祝いの記事一覧

「出産祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマ...

→記事を読む

出産祝いに人気のカタログギフト

出産祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ

3,000円前後

4,000円前後

5,000円前後

6,000~7,000円

8,000~9,000円

10,000~20,000円

30,000~50,000円

50,000円~

ページ
上部へ